▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |





▼ たべごろ立夏


おいしそうな感じを目指した(わかんないよ)
……福岡は放送してないんだよね?(と、断定的に聞いておいて放送してたらショックだ)



●拍手レス
>4/27 香澄さん。
おはようございまーす……香澄さん、神田!(←意味不明)
種サイトで不意打ちのように提出された神田にコメントありがとうございます…私も大好きです(両想い)←おい。
神田いいですよね!放置してあったジャンプをさり気に手にとってしまった2週間くらい前に「…?…!?」と、受信してしまい、何かよくわからない内に部屋に単行本が存在してます(駄目)
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ 29日の早朝なんですが

カ、カラスをなんとかしてくださ…倒

すげーこんもり黒いので写真撮ってやろうとしたんですが、カメラを向けるどころかブラインドを上げてる時点で警戒されてるのか逃げられます。

都市部ならこんなん普通なのかしら、でもここは田舎…よ?
というか、この群れはどこからきた。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ 脳内が神田になった



AM/6:00


    カア       カァ           カァ
カァ   カア      カァ     カア  カァ    カア 


今日は生ゴミの日だったのでカラスがやる気満々でした。つーか、何匹居たのか…!
右から左から1時間以上にわたる輪唱が繰り広げられました。
寝不足です。勘弁しておくれ…
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ 脳内がディアッカになった

出てもいないのに今話最高のネタ提供者だった。
…素敵…それでこそ愛すべきヘタレ(酷)



●拍手レス
>4/18 21時「アスランが議長シンパになってる理由…そもそも根底には、「(キラ達と)一緒に行動してみたけれど、何と戦えばいいのかよくわかんなかった!」という8話のぼやきがあるような気がします(苦笑)あの時点で前作からの自分の行動を懐疑的に見てた…ような気が……
アスランのカガリに対する言動は、むしろ結婚のことが引っかかってる可能性もあるかなと思ってます。ぶっちゃけ、同盟くらいカガリ自身で何とかしないと結婚だってこの先またさせられるだろ!?っていう」さん。


感想ありがとうございます!
そういえば、ぼやいてキラに慰められてましたね…!あの辺でもう、かなり精神的にきてたみたいだったので、昔の己の行動を懐疑的に回想してるってあり得ますね…!
オーブでかなり押さえられた生活をしてて元々結構悶々としてたアスラン。悶々としてくると、ローテンション効果で前途にあんまり希望が持てなくなり、重い疑問が頭をもたげ「結局は何と戦えばいいのか全然わかんないなー」とぼんやりと思っていた。そこで、「ザラ議長が正しかったー!(byサトー)」と発言される事件が起こり、大混乱の揺れまくり。脳内が混迷を極めた結果、「何と戦うか」のみでなく、ノリノリだった頃の自分の行動まで「アレでよかったんだろうか…」と疑い始めた。そこで、キラに弱音を吐いたけど、全然欲しい答えはくれなかった(貰おうとするのもどうかと思いますが…)でも、議長がなんか信憑性のあるっぽい答えをくれた…!この人なら…!(期待)以後、激しくシンパ化の流れで今に至る。みたいな……(汗)
もしかしたら、カガリを放置して議長の元に飛んだのは、「戦争を何とかしたい」と思う気持ちと共に、「どうしよう、兎に角この不安定な感覚を何とかしたい」という気持ちも本人も気付かないようなところに、さり気にあったかもしれないなと思いました。何にしても議長、ナイスタイミング!(笑顔)

ということは、あのカガリへの言動は嫉妬を含んでいるんですね!(え)…勇気が無いのか余裕が無いのか直接結婚話には触れなかったですけど、初耳の時は、かなり激しくアタッシュケースを落としてましたし、秘密会談では指輪を見て目を背けてましたし、結婚騒動に意識を持っていかれてた可能性ありそうですね!
そんな感じで、結婚騒動が心に大幅に引っかかっててカガリに接してたんだとすると、実は捨て台詞の「理解できても納得できない」は、主にAAの行動を指しているようで、実は大部分、結婚への異議だったのかもしれないなと今になって思います。
問題解決困難度が『同盟<結婚』なアスラン…キラぐらいの勢いでカガリを強奪せんかい!と思いますが、固い性格上難しい上に、オーブの中で数年の内に「だって俺じゃどうにもできないんだもん!」という無力感(オーブコンプレックス)がつのっていたかもしれないと考えると、カガリに求めてしまっても仕方ないのかなと思いまs…(甘ッ)…いや、できれば、強奪行動とカガリへの問題押し付けの真ん中辺りを走ってもらいたいです。


>4/24 風見さんv
わーん(泣)風見さーん、痛かった(;;)←かわいこぶるな!(笑)
盛大に落下しましたよー、その後、筋肉痛に苛まれたりしましたが大分よくなってきました☆ご心配をおかけしました…!
風見さんもダイブ経験があるのですね…(*・・)人(・・*)仲間…v(こら)風見さんもその節はご無事でなによりでした!
しかし、泥だらけ…自然の驚異ですね! 行き道でしょうか?私は、行きだったのですが、ダイブするならせめて帰りにしたかったです…朝からボロボロはせつなかったです。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ アレが噂の地震雲

ケアルガをかけるはずが、揺り起こされてケアルラで目覚めてしまった。

昨日の夕方「明日でアレ(震度5)から一ヶ月ですねー」とかニュースの姉さんが過ぎ去った過去の出来事臭を漂わせながら言うので、「そうねー、最近揺れなくなったねー」と思ってた矢先にやってきた大きめの余震。
地震の方も小さく揺れるのさえ我慢していた分、ストレスを溜めていたのか…忘れられたくなかったのか…。
そんで、私は地震来襲時に何してたかと言うと、また、ノンレム睡眠中でした。午前6時=まさにまどろんでいたいお時間。当然まだ起きたくなどありません。

グラグラグラグラ(あー早く終われー)
グラグラグラグラ終わらねー!

手を尽くすことなく、後で orz なことになったら悲しいので、またハードディスク死守目的で飛び起きました。しかし、何故か吃驚するほど身体が動かしにくい。「何故だー!」と思いつつ、無理矢理動いて、PC本体を押さえつける

ガッ!

痛ァー!(゚д゚)!!」


○ノ  <腕が、腕がァー


と、思いながら押さえ続けること数秒。

…そういえば、昨日チャリから墜落したんだった…。せつない…。
なんかもう、今日一日中動作不良でした。切実にもう若くないんだと思いました。


で、昼ご飯を食べつつ空に伸びるむちゃくちゃ綺麗な地震雲らしきものを確認してしまいました。
あれは…気の所為でなければ警固断層方向…。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ …orz

チャリで盛大に転んで流血の惨事。
単なる感覚ミスで完全な一人芝居をやってのけました。アホ過ぎます。10年以上チャリで転んだ記憶などないのもあって、自分で信じられなかった。
なんか、いつもの道でいつもの門扉を右折で通り抜けようとしたら、左ハンドルが門を固定してるコンクリの壁に激突し(ハァ!?)気持ちは右折なのにハンドルはいきなり左折仕様に切り替わり、「えー、今の衝撃は何ー、えー、うそー、たーおーれーるーのーアー…
しかも倒れ始め、覇気Oで自分を救おうとする気力に欠けていたので、「いや、マジやばいって!」と脳内警告スイッチが入った時には右脚で踏ん張るという最善策など到底無理な斜めっぷりで、
なんかマジでチャリを飛び越えて 

   ←倒れたチャリ
orz \〇           こういう



よくわからない着地。
とりあえずチャリの上に居たままで、ペダルとかで脚削ると痛いよなと思ったので、それだけは避けようとした結果なんですが、でも、実際はチャリを避けるために飛んだことで、身体半回転分の遠心力が加わった状態で、左膝を上から地面に強打するルートに突入してしまい、結構怖い抉れ方をしてしまった…。コンクリの地面おそろしい(ガクブル)あと腕に外傷はないけど、激しく地面に付いた手を両方打撲だか捻挫だかしたみたいで握力激減。せつない。

つーか、派手に荷物までぶちまけたのに、幸か不幸か周りに誰も居なくてとてもとても孤独だった。



とにかく寝ようと思う。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ 26.約束

シンとステラのときめきメモリアル回想編。

ここぞとばかりに回想モードに入るシン。回想は必要だ、でも一人で1分18秒はちょっとやり過ぎだろうよー思わず早送りしたくなりました、シンたんごめんね(;;)悔しかったら新規書き下ろしで攻めて来い(何てこと言うのアナタ…!すみません)←情緒不安定。
つーか、シンの蹴られても殴られても雑草の如く蘇り、隆盛を誇る精神がすばらしいと思った。この打たれ強さと一途さはハンパじゃないよ…可愛い(ナデナデ)自分の心のテリトリーに入ってる人は超優先で真剣に守ると思うよ。変に色んなところに目が向かない分、線引きが確実で迷ったりしないっぽい。ってこれは、シンって正統派主人公だったのかしら…見えなかったから気付かなかったんですが。


医者「敵兵の治療など艦長の許可なしでできるか」
シン「先生冷たい!そんなもんは直ぐ取る!だから早く!んじゃったらどうするんだよ!」
ステラ(゜Δ゜)!!ドーン!

   ↓にゃんこの動きをするステラ
   ○\  
  ○∠⊆/ ←シン

何時いかなる時も地雷を踏むのを忘れないシンがすばらしい。これも役得ネ!と言いたいところですが、あまりにも体当たり・命がけ過ぎて役得成立判定が出ません。そもそも、戦時中にあって「死」とか「母さん」とかそういう多用されそうな単語をブロックワードに選んだ連合の人は何を考えていたんだろうかと思う。これでは、地雷を避けて歩くドキドキ日常会話が繰り広げられちまうよ。


しかし、
シン「ステラ、大丈夫だよ、ステラ。大丈夫だ、僕がいるから落ち着いて!わかるだろ僕だ!しんだよ!
寒い駄洒落過ぎて明示する勇気が少しも無いんですが、↑に無反応だったことから、ブロックワードというものは、設定した単語の意図した意味まで文中・セリフ中で一致してないと反応しないんですか?ステラが弱っていただけなのか、ここに来て必死なシンへの配慮なのかー。っていうかただの「し」音で反応されたらそりゃ溜まったもんじゃないよね、ということか…。どんだけ甚大な被害が出る危険があるのかという話だよな。


タリア「軍法第4条2項に違反。11条6項に抵触!途轍も無く馬鹿げた重大な軍規違反なのよ。コレで艦内に甚大な被害が出ていたらどうするつもりだったの!?」
えーステラと一緒にミネルバを出て行くつもりだったんじゃないですか。むしろこの先、ステラがミネルバに受け入れられなかったらシンも一緒に自由の国(AA)に亡命しそうな気がする。そして本格的にキラに飲まれる(エェ!)もしくはステラを連合に送り届けて営倉入り。でも満足そうだったりね!…で、それくらいの突発的行動を発動しそうなくらいシンの中にステラが刷り込まれているのが何とも不思議現象な気もしますが、そこは兄属性の性ということにしておきます。だってお兄ちゃんなシンが可愛いから…!(ツボ)
あと、艦長、その子珍しく正しい敬語で「申し訳ありません」とか言ってるけど、多分聞いてませんから。艦長のセリフの漢字含有率が高いのも相まって、心は若年性認知症を繰り出す妹属性ステラさんに飛んでましたから。


医者「治療前に簡単な検査をしただけでも、実に驚くような結果ばかり出ましてね。まず、様々な体内物質の数値がとにかく異常です。また、本来なら人が体内に持たないような物質多数検出されています。詳しいことは、もっと専門の機関で調べてみないことにはわかりませんが、ちらっと見た感じではあの研究所のデータにも似たようなものがありましたね」
誇大強調表現曖昧抽象語で飾られた具体性0の診断が出ました。これは不安で夜も眠れませんね(嘘)
いや、カルテには書いてあったのよね、きっと。絡んでごめんなさい先生、でも先生の言葉の端々にちょっとマッドサイエンt(略)な感覚を感じてしまったんです。ワクワクしてませんでした?…で、それはいいとして、そのカルテをタリアから回覧されたものの、見てもわからなかったのか何なのか、一秒たりとも目を留めなかったシンがアホ可愛かったです(曲)血迷って6pt文字2段組の数学系参考書を開いた時の私みたいだった。


というわけで、宝物をコロコロしながらキュンキュンしているシンでしたが、この人自分がガイアの腹に穴空けてステラを流血の惨事に導いたのは忘却の彼方ですか…「わーん、僕の所為でステラがー」という後悔に満ちたシーンの回想率0%。なんか美しい思い出ばかりに飛んでいたんですが…精神的にはそっちのがいいけどな、種キャラ忘れっぽいな。
てゆうか、先週に引き続き、仇を取ろうとはしないまでも、誰も思い出しもしないってどういうことなんだろう…ハイネ…(呆然)あんま回想あるのも困るけど、全く誰も思い出さないのはちょっとやり過ぎだ。ハイネが笑顔で空に浮かんだあの時、自由が大暴れで混戦状態にあったとしても、少なくともアスランは認知してたと思うんだけどなー、してただろー。ディアッカとか冤罪レベルでミリアリアに刺されかけたのに、デス種は随分と温かい話になったものだ(いやむしろ冷たい)
つーか、憎しみの連鎖の話は軌道転換されたみたいなので、もう、憎しみの連鎖を喚起させるようなネタにはできるだけ触れないようにしようとしてるのかしら。シンvsキラもそろそろ夢の彼方に消えそうよ…orz シッカリ!


それで、今日も自由だけやたらカッコいいデス種だったんですが、もうキラはシャトルと並走してそのまま大気圏を突き抜けそうな勢いだった。すごい、これは負ける気がしない!
おかげさまで、シャトルがどんな危険な状況に陥っても「キラが颯爽と何とかするから大丈夫☆」という意識に占拠されていて、緊迫感0。むしろラクスの乗ってるシャトルに弾が当たるわけが無い。そもそも加速するシャトルに弾が追いつくのか甚だ疑問の超展開(混乱)
てゆうか、何故にラクス様はこんなにも堂々と大々的に出発するのかー!
ラクス「道を探すにも手がかりが必要ですわ」
暴力によるシャトル強奪は手がかりを探しに行く態度ではないと思われます。手がかり探し目的ならもう少し謙虚に行くよ。ラクスのコレはむしろ旅立ちながら宣戦布告同時進行みたいな…ちょっとヌけた顔して軽くミーアのマネしてみたり、実は相当怒っていらっしゃるのではと…実際、これくらいやんないとスッキリしなかったんだろうな。正直そんなラクスに心躍りましたが(爽)…来週から議長査定はさぞや厳しかろうて(ガクブル)


そんで、こんな出発の仕方をして、何故大気圏を離脱したところで待ち伏せされて捕縛されないのか不思議なところだけど、多分されないんだろうなと思う。何故ならそれはラクスだからだ。ミーアは勝ち目ないと思うよ。止めた方がいいよ…世界を敵に回すなんてそんな大それたこと…!私、10話でアスランとお食事する健気モードのミーアに疑いながらも騙されモードだったんですが…「本物のラクスさんが帰ってくるまででいいんです」あの言葉は偽りかー!
まぁ演技だったのか環境が人を変えたのかわかりませんが、あっさりラクスに反旗を翻してる感じ丸見えで出演しちゃったミーアに、なんてわかりやすい話かと愕然と…いや、種だから仕方ないよねー。


あと、華麗に飛び去るラクスの方が偽者だと関西弁が言うがままに信じ込み、兵器も装備されてないようなシャトル一機に何故か全総力を結集して挑むという無駄とも思える行動をとった上、自由をレーダー補足できず、更に自由の手により海の藻屑と消えた不甲斐ない(酷)ザフト軍は、それでも出動だけはやたらめったら早かったと思うよ。おかしいくらいに。あんまり気を張ってるのよくない(心配ご無用)


キラ「やっぱり心配だ、ラクス。僕も一緒に…」
ラクス「私なら大丈夫ですわ。必ず帰ってきます貴方の元へ、だから手土産を楽しみに待っていてくださいな、キラ」
久々に人間らしく焦ったり、心配したりするキラが可愛かった。これで更にラクスの為に、自由のような機動力と無敵さで白兵戦をやらかしてくれたりしたらその過不足の無さに撃墜される、私が。
で、何であんだけ和みながら大気圏に向けて上がっていけるのか謎ですが(今更)、今日は「こうだったら良いのにな」が形になった妄想アルバム新EDとラスト流れピッタリでしたね。来週も合ってるといいですね…いい曲だと思うけど、種では適合シーンが大分限定される気がする。あと、新規カットの嵐で好印象でしたが、出す時期がちょっと早急過ぎたような気が…思わず種が打ち切られてエウレカが始まるのかと。


で、アスランなんですが、「予告に出たのに本編に出なかった、そんな時代もありました」な、懐かしい出演率を再現していて、「あーあの頃はアスランが出ただけでときめいたものだったなぁ」としみじみしました。
最近はたいへん恵まれていたと思い知った。でも一方で、画面外に居てくれた方が安心できるのは何故なのか。
そんで今週の画面外アスランはといえば、多分ベッドの上で「くそっ」を延々何時間もやってたんだと思う。
…ダメで萌える…。


ところで、体調不良で大変そうだったレイはどうなりましたか。大量虐殺の理由は何だったのか。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ 

すみません。色々ありました。疲れました。
どうも余裕ない時も余裕あり気に見えるらしく、色々降って来ます。パラパラ
人間は見えないところにもストレスを溜める生き物なのよ(今更)


というわけで、これから種を…(いそいそ)



●拍手レス
>4/3 23時 「やっぱりキラは論点をすり替えてましたよね!?」さん。
ですよね!次週を見てしまった今(お返事がすごい勢いで遅れましてすみません!)となっては、キラの行動の根幹は「ラクスを守る」という想いでいっぱいかもしれないので、喋りたいこと喋ったんじゃないかなぁとも思います。ラクスについて語らずして何を語るのかと。でも、それでも論点すり替えてることに変わりは無いですよね。しかも気持ちに基づいて自然に無自覚に、の予感が高まりました(震)
アスランは、論点流されどころか人生流れしてますが、キラとの密談については、驚き担当なので驚きを優先したのかもしれないと(甘)…そんなわけないですよね(笑顔)

>4/11 22時 香澄さん。
お久しぶりです~v貴重な一票をありがとうございます!(笑)イザークを剥くチャンスでしたよね!むしろ「イザークも裸祭りに参加させてあげてください!お願いします!」(土下座)という気分です…(謎)もうイザは、アスランが脱ぐなら俺も脱ぐとやる気満々だったはずですよね!(エッ)その後、行き場をなくしたやる気をディアッカあたりにぶつけてしまったかもしれません。…しょうがないので、流し目で髪サラで鎖骨!なお色気イザを脳内練成です。せつないです。

…一緒に殴りましょうv香澄さんと共同作業…(ドキドキ)

>4/12 23時 「日記を見てから、デス種観かえしてみたり」さん。
見ていてくださってありがとうございます!
よくわからないところに偏ったり、アスランに微妙に甘かったり(でも捩れた甘さ・笑)するんですが、私なんぞの呟きで、本編をより楽しんでいただけてるんだとしたらすごい嬉しいです(;;)嬉泣。

>4/13 4時 「アスランの「戦うしかないじゃないか!」は、「戦わないと守れない」ではないでしょうか(前作のは「戦わないと終わらない」に聞こえました)」さん。
感想読んでくださっていてありがとうございます!
「戦わないと守れない」の意で言ったというのもあり得ますね。前作でアレだけグルグルした割にまた同じところに戻ったんじゃあまりにも学習能力がないですし…言葉の裏にある気持ちの部分では変わってるのかもしれないなぁと思いました。ただ、「守るために戦わねば」の意味で言葉を発したとして、そう言いつつ、アスランが自分が一番守りたい(はずの)カガリの手を離してしまったような状況になってきたのが矛盾しているようで、どうにも気になります。自分が戦って守りたいものが明確化されていた方が、イザという時に強いと思うのですが…全体を見過ぎて自分の想いを蔑ろにしてしまっているのかもしれないなぁとも思えてきました(アスランに甘いです…orz)
キラは無茶ですよね(笑)でも無茶ですがキラの気持ちの上での筋は通っているような気がしてきました(現在進行形)カガリが大事→カガリがオーブの未来を憂えている→オーブを守る、が優先事項で、その上で、皆死なないといいなと思っているみたいな…。アスランに対しては「そんなにカガリを心配してて何でカガリを助けてあげないの?アスランの大事なものは何なの?それでいいの?」くらい思ってるかもしれないなぁと。
なのですれ違い会談二日目はフラフラしているアスランに「必要があれば討つのは仕方ないけど、アスランは何のために戦ってるの?何のために討つの?」とさり気無く疑問を提示したけど、頭の固いアスランに気付いてもらえなかった流れのような気もします。…好意的に見れば(まて)
ぶっちゃけすごいとこ走って混迷を極めた密談でしたよね…(震)
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ 25.罪の在処

本気で主役交代が近い予感。

かなり主役が相対化されたOPカット集がお目見えです。できるだけ先入観を取っ払って見ようと試みてみた、が、これはまじわからん。とりあえずシンかーキラかーというところまでは絞れるけども。
出演カット数だけで換算すると2クールOPはシン、キラ、アスランと同数5カット、今回は、シン6カット、キラとアスラン共に5カットでシンたんの方が数的には多いんだけど、どうも今回のOP、キメ☆の部分にキラが入るんだよね。おかげさまで非常に印象深い。
あと、シン主役で進めるならいくらなんでもロゴの背景がフリーダムというのはやりすぎだ。あと、提供も非常に堂々とやってくれた。なので、これはもう本当に主役交代劇を進めるのではないかと思います。そういうのってアリなんだろうか…無いことは無いよな…シンちゃん…(ナデナデ)
あ、それとも今回は4クールのロゴの後ろを運命にする布石?…とかいって、次回、新正義がロゴの後ろを奪ってたらどうしよう面白いわ。でも結局のところ、スーパーフリーダムのままにする確率88%。てゆうか、スーパーフリーダムって、何それ、そのネーミング!(震)急に昭和に回帰されても…!デルタなんだとばかり思ってたら、公式が堂々と「スーパー」ですからと発表してやんの勘弁して。超自由って略せておもろいじゃんとかそんな浅はかな理由だったらどうしよう。(まさかね)


と、超自由が予測を超える衝撃の映像だったので、つい流れてしまうんですが、アスラン麗しかったですね!というか、エロかった…orz 特に何をしているわけでもないのに、流し目だけで過剰な色気が。そんな、公共の電波に乗っているというのに、そんなの危ないよアスラン…。てゆうか、公共の電波で何故こんな裸祭りを繰り広げているのかデス種よ、5分の1以上が裸の中…何故そこでイザークも剥いておかないのか(ハァ)いや、もうやるなら最後まで振り切った方がいいよ。「まぁ、脱いでやっても良いぞ」とかえらそうに言ってる(プライドが許すのがここまで)うちに、スルーされてしまうイザも可愛いですが(脳内)


まぁそんな感じで「何でもかんでも剥けばいいってわけじゃないよね」と心の片隅で思いながらも盛り上がった(素直)わけですが、それも一瞬のことで、Aメロの中腹で既に息切れを起こし、総崩れするOPカットテンプレの嵐ですよ。
最初を慎重に進めて時間を取り過ぎて、ラスト10分で残り半分を書き上げた答案みたいになってんの。しかもラスト、欄外に『先生!卒業がかかってます。マジ単位ください』とばかりに3機の踏み台が登場。逆効果です。
新OPの曲調が今までと全然違うから(最初Riefuのと一緒にCMで聞いた時ED2つ作ってどうすんだと思った)に既存の絵を合わせるの大変だったろうなぁとは思いますが、そもそも合ってませんからー。
あと、OPの歌詞に製作者の心境が吐露されているようで震えた。僕らの行方って…思えば昔から迷いっぱなしの樹海(momentとRealizeの最初の行参照)ですが、今回は主体性がみえる。僕ですからね、ヒトゴトではない。「やー皆迷ってるんだよね。もちろん僕らも迷ってるんだよね(ニコッ)」みたいな。
つーか、まだたどり着く場所を探している段階なのがすごいところだ。基本的に時間を経る事に、見つけてもたどり着ける確率が減っていくので、早く見つけていただきたいものですが、結局、見つかったような見つかってないような微妙な段階で現ロゴスだけ滅ぼして終わるのだろうからあんま考えなくていいですか(混乱)


で、何で今更シンルナっぽい絵を見せるのか疑問でならない。お友達とは仮の姿か!?
この人たちは初めから出てて交流があったんだから、もっと前からさり気無く確実にフラグが立ってきてないと不自然な気がする。でも不自然なのに、超展開で急にフラグを立てるのがデス種なので、やるのかもしれない。二人で出番を補強しあうシンとルナか…合わない気がするんだけどなーシンはいくら子供っぽいといっても本質は兄属性だと思うから。
…もしやOPもフラグに換算されるのだろうか。まだシンステ終わってないですから。これからですから。早過ぎますから。


早いっちゃフラーガも早かったけどな…そんなに出たいか。
本当に何事もなかったかのようにあっさりとご出演になられましたが、もうネオ=フラーガでよろしいので?
…あの爆破でその傷か。丈夫だな。
と、思わせておいて、実は幼い頃に交通事故にあったときの傷でしたー!別人☆とか言ったら殴る(何を)
むしろOPに混入されたダミーだったりしたら狙撃用意。
あ、あと裸体のフラーガぶっちゃけカッコイイと思いましたが、長髪の靡きが微妙に甲洋に見えるための錯覚だったのかもしれないと思い直しました。甲洋は良い子だもんな。所詮、フラガがカッコイイと認めるのが悔しい私の戯言だけどな。
なんか流し目に弱いな…がんばろう…。


とりあえず、事態が悪化していくアスランは面白かった…こうなったらもう2、3人足してやれ。


つーか今日のアスラン頭のネジが18本くらい飛んでた。やばかった。駄目だこりゃ。
「戦うしかないじゃないか!」
エー(゜Δ゜)ー!!(突き抜ける衝撃)
アスラン華麗に種31話に逆戻り。キラはなんか説得する気はないので、テンパって一人盛り上がるアスランを放置プレイだったけど、一度カガリへの態度みたいなのをショック療法でアスランにもしてやっていいと思うよ。てゆうか、キラが何時そんな感じで「アスラン…駄目だね…」と言うかヒヤヒヤものだった。今日は何故か常に捨てられた子犬の目をしていて言わなかったけど。

アスラン「ラクスが狙われたからって議長が信じられないというのは、ちょっと早計過ぎるんじゃないのか、キラ」
キラ「アスラン…わかってるよそんなこと。ただ僕にはラクスの方が大事だから、議長とか会った事無いしさー」
アスラン「議長は良い人だ。襲撃は議長のご存じない、ごく一部の人間が勝手にやったことかもしれないじゃないか。てゆうかそうだろ」
キラ「アスラン…何時からそんな議長信者に」
アスラン「そんなことくらい、わからないお前じゃないだろ」
キラ「それはそうだけど…アスランが流されやすいことくらいわかってるよ」

というわけで、アスランは議長信者になってしまっているので許してあげてください(駄目だろ)
「理解は出来ても納得できないことはある」とか言うけど、理解さえままならないので、参考書(小説)でアスランが議長に誑かされているページをさらって補完してみた(実は通し読みしたことがない)

議長…全面的に信用しているわけではない。が、夢想家な議長の発言にときめきを隠せない。しかも、自分は無力だどうしよう俺の父は大変なことをしたどうしようと思って焦っている所に、君は君でいいんだよ~と認められた上、厚遇を受けたので心の株が急上昇。その状態のまま移行中。
ミーア…議長を信用しきれない最大要因。ミーアのしていることは悪いことだとわかっているが、自分のできることを一生懸命している彼女の姿を見て健気さに絆されると共に、俺もがんばらねばとプラスに受け止めている。
イザーク…「何してるんだ!」と問われ、何もしていない事が後ろめたかった(多分、プライドと負けん気と責任感と真面目さが混乱)そこに「ザフトに戻って来い」と言われキュンとすると共に、イザークの自分にできる事をやるという姿勢は最もだと思った。ついでにイザークの議長への篤い信頼を見せられ、議長の株が上がった。
 |
アスラン「とにかく何かしなくちゃ!」(焦)
 |
 |
チーン☆
 ↓
イザーク同様、自分に出来ることはMSに乗ること。そして必要とあれば討つことだ。でも、今のオーブの自分の地位では、それはできない。じゃあ、ザフトに戻り、議長の下で働くのが最善ではないか。議長はいい人だと思うし…まぁミーアについては完全に同意はしかねるが、でも彼女は彼女なりに頑張っているし、そもそも今は議長の言うとおり、手段を選んでいる時ではない。よし、ザフトに戻ろう。

(結果)
戦闘忌避行動…議長には信念に従って動けと言われたが、自分の中に拠るべき信念が無いし、また無いことがわかっているので、力を得たものの、このまま走ってまた間違った行動をしたらどうしようと思い、積極的な行動が出来ない。

ということみたいだった。なんだやっぱり信者なんじゃ…(沈黙)
アスランは、こう、何かをするぞ!というテンション上昇(でも焦りに基づいていたり)が起こりやすいんだけども、下がり易くもあって、更に下がってくると回想しまくりで、意思が揺らいだりする(でも一度信じ込んでしまっている為、相当のことが無い限りそのまま流れ、相当のことが起こってから、急転直下で転がったりする)ので、この際割り切って誰かの下に居て、自分の取っている道は間違っていないという心の拠り所を得た状態にあった方がいいんじゃないかと思うよ。お前危なっかしい。
てゆうか、今の心の拠り所が議長で、その議長を怪しいと言われたので、過剰に反応してトチ狂ってしまったのかしら。「オーブに戻れ」って、それはテロリスト共、厳かに逮捕されよということか…抜け落ちてるのは髪だけじゃないな…記憶も落ちてるな。
つーかもう、この頭の固さはハンパじゃないねー(笑顔)
アスラン「俺は復隊したんだ、今更戻れない」
とは言うものの、アスランはあくまで便宜上の措置としてザフトに戻り、議長直属のフェイスに入ったものの「忠誠は議長でなく己の信義に誓えばよろしい」と言われてるのだから、MSをありがたく頂戴してAAに行ってもよろしかったのではと思います。適宜討つという行為が、別にザフトの中に居ないとできないことでないのは、最近のAAが示す通りですよ、アスランさん。議長に「ミネルバに居てね」と言われたのに縛られているだけの予感。議長酔いは程ほどに…回想も程ほどに。色んな議長が頭を巡り過ぎですから。でも全てひっくるめてそんなアスランが好き(笑顔)ミリィもアスランに肘鉄でも入れてやるといいよ(爽)


極論、あの世界はキラの力でなんとでもなりそうだから、アスランはキラに身を委ねてればいいんじゃないの?


兵士A「自爆装置は全て撤去」
アスランが浜で大混乱してうごうごやってる内に、自爆装置が撤去されてしまいました。かわいそー。これが優柔不断な男の末路だよ(違)

軍医A「現段階ではガスやウィルスの類は検知されていないが何があるかわからんだろ。だが艦長も迂闊だよ。そんな場所に君たちだけで行かせるなんて」
シン「ちゃんとチェックはしながら入りましたよ。レイが
それにしてもこのラボのバイオハザードな雰囲気は一体…腐乱死体がTウィルスで見事蘇りを果たす数時間前じゃないですか。燃やすなら今のうちだ。つーか、バイオハザードすごいなー、見たの数年前なのに事あるごとに思い出してる気がする…まぁそれはいいとして、MSからクロトの顔まで連想回想できるアスランは、どんだけストレスを溜めたのか。てゆうか、今頃前作の補完ですか!見逃せませんね!


ステラ「ロドニアのラボなのー大変なのー」
アウル「そんな、ラボには母さんが…!」(゜Δ゜)!!(ドーン)
オクレ「一人芝居かよ!」
アウル「うわーん、母さんがんじゃうじゃないか」(混乱)
ステラ(゜Δ゜)!!(ドーン)「…死んじゃうは駄目…守る」(混乱)

怒涛の二連鎖。
しかもオクレ兄さんが面倒くさそうにアウルの世話をしている内に一人外に出ましたが…!おにいやん!気付け薬はやく!
しかし、間に合わない!
髪を靡かせながら夜間に無断外出するステラ。この気密度は毎度のことながら宇宙でとても心配。放射能漏れしてんじゃないの?…まぁ、それはいいとして、先週どうやってステラが乱入してくるのかなーと疑問に思っていたのですが、思ったよりも普通でした。フゥ。ちょっと拍子抜けした。だって私、生身のレイとシンの所にラボの壁をぶち破って入ってくるの想像してましたから(ありえねぇよ死ぬよ)
ブロックワードで混乱して闇夜を駆け抜けてくるというのも唐突なフラグだったけど、ステラならこれくらいあり得る範囲内なので全然普通だ、多分。
で、何故にシンたんとアスランさんは何時も回想しまくり(特に後者)の癖にここにあってはハイネの回想をしないのかー!討たないにしても一応仇ではないのか、大人の事情とはいえ逝ったハイネへの礼儀として一応回想しておくべきではないのか。もしかして忘れてしまったの?それともハイネ事件は主に自由の所為ということになってしまったの?(キラの前では思う様回想してたよね)わかんない…もうこの人たちわかんない。でもアスランがたくさん着替えたのはよかったと思う(混乱)
…って、これってステラ仲間シナリオに分岐したの?この間の崖落ち超展開は伊達じゃないな。あの超展開に比べたらビームサーベルでコックピットの装甲だけ削れるとかいう都合のいい展開も全然違和感ない…わけないだろ。
というわけで、来週からシンとステラを中心に据えたガンダムSEED DESTINYが始まる…と思ったら大間違い。守り抜け、フリーダム?


でも、脇キャラに落ち着く素振りを見せた今、何故か急に言動がまとも値になってきたシンはよかったのかどうなのか。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ 24.すれ違う視線

ディアとミリィってよくよく考えたら、公式で正式にCP確定したっぽい描写なんて何一つ無かったよね。

これが真実の距離感か。ミリアリアのディアッカ扱いが最高だった。
「ザフトに戻っちゃったんだー」という話に、居心地の悪かったアスランが論点変えつつ、気を利かせて目前のミリィにディアッカの話題を振った途端に、
ミリィ「えぇ!?」
「はぁあ!?何このヒト何言ってんの?何でいきなりアイツの話振ってくるわけ!?むしろディアッカって誰?知らないわよ」みたいな露骨に冷たい反応。どんだけ蔑ろにされてるんだ、ディアッカ。ほんと、ね、もう文通くらいしてて少なくともお友達程度には進んでるだろうと思ってたらさ、お友達以下だよ。さすがディアッカだよ(涙で前が見えない…よ…笑顔)
種のMIA時には、イザークから「①アスランと②ディアッカは!?」と、あれだけ一緒に居ながら二番目に呼ばれ、寂しいので皮肉を言ったつもりが実は直球ヒットで切れた相手に斬りかかられ、牢屋では数週間放置され誰にも思い出されず、後から来たアスランの視界からもドロップアウト。デス種でもお墓参り時に「誰か同行者が付くとは聞いている、でもそれがお前?」(お前=イザーク個人)で瞬時に空気と同化。
それがディアッカ=エルスマン(19)。


イザーク「ん、ディアッカ、何してるんだ」

ディアッカ「あ、いや、これは、その…」(携帯を後ろ手に隠す)

イザーク「…見せろ」(不信)

ディアッカ「あっ、いや、やめて…!イザーク、それって個人情報保護違反だから!」

イザーク「気色悪い声を出すな!って……!」

ディアッカ「(あーあ)…あのだからさ、ちょっとミリィにメール書いてるだけなんだよ」

イザーク「……む、そうか、邪魔したな」(スタスタ)

ディアッカ「へっ、あ、あれ?イザーク怒ら…ない…の?」


……

ガシャーン!バリーン!


ディアッカ「な、何の音だ!?な、なんかヤバくない?」(ドキドキヒヤヒヤ)

調理係A「た、大変です!隊長が皿を貸せとおっしゃるのでお貸ししたら、何故か盛大に割っておられます!このままでは今日の夕食は皆で鍋から奪い合いながら食べることに…って、今度は何したんですかァー!」

調理係B「ホントですよ、責任とって何とかして下さいよ!」

ディアッカ「な、何で?俺責任取るの?俺の所為なの!?」(驚)

調理係A&B「「あんたしかいないだろ!」」

……

ディアッカ「イ、イザーク…」(そーっと)

イザーク「なんだァ!ガシャーン!

ディアッカ「(ヒィエ!相当キてんなこれ…)あのさ、メールのことなら謝るよ(何で謝ってんだ俺…)」

イザーク「ん、何の勘違いか知らんが、俺はむしゃくしゃするからちょっと皿を割ってみてるだけだ!」(ディアッカに向かってフリスビー投げ)

ギャラリー(「ちょっと割ってみた」って何だー!!)

ディアッカ「おおっと!」ガシャーン

ディアッカ「(ドキドキドキドキ)…イザーク、今のはさすがにやばいって!当たったら、俺さ、マジ死ぬって!」

イザーク「フン、それくらいで死ぬとは根性の足りん奴だな、メールなどに、うつつを抜かしているからそういうことになるんだ」

ディアッカ「いや、だからさ、そこは根性関係ないじゃん。こう、もっと物理的なものじゃん…って、そうじゃなくてさー(やっぱメールなのね?)…ああー、もうっミリィにメール書いてるよ、書いてるけどさ、向こうから返信着たことは一度も無いんだよ!(ズガーン)」

イザーク「…(゜Δ゜)!!」

ディアッカ   …orz (←自分で自分の傷を抉った)

イザーク「な、なんだそうだったのか…まぁ何だ、お前も気を落とさずに頑張れ!な!」

スタスタスタスタ(ルンルーン)←去るイザーク。

ギャラリー「ディアッカさん、見事な討ち死にでした」

ディアッカ「…死んでないから、空気だけどな…」


更に、
アスラン「それはともかく、アークエンジェルだ」
最終的に「それはともかく」で括られて破棄されるディアッカ話題。最後まですばらしい。…何かぶっちゃけ癒される…ごめん。


で、話は変わりますが、ミリアリアすごい段取り良かった。種であんな段取りのいいキャラ初めて見た気がする。
そもそもアスランは超記憶力と動体視力であの場でミリアリアに出会えなかったらどうやってAAに連絡取るつもりだったのか。RPG宜しく、「白い船見ませんでしたか?」と街中のモブキャラに聞いて回る気だったのでしょうか。止めといた方がいいよ、アスランは酒場に入ると危ないからさーってAAは大人しく水中に潜ってるのはもう今更なんでいいんですが、天使湯ってなんだ。


カガリ「な、なんだこれは…!」

キラ「何って露天風呂だけど?」

カガリ「いや、それは見ればわかる。そうじゃなくて何時の間にこんなものを造ったんだと…!」

ラクス「オーブに居る間にですわ、ちょっと暇でしたものですから、AAにも少々細工をさせていただきましたの(笑顔)」

カガリ「じゃ、じゃあ建設費はどうしたんだ?」

キラ「お金ならカガリがくれたじゃない」

カガリ「えっ、あれは、わ、私はAAの維持費として渡したのだが…」

ラクス「まぁ、だって余ってしまったのですもの。有効利用したまでですわ。そもそも使用しなければ予算額を落とされてしまいますでしょう」

カガリ「それはそうだが…しかし艦には既にシャワーがあるし…これは…無d」

ラクス「いいえ、そんなことはありませんわ。長旅でお風呂があると便利ではないですか」

キラ「そうだよ、シャワーじゃ疲れも取れにくいしさ」

ラクス「キラの言うとおりですわ。これは私達が常に万全の状態で戦う為、引いては世界の平和の為に必要なものなのです」

カガリ「そ、そうか…それもそうだな」


オーブ国民に謝れ。
また幻想種水滸伝に一歩近づいた。なんつっても、幻水の本拠地には風呂だよね。
って、ラクスは天然なフリして黒いのが公式になったんでしょうか。前はこんなに見たままそうではなかった気がする。ラクス黒いブルブル、という思考に至るまでに一捻りあったようなー…?水鉄砲はなんかその後、即行で射抜く目をしていますから。無邪気を装った確信犯的な面がチラ見えしてますから。


あと、虎がきつねうどん食べながら、「先日の戦闘ではこちらの意志は示せたということかな」って…食ってるものは可愛いが、言ってることは怖いわ。連合とザフトが戦闘を起こそうものなら、AAが現れて一網打尽にして荒れ野原、戦局は疲弊、が繰り返されるということでしょうか。ということは、同時多発的に世界の各地でやらんと駄目ということか。困難な局面を迎えてますね。


虎「さぁてどうする、キラ。誰かに仕掛けられたにしちゃ、なかなか洒落た電文だがな」
キラ「…会いましょう」

しかし、AAは何故皆してキラの指示を仰ぐのかー。この無敵戦艦は何時からキラの指示で動くようになったのか…。まぁ真打は中々本音を明かさないものなのでラクスは脇で見てるとしても、艦長も元隊長も国家元首も静かにキラのご意見を伺う不思議な艦。
イベント同行メンバーもキラが決めるという…ってまぁそうだよね、メンバーって主人公が決めるものだもんね、RPGでは。そうかー、デス種はRPGなのかー(違)ってのはいいとして、カガリとかキラから「いいよ、一緒に行こう」って許可が出てすごい嬉しそうだった。やばいね、「お父様の裏切り者ぉー!」とか、あれだけ破天荒に動き回ってたカガリがキラの許可が出ないと同行できないって本能的に悟ってるよ。アスランじゃだめだったのに、キラにはしつけられとる…。アスラン…(哀)そっちか


って、秘密の会談にMSで堂々と風を切って現れるアスランもすごいよな。それ、全然秘密じゃないから。案の定、ルナマリアにめっちゃストーキング尾行されてますから。尾行どころか先回りされて丘の上にパラボラ立てて盗聴スタンバられてますから。何だあのヘリ、いつも赤いのに乗ってるだけあって○倍の速度で飛行できるのか。加速装置か。すげぇよ。むしろセイバーが途中で道に迷ったりしたのか…お土産でも買ってたのか。とりあえず、ルナマリアの赤服は潜入調査とか尾行とかスパイ系の得点加算で得たものなんだろうなと思いました。目の前のキラで脳内イッパイで余力が無いアスランはともかくキラに気付かれないのはすごいと思うもの。むしろ気付いてたの?だからキラははぐらかしたのか。


アスラン「この間の戦闘、俺もあの場に居た。お前を見て話そうとした。でも通じなくて…だが何故あんなことをした、あんな馬鹿なことを!おかげで戦場は混乱し、お前の所為で要らぬ犠牲も出た」
とりあえず、「じゃないと死ぬぞ☆」とか言いながら自らが死んでいったハイネは死ななかったかもしれませんね。っていうかタリア艦長の前では、「彼らの目的は地球軍に組したオーブ軍の戦闘停止、撤退でした。しかし、ならばあんなやり方でなくとも、こんな犠牲は出さなくとも手段はあったように思います」と、どの辺りが「馬鹿」なのかそこそこ言えていたのに、本人たちを目の前にしてアガってしまったのか、サッパリです。


カガリ「馬鹿なこと…アレは、あの時ザフトが戦おうとしていたのは、オーブ軍だったんだぞ!あたし達はそれを…!」
結果、というか何というか、全然伝わってません。しかも既に手が出そうになってるカガリ。浮いてる、手が浮いてる。


アスラン「あそこで君が出て素直にオーブ軍が撤退するとでも思ったか!君がしなきゃならなかったことはそんなことじゃないだろ!戦場に出てあんなことを言う前に、オーブを同盟になんか参加させるべきじゃなかったんだ!」
カガリ「それは…!」
カガリのオーブでの発言力が危ういことを知りながら(知ってたよね?)、放置して議長の元に飛び去って行った過去の事例は忘却の彼方ですか、アスランさん。カガリは一生懸命頑張ったんだ、出来なかったのは能力が足りなかっただけなんだ…相対評価では赤だけど、絶対評価だと100点だよ!…それはそれで切ないですが。


キラ「でもそれで、今また君がザフト軍だって言うなら、これからどうするの?僕達を探してたのは何故?」

アスラン「やめさせたいと思ったからだ。もうあんなことは。①ユニウスセブンのことはわかってはいるが、その後の混乱はどう見たって連合が悪い。それでもプラントはこんな馬鹿なことは一日でも早く終わらせようと頑張っているんだぞ!? ②なのにお前達は、ただ状況を混乱させているだけじゃないか!

キラ「③本当にそう?プラントは本当にそう思ってるの?あのデュランダル議長って人は…戦争を早く終わらせて、平和な世界にしたいって… ④じゃあ、あのラクス・クラインは。今プラントに居るあのラクスは何なの?そして何で本物の彼女はコーディネイターに殺されそうになるの?

アスランがほんとに主張したかったこと(論点)は②「何で乱入とかするんだよー」でしたのに、キラが①「プラントは戦争終結に向けて頑張ってる」に反応して、③「議長怪しいもん、ほんとは頑張ってないかもよ」で抗弁し、これを補強するために付け加えた④「だってラクスが狙われたもん」で論点をすり替えました。己に不都合な②は完全スルーです、実に華麗です。ミラクル論破☆一見、関係あるように見えてアスランの会話趣旨とは無関係ですから。話し合おうとしながら勢い良くすれ違っとるよ。
っていうか、キラは「何が正しいのかわかんないけど僕は正しい」を地で行ってるので、「何で乱入するんだ?」っていうのは、「アスラン、何怒ってんの?」とか、何で怒られてるんだか全然わかんないっていうか、まるで聞こえてないんじゃないかとさえ思う。


アスランも「あっアレは…」とか吃驚して流されてるんじゃないよ…!(笑)
偽ラクスについては、暗い部屋で「父がァー!」と、ぐるぐるしたところをカウンセリングされて癒されて気持ちが浮遊しているところに「笑ってくれて構わんよ…」と議長が自らを卑下する言葉を吐いたりしたので、つい『疑問だなー思考ライン』を塞き止めてしてしまったんじゃないかと思われ…つまり操られたのか。AA発見とか通信するのよせばいいですけどね。アスランなんか『議長信望してます!』なセリフを述べてて大変だった。大変だ、これくらいじゃ催眠誘導が解けないよ!
…つか、昔はアスランもテロリストの一員やってたわけですが、アスランは昔の自分を否定してるんですか?期せずしてそんなことになっているような。流されてる…流されてる…!


で、結句はぐらかされた「AAは何故乱入したのか」について、対ザフトでは、「何でラクスが殺されそうになるんだよ」というのを聞いて、率直にすっごい軽く「ラクスが殺されそうになって、ザフトは信用できないと思ったからやった」っていうのが漠然と一番納得できる気がした……orz
あと「ラクス暗殺を計画したのは本当に議長なのか」っていうのは、キラ=正義を貫くんだったら、そういうことになる可能性が非常に高いと思います。
キラ「あのデュランダル議長って人は…戦争を早く終わらせて、平和な世界にしたいって…ほんとに思ってるの?」→逆説的に「思ってないよね、ロゴスですからー」→議長=ロゴス=ラスボス。~ガンダムSEED DESTINY(完)~  orz
シンvsキラはどうした…ハァハァ(←まだ諦めてない)


てゆうか、あんな~に一緒~だぁ~ったのに~♪(ピアノver)とか流れながら
「キラ…」>( ・_・)人(・_・ )<「アスラン…」
と、哀愁ムードが盛り上がるのを丘の上からルナマリアさまが見てる、わけですが。これがまた、でかい機器設置して、至って堂々と冷静に盗聴する有様…見えとる。ほんと堂々とやり過ぎですから。哀愁とギャグが絶妙なハーモニーを奏でて違和感が噴出してますから。素ですか。死亡フラグですか。


シン「探索任務ぅ!…で、ありますかぁ!?」
アーサー「これも司令部からの正式な命令なんだぞ」
シン「むー。そんな地味なのやだー」
レイ「シン、いい加減にしろ」
シン「むー」
アーサー「武装勢力が立てこもってるかもしれないんだぞ」
シン「あ」
アーサー「そういう任務なんだしっかり頼むぞ」
レイ「了解しました」
シン「なぁ、レイ、武装勢力居るといいな!」
レイ「……」

~インパルスの無駄合体を経て(要らんよね)セキュリティのユルい、何やら不明な研究施設に到着

シン「なんだ…ここは、武装勢力はどこだ」
レイ「うぁぁぁぁぁ!」
シン「(゜Δ゜)!!…レイ!レイ!?」
レイ「ぎゃぁぁぁぁぁ!」
シン「レイ、どうしたんだよ、レイ!な、何がいけなかったんだ!?お、俺が武装勢力を期待したりしたから!?も、もう言わないから、な、レイ!いつものレイに戻ってよ!」
レイ「ぐぁぁぁぁぁ!」
シン「(>Д<)えーん、レイー!わ、わかった!ちゃんと敬語の練習もするから!」
レイ「うあぁぁぁぁぁ!」
シン「(;Δ;)ウッウッ。レイごめんーもう夜中に携帯に話しかけたりしないから死なないでレイ…わーん、レイー!俺を置いて話に絡まないでよーさみしいよー!」


大丈夫、議長がパパになるフラグなだけだから(違)
で、この状態から来週どうやってステラが現れるのか疑問でなりませんが、

「地域住民からの情報なんだが…この奥地に連合の息のかかった何やら不明な研究施設のようなものがあるそうだ」

デス種はこんな(↑)感じでいきなりイベントフラグの立つ、RPGみたいなので
「不意打ちだ!
 ステラがあらわれた!」

ピッ>こうげき
   まほう
   あいてむ
   はなしかける
   にげる

こんなノリで唐突に登場するのかもしれない。非常に楽しみです。


でさ、デス種は今日も雰囲気違ってたよね。あんまり変動するものだから「いつもの雰囲気」っていうのがなくなってきた気がする。種の時ってこんなでしたっけ?わっかんないなー。
んで、先週の今週で颯爽と使いまわされるハイネと、ついでにニコルも回想とか、種の回想もデス種の回想もあちこちで一緒くたで、なんか混合することに戸惑いも消え失せた頃なのかなーと思いました(笑顔)


あと、シンが冒頭で的を得たことを言ったので吃驚しました。シンたんどうしたの。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ MIAの様相

テニプリの最終回見忘れたー!ディアッカ誕生日おめでとー。
というわけで、デス種のレイは綾波レイだった、ということでFA?



●拍手レス(遅れました。スミマセン…
>3/24 8時の「赤服5人が一つの画面に納まってるとホッとする」さん。
赤服はいいですよねー!
何故かザフトっ子が集まっているだけでときめきゲージが上がっていきます(←病気)新旧どちらも大好きです。

>3/25 15時の「掲示板は設置は?」さん。
嬉しいお言葉をありがとうございます!
掲示板は今のところ設置予定ないです。お話したいなぁとは思うのですが、どうにも余裕がないもので…(;;)

>3/27 0時の「「正気」という言葉に目がさめた気がしましたが…」さん。
一瞬さめてまた別方向に飛んでったかと…(汗)
毎週どこに行くのか見逃せませんよね。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





<<BACK | HOME |

▼ SEARCH

▼ PROFILE

香月りんね

▼ SITE-CONTENTS

▼ CATEGORIES

▼ RECENT ENTRIES

▼ CALENDAR

03 | 2005/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

▼ ARCHIVES

▼ COMMENT

▼ TRACKBACK

▼ ETC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。