▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |





▼ えるしっているか

lerouch061127.jpg

ぬこには発情期がある。(※注:ルルーシュです)


って、ラメントのひとも言ってた。ラメントやったんですよ。だいぶ前の話になるんですが。
思ったより長くて、なんか1週間くらいやってました。ラスボス様が出た瞬間、床が抜け、シュイリクまっしぐらでした。やめてよね! 破滅型の寂しいラスボス様好きなんだから、やめてよね…! とか思いながらやってました。
ラストルートのシュイリク話はアレ、すごいですね。あまりの恥ずかしさに、私は倒れた(いや、いい話ですよ)。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ コードギアス 反逆のルルーシュ7 コーネリアを撃て

前回、屋根から滑り落ちて生死の危機に陥るという醜態まで晒して得たスザクと仲良しする為の大義名分を本編で使用できなかった反動か、予告でスザクへの未練が垂れ流しになってしまった可哀相なルルーシュ・ヴィ・ブリタニア(17)なんですが、なんか今回は相当危なかったと思うんだけど助かって良かったね、ばかだなー・笑、という感じでした。今回も、か。
……あ、もしかして先週の屋根からずるるるーはアレ、スザクを我らの仲間だよと皆に認識させるための策だったんですか、わざとですか、仕方ないなぁ、そういうことにしておいてやるか、ルルはかっこつけだから。


かっこつけでプライドが高いから、誘われたら特攻せずにいられなかったんですよね。自分の為のステージが用意されると踊らずにいられないタイプです。好きなだけ踊るといい。ステージから転がり落ちない程度に。
コーネリアのルルーシュ評が「激情型」なのか「劇場型」なのかどちらも当てはまるので、音だけでは判別できなかったのですが、どちらにしてもルルは遠くから見ている分には非常に面白い人ですね。がんばれよ!(遠くから)


コーネリアがお膳立てしてくれたゲームには結果的に惨敗していましたが、これは、コーネリアが強いのか、ルルーシュが前回と同じ策を使ったのが馬鹿なのか、それともルルに負けるクロヴィスが殊更にアホ過ぎたのか何か良くわからないのですが、とにかく「統制された組織すげー!」ということと、ルルがコーネリアとは過去にチェスして遊んだ経験がなかったことだけは良くわかりました。
でっかい計画は仲間の人心掌握と敵の人となりの分析からだよね。きちんと手順を踏んでいこう>ルルーシュ。


何もしなければ何も生まれないけれど、失敗からは経験値が得られる、だから何処までもGO! という考え方もあるけれども、ルルの場合はあの人、デュエリストですから、それ命を賭けたゲームですから、失敗が死と直結しますから、もう少し慎重にお願いします。ポジティブな姿勢には感動させられるが、人間、死んだらゲームセットだ。


あの、ルルの敵の罠を鼻で笑って自ら飛び込んで行く姿に、脳内でガッ! てなって普段なら冷静にウラ読みするところを気持ちで流され、リンド・L・テイラーを殺! してしまったライトを重ね見たのは私だけではあるまい。コーネリアは存分にLやってくれるし、本当にサービスいいですね。
まぁ、ライトの場合は色調反転危機時計略モードに陥っても一人でなんとかできてたけど。ルルは自分一人では逃げられないところまで追い詰められるトンでも馬鹿だった。もう、何かテンパッた時のルルの駄目さには鼻水が出る。あいつ毎回テンパればいい。


とりあえずルルは、「条件が同じなら勝っていた」とか、デス種のキラ様の「(シンとやり合った時は)本気じゃなかった」並の数年語り継がれてしまいそうな素敵な負け惜しみセリフを言う前に、C.C.にお礼言っとけよ。まぁC.C.も非常に個人的理由で動いてるみたいだけど。更にC.C.もルルの金で楽しくピザハットのポイント集めてるわけだけど。その金はルルがチェスで稼いだブリタニアぶっ壊し基金なのではないのかい? ギアス>基金なので問題ないだろう、とか言いそうなC.C.ですが。
とりあえず、今回C.C.があり得ない量の髪の毛をINさせていた特注仮面は、猫が被った後、磨いてファブった後の香りが取れていたのか気になる。ファブリーズって無臭の癖に有臭だよね。無臭とか嘘だよね。無臭が好きなので、そういうのガッカリする。どうでもいいけど、猫痩せてなかった?


C.C.の独り言で「どちらの道云々」は、破壊か再生かかなーと思います。とてもアレな恥ずかしい感じだけど、コードギアスだからないとも言えないと思う。トップに立った時に独裁体勢になっていたら前者(=孤独だよ…)、周りと協調関係が出来ていたら後者(=孤独じゃないよ☆)くらいの感じで。そうだとしたら、どっちになるかは、ルルが重視しない「過程」に左右される。
まぁそれで、支配の仕方や人の動かし方にもいろいろあると思うんだけど、ルルは力と能力を見せ付けて「俺に従え、わはははは! 自分最高!」パターンのまま突き進んでバッドエンド流れという危険な雰囲気がするんだけど、まぁ、若本皇帝の子だから仕方ないですよね。


ちなみに、C.C.の電波送受信相手は、クロヴィスの魂と会話できるくらいにアンテナ受信感度良好な皇帝の可能性もあるかなぁと思いました。そうなると、やっぱりルルは実は孤独な道を進んでしまって寂しがっている皇帝の手のひらの上でレッツダンスしていることになるのですが。それでいいのかという話なのですが、ルルは既に変態仮面としてレッツダンスすること自体に生き甲斐を見出してそうな面もあるので、まぁいいかなと思います。何がしか情熱を向けられるものがあるということはいいことだ。


まぁ、パッション! パッション! で行動しながらも、目標を達成する為に、ぶっ壊したい皇帝の世界のルールに従って動くことになるのは何だかなーと思います。しかし、ルルはこの矛盾には気付いている様子がないので、2009年からずっと強力若本皇帝の言霊の魔法にかかってるんじゃないかと予測されます。もう若本の虜です。お前は何年引き摺ってるんだ執念深いな。その執念深さは賞賛に値する。
まぁ、「お前は死んでいる!」と言われて「…死んでた」とその部分では納得してしまい、壮絶にムカ付くんだけど言い返せなかった場合、負けん気が一定レベル以上あると引き摺るよね。


不甲斐ない自分への怒りと自分を理解してくれなかった皇帝への怒りがない交ぜになって、でも脳内でいくら考えを巡らせてみても、結局「弱い自分が悪いんだ」という結論に辿り着くから、混沌とした心情を何処にもぶつけられなくて悶々ですよね。
何か行動を起こせればいいんだけど、負けん気の強さに加え、自分に求めるレベルが高いとレベルの高い目標を脳内で掲げてしまい、でもその目標の実現はどう考えても無理なので、「何もできない…」と鬱屈し、「何かしたい」と思う反面「諦めと無力感」に占拠されて何事にも本気になれない感じになり、そうなると、内心は燻り続けてるんだけど、傍から見ると努力とか鼻で笑ってるように見える人が出来上がる。…出来上がりました! という感じでいいのかいな、ルルーシュは。


と、考えていたら、1話で倉庫に突っ込んだトラックを助けに行った時は、写メとか撮ってただ騒いでる周囲の人間と自分の差別化をはかりたかったのか、本当に手助けしたい精神で行ったのか不明だなぁと思っていたのですが、そんなこと考えなくても、両方あるぽいなと思いました。


あと、ルルの根底にあるものは「自分の考え方を皇帝にわからせてやりたい。」という気持ちのような気がするので、手遅れにならない内に皇帝が優しい側面を見せたらルルの気持ちもそれ相応に浄化されそうな気がするんだけどなー。
若本皇帝に二面性があるのかどうかはわからない(一人のときはクロヴィス電波を受信追悼、大衆の前ではアイツ死んだのも仕方ない! 的様相を見せていた辺りありそう)けれども、日本送りは「お前は日本に行って修行してこい!」みたいな風にも取れた。ナナリーと引き離されなかっただけでもいいんじゃないか? というか、ルルは強力若本に「何故母さんを守らなかったんです!」と詰め寄っていたけれども、実際はテロの入り込みにくい場所に邸宅を構えることで守っていたのかもしれない。とか、もうなんか、死の間際に息子に真実を語る優しい若本が私の脳内を占拠し始めたのですが、どうすればいいですか。


…まぁ、なんだかんだ言って、Aパートの会話シーンで一番気になったのは、ルルが四次元ポケットから銃を取り出して明らかにP3をやったことでした。谷口監督P3はお好きですか。あんまりそんなことされると気が逸れるんですけど。それでいいんですけど。


あと、コーネリアもせっかちな上、やたらプライド高いですね。
「勝つのは氷帝、負けるの青学!」とか言ってた(幻聴)私、コーネリアは桐条先輩かと思っていたのですが、跡部たまであられましたか、そうでしたか。
姉さまの「命を賭けて戦うからこそ、統治する資格がある」というのは責任感強くて好きですよ。最悪なのは、「統治するけど自分戦わない」みたいなのですから。ユフィが「でも…」て水を差したのは、ちょっとお姉さまの頭が固過ぎる点に突っ込みたかったのかなと思います。コーネリアは「命を賭けて戦えないものには、統治する資格がない」=【直結回路】=「力が無いものは、生きる権利がない」仕様なのかもしれない。この受けの人は何でそんなに思いつめているのか。


オレンジが思いつめて本当にオレンジ畑を耕しに行ってしまわないか心配です。奴は何故毎回こんなに辱められなければならないのか、谷口監督のネタキャラターゲットにされたからか、私はQLとオレンジとヴィレッタの関係に段々ときめいてきた。とりあえず、オレンジはヴィレッタに感謝しておくといいと思います。


全然悪気はないよ! 善意だよ! の大きなお世話系キャラ枢木スザク君は技術部に拾われた自分の運命サイクルに感謝しておくといいと思います。
がむしゃらに走っていたら、何となく幸運が転がり込む男、枢木スザク…侮れない。旧日本陸軍の階級表で換算すると6階級特進でありますか。オレンジが元大尉だったら並んだな。並んでると笑う。でも人生って結構そういうものだと思う。
シャーリーとラブコメとか、お姉さん家庭教師ゲットとか本当に上手くやったな! としか言いようがありません。猫に好かれてないけど、好かれたいから猫じゃらし振ってみるスザク君は平和過ぎます。日本の童謡歌ってみたり、実際は殺伐としたものが存在しそうなのに平和に感じさせるのがスザクのすごいところ。


まぁそんで、性格的に全然違う…というか、むしろ合わない感じのするルルとスザクですが、出合った頃、殺伐とした精神状態にあったルルは全く計算しない(…というか出来ないし)スザクに和み、ルルが「価値が無い」と思うことにもスザクがちっちゃい幸せを見出したりするので、癒されたんじゃないだろうかと思います。ルルにとってスザクは優しさが欲しい時に無条件で優しさをくれた人です。お前ら結婚しちまえ。2人で崖を登っていた時期はルルは大分、性格丸くなってたんじゃないかな。元のルルは崖なんて歯ァ食いしばってでも自分だけの力で登りそうなイメージ。
ということは、2人の関係は出合ったタイミングに助けられているので、ルルが調子付き過ぎている時は衝突する可能性が高いかもしれません(相性診断ですか)。


セシルさんのロシアンおにぎりは吃驚ですけど、彼女はおいしいブルーベリージャムの見分けはつく=味覚音痴ではない、みたいですので、今回はブルーベリーを入れるのが云々でなく「俺はおかかと梅干のおにぎりが好きです!」て話しておくといいと思います。セシルさんはスザクが喜ぶかと思っておにぎりを作ってくれるような善意の人(たぶん)なので、次からは梅干は無理でも、おかかおにぎりが出てきてオールOKです。
今回のはたぶん、セシルさんの読んだ料理本に「イレブンの米という食物は、ブリタニアでいうパンと同じようなものです。」て書いてあったんだよ。米=パン→ジャム挟んでOKみたいな判断だったんだよ。そう、信じます。
と、微妙に深刻そうに書いておいて、実はどうでもいいです。セシルさんが味覚音痴でも私に影響ないんで。


食事とか(というか実生活の部分全部)どうでもよくて適当にカロリーメイトとか齧って生きてそうなイメージのロイドは、その不謹慎な生活態度をセシルさんに叱られているといいと思います。
…第2コンビは出るけど、第1コンビは出ないよねって、この人が、第1皇子とかだと笑う。若本皇帝も自分の息子の成長方向に唖然。第2皇子と面識あるぽい描写(2話)もあったし、その可能性が無いとも言い切れない。マッドな鬼畜だけど、何時もランスロットばかりに向けられているエナジーが、外部に向けられたらすごいんじゃないかと思います。
その能力は通常の何倍なのかすごく気になります。


あと、「偶然ではなく必然」はちょっと違和感がありました。ネタ入れ頑張ってください。>大河内氏。ちなみに、ニーナ・アインシュタインが分裂させたのは核ですか?


と、いうわけで、今週はチェスの駒がなくて調子がでなかったので、来週からルルーシュ・ヴィ・ブリタニアの戦国無双エンパイアーズが放送されるそうですが、ワザと「黒の騎士団」とかいう恥ずかしいネーミングをした谷口監督は、ちょっとそこに座ってください。
非常にあざといのですが、そのあざとさが既に面白い域なので悔しいです。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ ピンク姫

lerouch061120.jpg


録画は成功しました。
成功しましたが今から見るので、感想は明日であります。



今日は、やっぱ指示されるより、指示する方が楽しいなぁと再確認してました。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ 今日は25分プラスであります

lerouch061121.gif


さささ、3時3分? であってる? 38たす25は63だよね?(゚д゚ 三 ゚д゚)


だ、誰かーーー!!!


延長で見逃したが為にウッカリDVD買ったりしたら、谷口監督が大喜びだぜ、コノヤロー!
まぁでもその前に、ネット配信で見る選択肢があるよね。
でもアクセス過多で中々繋がらなかったりしたらMプレイで嫌だよね。
というか、バレーの延長時間チェックしてる辺りでもう何かのプレイだよね。



orz



●拍手レス
続きを読む
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ C.C.憑きルルーシュ

lerouch061111.jpg


C.C.は線が多い割りに、色数は少ないことに気付きました。さすがあぬめ。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ コードギアス 反逆のルルーシュ6 奪われた仮面

C.C.冤罪ごめ!
大文字で謝るので私にもギアスください。夢を見るのもいい加減にしてください。と、いうわけで、特注仮面が奪われたのは、非人為的災害の仕業だったわけですがー。
アレねー、絶対真面目な話ではないとは思ってた、そんで『「劇で使う仮面がブッコした!やべー!」という演劇部員の屋外からの悲痛な叫びに、丁度ルルの部屋を掃除していた咲世子さんが、お手ごろな仮面を見つけて演劇部に貸した』くらいのラインまでは想像してた。が、まさか、ぬこぬこにゃーんとか、そこまで馬鹿な展開にするとは思わなかったので、真剣に「馬鹿だなー!・笑」と思ってしまった。やられた。○| ̄|_ 私のHPは残り少ない。


これ以上ないと思われるほどに馬鹿なことで、正体がバレかけたり、屋根から滑り落ちて死に掛けたりするルルーシュは、お前、どんだけ馬鹿なのかと。ばーかばーか・笑。…これ以外に何を言えというのか。
しかも見ている人が「馬鹿だなー」と思っているところで、「こんな馬鹿なことでバレてたまるか!」と自分でも脳内発言してしまうルルはどんだけヘタレ面白人間として仕組まれているのかと。「猫に対して包囲作戦を展開」とか大体そういう発言は、事件が起こってはいるが、解決に対して本気じゃない人が冗談混じり言うセリフだと思うんだけどアイツ、本気で言った。本気かよ。大丈夫かよ。
ルルーシュはもう、冷静なんだけど馬鹿で、馬鹿なんだけど冷静で、冷静なんだけど必死だよね。これは、アレですか、人間は多面的生き物なんですよ? という話なんですか。それとも、ただ単に、笑ってくれてかまわんよという話なんですか。両方ですか。


結論、全ての事象は馬鹿らしさスパイスに塗れた面白い展開を追及した結果なんじゃないのかと思いました。
みんなで必死ににゃんこ追いかけて、すげー意味ない感じだけど、勢い馬鹿コメディで差別話の重さを緩和したんじゃないのかと。
アレだよね、ギャグ要素を入れなかったら、コレ、ただの辛気臭いスザク迫害話になっちゃうものね。


なんつーか、辛いことも苦しいことも全部ギャグ混入させてネタぽくしろ! シリアスになり過ぎないように全力でバランスを取れ! 大丈夫だ、全力で計算はするが、基本的に必死な奴らを必死に描けば面白いはずだ! みたいなをスタンスを感じます。気の所為かもしれないが。
つか、そうだとしても、どんだけバランス感覚いいのかという話だが。


あと黒谷口監督は、あっちこっちで「イデオロギーは混入させない、何が正しいとか主張はしない、エンターテインメントだから」と言ってるけど、これは、逆に言うと、取り扱うのが簡単に答えが出せない問題にズバッと掠ってるので、目指す所である「みんなが幸せになれるエンターテインメント作品」として成立させる為には、答え(主張)を入れずに延々とネタのみを提示し続ける方法を取るのが得策ということなんじゃないかと思う。万人に受け入れられる主張というのはゼロに等しいので、主張を投げ入れた瞬間波が立つよね。
そんで、延々とネタのみを提示するということは、構想しながら出来うる限り極めて客観ということだよね。計算するにはもってこいの態度だよね。ということは、やっぱ計算してるよね。


あのー、若本皇帝の演説もEU批判とか、中東批判みたいなものをさり気無く入れてた気がしたけど、それは、あくまで若本皇帝が言ってることというだけでリアルなメッセージ性は皆無、考えるネタにするという態度はどんとこい、しかし、作品の肝要な部分ではありません。ということかなと思う。
髪の毛横ロールの皇帝が小指を立てて薔薇持ったクロヴィス殿下の遺影の前で、「ブリタァァニアーーー!!!」みたいな弱捲舌音混じり超演説の一環として述べたらシリアスなのかギャグなのかよくわからない真ん中辺りにポトーンて落ちるので、そんな感じなのかなと思う。そんなことされたら、あんま真剣に語るのもどうなのかという気持ちになってくるわけで、突飛で面白く、且つ、過剰に真剣に受け止められないようにする為の一石二鳥の策なんだろうなと、要するに計算づくなんだろうなという話で、とりあえず、若本皇帝にクルーゼ隊長をぶつけてみたいなぁ等とは思うのですが、結論は谷口監督は黒いな、というところに落ち着くわけで。…それ以外に何を言えというのか。
「若本皇帝の髪型は何で横ロールなんですか?」とか聞いたら「ピカレスクロマンの内の「ロマン」の部分です・笑顔」とか言われそうでコノヤローです。


もうねー、竹Pに「コードギアスはエンターテインメントですから」(メージュのインタ)て2回言わせた監督はすごいと思った。洗脳してると思った。


ゼロのポスターの前でゼロ仮面猫見た学生二人に、「今見たことを忘れろ!」は、ルルーシュはギアス無駄遣いを心配されていそうだから、もっと無駄遣いさせちゃえ(笑)みたいなのを感じた。
ピザハットも順次勢力拡大、宅配バイクまで出しちゃって、もうC.C.が注文電話をかけて本店からバイクが出てくるシーンまで出てもおかしくない(しかし、そう思ってしまったので、もしかしたら、これでこのルートは打ち止めかもしれない。…そんでさー、忘れた頃に再提出してこの期間ずっとC.C.の主食はピザだったのかよ! て言わせたりする)。しかも、夜にピザ1枚→C.C.太るぞと突っ込まれることを読んで、次回で萌も兼ねてナナリーに「ぷにぷにになりますよ」と言わせててコノヤロー!です。


そんな、愛の形がへし曲がった私も、視聴1回目は素で笑いました(夜中に怖いよ)。展開自体はすごく懐かしいノリだったけど演出が絶妙だった。予告の曲、あの後は曲調が変調であんな明るいんだね。驚いた。こんなドーパミン出てる時に聞かされたら、サントラ買いたくなってマズいと思った。それが狙いかコノヤロー。


過剰に絡むのは、愛がある証拠です。


オレンジ卿がネタキャラにされて執拗に陵辱されるのも、スタッフに愛されている証拠なんだと思います。ユフィはオレンジ卿の捜査も正しく行なうよう、取り計らってあげてください。え? 正しい捜査であの処遇なの? じゃあ仕方ないね。
なんか、オレンジ卿は、素直にオレンジ畑を耕す選択をするのも手だったのではないかと思います。おそらく愛媛県…エヒメゲットー? は今もなお、蜜柑の産地だ。「蜜柑とオレンジは違う!」とか言い出したらオレンジ卿として一流。オレンジ卿がオレンジ畑を耕す写真に「新しい幸せのかたち、見つけた!~貴様も全力でオレンジを栽培してみないか?~」という煽り文つけたポスター作ってオレンジ農家後継者勧誘事業やればいい。大丈夫、全力オレンジ卿はそれくらい人気がある。


てか、あの冒頭のシーン人気投票結果ですか? アレ、個人的には「全力で見逃せ!」だと思ったのですが、ルルがスザクに振られたシーンだったのでアレ? て思った。そんなもんですか? 操作ですか? 投票に行く人の種族の問題ですか? まぁいっか。


ていうか、本編の話しろよですね、そうですね。えっと、なんだかんだで30分で学園に半ば馴染むスザクすごかったですね。生徒会の魅力は偉大でありました。ニーナは一旦やらかした後、癒されてしまえばいいと思います。
ロイドご一行は、折角隣の大学に越してきたようですので、ランスロットで出撃するスザクに3ヵ月後くらいに気付いたルルが「エエー!」てやればいいと思います。
屋根の上を転がったのがゼロ仮面であると気付く人が2、3人居ても良いと思う(天文学部とか野鳥の会とか)のですが、そんなことはコードギアスの世界の理的には無問題なんだと思います。
「屋根裏部屋で話そう」でちチョイて襟元を引っ張るサインを見た瞬間、
lerouch061116.jpg
この辺りまで飛躍したのですが、谷口監督の所為だと思います。おのれ! 仕組んだな! それは責任転嫁です。引っ張るとこしか共通点ない。次元ジャンプ!
スザクが転入してきたので、C.C.が転入するのは無理かと思われますが、実は「いやぁ、昨日転がり込んで来てさ、軍に追われてるみたいでさ、匿ったんだよね、あと、10代なら学校に通った方がいいよね、というわけで転入した!」くらいでコードギアスの世界の理的にはあっさり受け入れられるような気もします。
冒頭で若本皇帝が「計画を急がねば」とか言っておられましたが、私にとっては貴殿がクロヴィス殿下の電波を受信されていたことの方が衝撃的事実で、計画とかの話はもうなんかいいや伏線でしょでしょ、ハイハイ、みたいな気持ちになりました。
あと、皇帝の論理で行くと、最終的にルルーシュが立派な跡継ぎに育ちました! みたいなことになりそうなんですが、皇帝はそれでいいのですか。覚悟の上ですか。勝った者が正義ですか。皇帝の美形遺伝子は優秀かと思いきや、参列者を見るにそうでもなかったですね。


次回の「コーネリアを撃て!」はコーネリアを撃てないんでしょ?
思いの他早く、ルルーシュの「屈辱!」が見られるのかもしれない。
てか、猫は来週から準レギュラー? 猫は萌えますものね。
しかも、あの猫の絶妙に可愛くない感じがね…見ている内に可愛く見えてきて何時の間にか中毒になっていたのですが私はどうすれば? のような状態に陥る対象タイプ。危険だ、離れろ。
| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ ぬことすざく

lerouch061114.jpg
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ コードギアス 反逆のルルーシュ5 皇女と魔女

何に突っ込もうと、最早突っ込まされているだけのような気がしてきた。
ワザとやっている…色々ワザとやっているだろう、お前!コードギアスめ!放映時間はバレーに陵辱され、何処までどれくらい繰り下がるのかわからなくて戦々恐々だし。しかし、視聴はやめられないし。…な、なんなんだ…このプレイは…アイツ……谷口…ッ!


という感じの受けは結構好きです、こんばんは。


先週は、全力で石田氏を祝う気持ちでもって『全力で』を39回言ってやろうと思ったのですが、35回止まりでした。残念。それだけ、石田氏のATフィールドは厚かったということですね。でも、結構頑張った、私。努力は認めてください。>枢木スザク一等兵。(※11/2は石田氏39回目の誕生日でありました。)


というわけで、何時の間にか婚姻届に判をついていたらしいルルーシュ・ヴィ・ブリタニア(17)の話なんですが、C.C.はアレ、契約相手選びは、王族がどうの~でなく、鬱積した負感情と反骨精神みたいなものに反応するんですか。とりあえず、面白い人ゲットできて良かったね、C.C.。
ルルーシュのベッドで寝て、ルルーシュの金でピザを食い、ルルーシュをいたぶって遊んだ「夢を見るのはそろそろ終わりにしろ」な様相のC.C.に平伏した。Mなのは服装だけで、中身はトンだSだった。C.C.とルルーシュで、ドS×S。黒々しいコンビの出来上がりだった。何だかんだ言いながら、ベッド脇にC.C.が脱ぎ捨てた靴を揃えて置いてあげている辺り、ルルーシュが今後、自分のベッドで眠れる日が来ることはないだろう。
~コードギアス 反逆のルルーシュ【完】


…まぁなんつーか、C.C.だってさ、傲慢で居丈高な物言いで女王様気質だけど、アレでも先週まで頑張って蘇生してたんだよ。だから疲れてるんだよ、ベッドくらい貸してやりなよ、一生。ということだと思う。
あと、C.C.が尻キャラだと言うのはもうわかったから、もっとやってください>谷口監督。
ところで、御社はピザハットとはどういった関係が…婚姻関係ですか。お友達がいらっしゃるのですか。チラチラとサブリミナルしてるなぁと思ってたら、遂にピザ注文してキャラに食べさせてしまった。これを機に、ピザハットが某ジャンクフード会社の、ポ●モンセットとかおじゃる●セットとかのノリでルルーシュセット出してきたらどうしよう。そんなことになったら、きっと指を指して笑ってしまう。


ルルーシュはピザを頬張るC.C.に「例えギアスの力が無くてもブリタニアブッコ!計画は実行するつもりだった」とか言ってたが、本当だろうか。ギアスゲットするまでは、大国に対する憎悪を燻らせながらも半ば諦めていた感じがしたのだが、本当だろうか。
C.C.に主導権取られまくりだったので、悔しくて言ってみただけなんじゃないのですか? 脳内で妄想はしてただろうけど、スケジュールなどは組んでいなかったんじゃないのですか? …何にしろ、一言で言うと、とてもルルーシュらしい言動だということだけど。あんまりやってると契約解除されるぞ。そんなことになったら、きっと指を指して笑ってしまう。


というか、もう笑ってる。ルルーシュは、想定の範囲外の事象への対応力に非常に問題がありますね。柔軟性に欠けるのな。そんなお前にこれを授けよう(?_?)つ【レノア】。これでお前のブリタニアへの憤りも半減…あ、ごめん、母違いでした。怒らないで。お前に女難の相が出始めたのでつい…。
あと、ワザとルルーシュに見える位置でレッツダンスするC.C.には優しくしてあげて。「お前は此処では部外者なんだぞ」「私は何処でもそうだ」とか寂しいんだよC.C.だって。もうC.C.も転校してくればいいんじゃないですか。
ところで、シャーリーは、今、吃驚係みたいになってるんですが、そういう、デスノで言う所の松田みたいな位置でいいんですか。強運スキルが付いてるぽいから大丈夫だろうけど。え、何、ラストはシャーリーがルルーシュを撃つの?


ところで、今、ヴィレッタとスザクが話し合いすると、結構簡単にゼロの潜伏先に当たりを付けることのできるラインにいると思うのですが。デスノで言うと、南空ナオミの証言とLの考えを照らし合わせると、月に当たりを付けることのできるラインにいると思うのですが、大丈夫なんですか。ルルーシュは実験データ集めて、満足してほくそ笑んでいる場合ではないのではないですか。
…ああ、それで、単独行動権を手に入れたスザクがスパイとして学園に転入してくるのか。ヴィレッタ、制服は覚えてたもんなー。
迫る魔の手に気付かずに、270メートルも離れた位置から命令を試みているルルの図が酷く馬鹿でとてもいい。


先週、馬鹿なことをしてしまった全力卿が、純血派から蔑まれたり白い目で見られていることに気付きながらも、威厳を保とうと必死になりながら業務遂行しているのかと思うと、すごく可哀想なものを見る目で見てしまう。たとえ、差別意識満載でも、オレンジ卿だって一応頑張って出世したのに。笑。
しかも、スザクの「オレンジ卿を処刑するなら正当な手続きを踏んでから処刑してください!」という鬼な横槍で、来週は独房入り。拘束オレンジ。アレねー、拘束してオレンジジュース絞る気なんですよ。全力なので果汁100%ですよ。いやだ、エロい!可哀想なオレンジ卿。
QL卿が執拗に全力卿のあだ名をオレンジ卿にしようと連呼してくるので乗せられてみました。谷口監督ほんと黒い。貴方のおかげでヴィレッタが、だめんずうぉ~か~化しました。何とかして下さい。


ブリタニアの犬、こと枢木スザク一等兵が放り投げ、「やめてよね、イレブンが僕に勝てるわけないだろ」してたのは、ちょっとマズいと思います。何とかして下さい。このタイプは…早く処方箋を打たないとスザクがユフィに染められてしまう。これは…予兆だ…!(恐怖)「どうすればいいのか、まだ、わからないけど」とか言いながら悟ったりしないでね。
ユフィは、ラクスの初期フワフワに後期の威厳(電波)要素を加味しているなぁと思いました。しかし、後期ラクスの、あの何とも、どうとも手の付けようのない、もう、崇めておくしかない存在のようには感じられないのでまだ大丈夫なんだと思います。
…アレでしょ、ワザと寄せて連想させておいて違う展開見せる気なんでしょ。谷口監督ほんと黒い。
ルルーシュがデスノのライトを、C.C.がデスノのリュークを、スザクが種のキラを、ユフィがラクス様をリコレクトさせ過ぎるのは、全て谷口監督の思惑通りなんでしょ。ほんと黒い。


ところで、スザクがにゃんこに「僕は好きなんですけど、片思いばっかりなんです」なのは、スザクは犬なので仕方ないと思います。しかも、猫に片思いでルルーシュを連想させるのは、何も、私の妄想の為せる技なのではなく、最初からそういう仕様なんだと思います。仕組まれているんだと思います! と正当化してみる。
…あー、なんだ、ルルーシュも良かったよね、スザクの脳内にも一応お前のスペースあるんだよ。C.C.の押しかけ女房攻撃で意識を逸らされたみたいだけど、アレ、ルルはスザクに振られた後、すごい項垂れてただいましてたじゃん。純粋が裏目に出てしょんぼりだったじゃん。MPダメージ酷かったじゃん。当日から検索の鬼になってたじゃん。お前、「suzaku」検索し過ぎですから。その検索単語は漠然とし過ぎていて不純物が引っ掛かり過ぎるんじゃないか。ウッカリスザク受サイトとか引っ掛かるんじゃないのか。望むところか。ハァハァか。
…というのは冗談ですが、スザクのことが気になって気になってしょうがない状態に陥ってるのは確かですよね。いきなりPCと触れ合うのみでなく、持ち歩くレベルまで逝ったので驚きました。それとも「救世主ゼロ伝説」サイトみてるの? みくるんるん。


ウッカリ思考シンクロしてしまったルルーシュとスザクは、スザクのは理想だけど、ルルーシュのは、ちょっと!そこの君、理想と野望を履き違えないで!とかそんな横槍を入れてやりたくなる感じに聞こえました。本人も理解してそうだけど。
ルルとスザクは他者に肉親を殺されたという立場は同じなんだけど、殺した相手がなぁ。
C.C.は「イレブンならともかく、お前はブリタニア人だろ?」>ルルーシュ、て言ってたけど、もし、過去にブリタニアが、皇族であるルルーシュを日本に友好の証ですよと人質として渡し、それで日本を油断させたところに総攻撃をかけたとしたら、ルルーシュは「おまっ…!ブリタニアー!?俺まで殺そうとしやがった!!! ナナリーもスザクも危ない目に遭わせやがった!!!」だよね。母さんのことといい、もう我慢できない。
あんな国、全然全く信用に値しない。
あんな国、存在する価値なんてない。
あんな国、滅んでしまえばいい。


「僕は…スザク…僕は、ブリタニアをぶっ壊す!」


殺伐とした精神状態に陥るのは、自分的脳内位置付けがどうでもいいモノに裏切られた時でなく、信じていたものに裏切られた時だと思うよ。まぁ、若本皇帝にも色んな事情があったのかもしれないが。それ以前に、これは私の妄想なのだが。まぁ、ルルーシュが「オール・ハイル・ブリタニア」とか聞いた日には鼻で笑うことは確実である。
と、考えると、EDの歌詞はルルーシュを表しているのかと思いきやスザクな気がしてきた。ルルは父に己が存在を問うたりはしないだろう。スザクはしきりに尊敬していたが。枢木玄武さんは「アンタが死んで日本の統治権譲ってくれたら国民虐殺は止めるよ」と言われて「どうせ死ぬなら、私は国民の為に死にたい」と自害したのだろうか。だったら、すごい4話のスザクだ。


そういや、スペイン階段でスザクとデートした第三皇女とアラブの重要文化財をナイトメアで破壊していた第二皇女が揃ってナルシスト・クロヴィス殿下の死を悼んでいて、オレンジ卿があまりに全力だった為に忘れそうになっていた物事の発起点であった殿下の死について、ありありと思い出しました。クロヴィス愛されてたんだなぁ。確かにあの人は微笑ましいヘタレだった。


ところで次回、奪われた仮面て……仮面返してあげて、C.C.。ルルーシュ泣いちゃうから。
あー、冤罪ですか?
でもそんな、ルルーシュを困らせて遊ぶようなお茶目なことをするのは、今の所C.C.しか浮かばないのですが。
| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ コードギアス 反逆のルルーシュ4 その名はゼロ

その変態の名はゼロ。


変態仮面の行動原理(親友助けます!)とその結果(救出成功)はカッコよいのですが、過程が変態だった為、変態だったことばかりが頭に残っています。本当に過程も大事だなと実感しました。
…ルルーシュ、あいつはさ、身を持って教えてくれたんだ、過程の大切さを…アイツは…えらいよ。


…ばーかばーか。


ルルはあれ、仮面つけてる間はほとんどというか、完全に全力で酩酊状態じゃなかったですか? ヤバイね、あのオートクチュールの仮面にはすごくヤバい呪いみたいなものがかかってるんだよ、たぶん。古代エジプトの呪いレベルやつ。ルルは「これは命を賭けたゲームなんだからな」(2話)て言っちゃってたもんね。デュエリストだもんね。仮面作ったのは一流の技術者、且つ呪術師の人だよ。こわいなぁ。


てか、疎開ツアーinモノレールの時点で捕まらなくて良かったよね。全員に「先頭車両に近付くな、及び先頭車両に近付こうとする者を気にするな」て乗客全員に全力でギアスかけてまわったのかなぁと推察すると馬鹿だなーほんと馬鹿だなーと思うけど、通報されるよりはいいよね。うっかりギアスかけ忘れた人に見られようものなら、アレ


ピンポンパンポーン。
アナウンス「お客様にお願い致します。車内にて不審物があった場合、直ぐに全力でお近くのインターホンにてお教えください」
乗客「車掌!不審人物は不審物に入りますか!?」
状態に陥る。大変だ。なので、ルルの馬鹿な行動も全力で見逃してあげようと思う。仕方がなかったんだよ、ネ。


それにしてもカレンたち紅月組の人たちは今日も優しかった。
御車も2人でも全力で作れば明日に間に合う! みたいなすごい根性だけあればなんでも!(できるわけないだろ、馬鹿) みたいな指示したのに、演出的発火装置まで完備するというジェパンニ並の働きを見せた2人に今日の頑張ったで賞を捧げる。
しかも、P3の2回目の満月を彷彿とさせる電車内で「なんだあの変態」と驚いたのも束の間、次の瞬間にはちゃんと話を聞いてあげてた、ほんと優しい。


カレン「顔を見せろ!」
ルル「いいだろう、しかし、見せるのは顔でなく力だ」
カレン「違う!見たいのは顔だ、力じゃない!」
ルル「力で我慢しろ」
カレン「嫌だ、顔だ!」
ルル「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる!カレンを納得させろ!」(ギアス発動>リーダー)
リーダー「カレン、アイツを許してやれ」
カレン「…仕方ないな…じゃあ力で我慢する。今は。」
ルル「今ではない、力を見せるのは枢木一等兵奪還の日だ」
カレン「…ちょ、お前、そこの変態、いい加減にしろ。全力で通報するぞ」


とか、これくらい話が拗れてもおかしくないところだったと思うよ。良かったね、ルル。全力で通報されなくて。
アイツが、人気の無くなった1両目車両でいそいそとコス着替えしたんだろうなぁと思うと目頭が熱くなる。
もう、ほんと一生懸命なんだよね、ルルは。それだけはよくわかる。何かを変えるには、これくらい全力で取り組まなければならない。夕食のメニューを変えるのだって全力で取り組まなければならない。


(●)
 ▼  <ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる。
 ▲    今日の夕食は全力でおでんにしろ!
 ∥


お兄さまったらおでんが食べたい     ○〃
なら素直にそうおっしゃればいいのに。  ▲∥=
                       ∥ ̄◎


(●)
 ▼  <甘過ぎる!これくらいやらないと
 ▲    夕食はおでんに変わらないんだ!
 ∥


アレです、ルルはすごくおでんを食べたいんですけど、それはイレブンの食べ物だからとか言って夕食に出してもらえないんですよ。本人はもうほんと肉ばっかりで飽きてるんですけど、肉以外出てこないんですよ、たぶん。この贅沢者め! という話かもしれないけど、あの、ルルからしてみれば食卓が肉の支配に遭ってる感覚、征服されてる感覚なんですよ。もうこのままじゃ一生おでんが食べられない。ああ、どうしよう。
なので、あれくらい全力で変態…じゃなくて変装ですか? しないと仕方なかった。ほんと仕方なかった。背に腹は変えられないとかそんな感じだったんですよ。


いや、メールで打ってたんだけど、どうしてもおでんに見えてさ。
貴方は私が何を言っているのかわからないと思うけど、私も私が何を言っているのかわからない(ちょ…ま!)。まぁ、冬は鍋とおでんだよねって話。


(●)
 ▼ ̄
 ∥
むしろこうか。


そんで、スザクの輸送というより、ジェレミアの凱旋と評した方が正しいと思われるTVライブに乱入したルルーシュは、すごい目立ちたがりエンターテイナー化しててなんだこいつは変態か? もちろん変態です、状態だった。
けど、ルルの能力の場合、変態モードはプラスに作用するんじゃないかと思うんですよ。ギアスなんて目立って相手の視線を自分に釘付けにしてなんぼの能力じゃないかと思うんですよ。見てもらえなければ誰も魔法にかからないじゃない。みんな全力で俺を見ろ!
そもそも、一瞬注目を集めるのは簡単だけど、注目を集め続けるのは結構大変だよね、コスプレ、止む無し。奇抜、上等。…たぶん。


つか、もうルルはそんなギアス乱発するならその辺歩いてる人に片っ端から「ブリタニアをブッコ!」ギアス令でいいんじゃないかと思うんだけどどうなんだろう。「民間人は巻き込むな」とか言ってたから、駄目なのかな。
そもそも「民衆は巻き込むな」というセリフ自体が「俺の命令以外の余計なことをするな」という紅月組に対する牽制目的とか「民間人を巻き込まない方が支持率が上がるから」とかいう実益目的なのかもしれないけど。…と一旦言ってみたが、私は、ルルの場合、このセリフ自体はその場では本気で言ってはいるんだが、でも、敵を殲滅する過程で民間人が死ぬのは仕方ないよね☆ くらいの感覚で、特に強いポリシーや思惑があるわけではないと思うな。考えてるようで考えてないような、なんかなー。


頭の回転は速くて賢いことはわかるんだけど、なんつーか、すごく根本的な部分で全力で馬鹿だよね。ルルは。そこがいいんだけど。
あのギアス乱発っぷりは、その場その場の目的達成に一生懸命で大して先のことは考えてないんじゃないかなぁと思うよ。まぁあんまり考え過ぎると一歩も先に進めなくなる可能性があるのだが。でも、ちょっと、電車はねぇ…うん、あんまり引き摺るのはよくないよね。反省する。


で、何でしたっけ…目立ちたがりのエンターテイナーの話? に戻るんですけど、目立ちたがりの人って大きく分けて2種類居ると思うんですよ。
生粋の目立ちたがりと脳内物質を出した上での目立ちたがりみたいな。
それで、ルルは後者だと思うんです。あの、生粋の目立ちたがりなら身元がどうのを忘れて学園内でもっと前へ前へというか、そんなこと思わなくても前へ出ちゃうと思うんですよ。本能的に。ごく自然に。軽やかに。スキップ。ジャンプ。暴走の道へジャンプ。アバンが全力で不吉な予言をしてたんですけど、大丈夫ですか?


そんなこと心配しても先に進まないので戻るんですが、脳内物質性突発目立ちたがり派の場合、ショーが成功するかどうかはショーまでに如何に自分を酩酊状態に持って行けるかにかかってると思うんですよ。
だから、ルルは実はアレ、ポーズとか昨晩から何度も何度もイメトレしてて、終いにはイメトレじゃ足りない! こんなんじゃ満たされない! て実際に身体を動かしたりして大変だった。姿見を用意せよ! まぁ身体を動かすことはいいことです。ほんと恥ずかしいな。仮面のスライド開けたり閉じたりしながらニヤニヤするのやめてよね。恥ずかしいな。誰かカメラ持ってきて。あ、1話ですか? 1話で「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる!(ザッ!)」てやれたのは、何時かこんな事態になったらこんなことしてやりたい、ふはははは(脳内)て考えてたんだよ、普段から。すごい鬱憤の溜りっぷりでした。


で、ルルの深夜の挙動不審にはたぶん咲世子さんも吃驚したけど、ルルがあまりにも全力でポーズ取ってみたり嬉しそうだったから、何も言わないでそっとしておくことにしたんだと思う。早く、正気に戻って、と願いながら。


そんな咲世子さんの願い空しく、ルルは翌日、正気どころか脳内麻薬強化して馬鹿芝居を成功させてしまったわけですが。カメラ目線やめてよね。アドレナリンとドーパミンの威力すご過ぎ。この一件でルルの演技力レベルが2ランクくらいUPした。


ところで、ジェレミア卿は全力で操られて全力でご乱心し過ぎだったと思うんですが、ギアスってなんか、催眠かける時に言葉に乗せた「やる気」みたいなものまで効果に影響するんですか? それとも自意識過剰・全力卿が常に全力で事に当たる男だったのですか。
全力卿が全力で狂って全力でテロを逃がした後、正気に返って事態に呆然とし、全力で敵を逃がしている自分を録画映像で見せられて悶絶し、ついで、キューエル卿&ヴィレッタとの間にものすごく嫌な空気が流れるところがすごく見たいのだが、その部分の放送はまだですか。
もう全力卿はオレンジの虜だよね。オレンジトラウマになったよ。まぁ、たぶん、全力卿は全力で自分は「毒ガスから民衆の安全を全力で確保した!」ことにしようとするんじゃないかと思うけど、2日後くらいに(間に合わないか)。
とりあえず、ルルは全力卿に1日1個蜜柑送ってやればいいんじゃないかと思う。


アレでしょ、ルルが「俺たちを全力で見逃がした後、お前は死ね!」と全力卿自害命令を入れなかった(特注衣装を頼んだじいちゃんへの命令を見た限り可能)のは、Sだからでしょ。実は「ははは、ジェレミアめ!」てやってるんでしょ。
だからルルーシュはスザクの行動が理解できなかった。
「あいつ、助けてやったのになんで…!」て思った。それはねぇ、スザクがMだからだよ。M×Sだよ。個人的には拉致るならルルを拉致ってほしいんだよね。スザクは達観してたけど、ルルならね、すごい、ものすごい悔しそうな顔するから。たまんない。でもスザクも萌えた(正直)
でももっと萌えたのは振られて動揺するルルに対してでした。なんであんな高い所に立ちたがるの? じゃなくて、投げやり、且つ、諦め風味で「馬鹿め…」でなく、全力で「馬鹿馬鹿!スザクの馬鹿!!!」言っててアイツ振られる可能性とか全然考えてなかったよね。どこから来てたんだその自信。鼻水が出る。
あの場面で仮面取ってたらなんかまた別の展開になったんじゃないかと思うんだけど。全力で説得のし合いというか、「そんなやり方、間違ってる!」(松たか子声)「お前のために白マントも用意したんだぞ!?」「そんなもの要らない!(全力で拒否)」とかただの言い合いが続いて、その内殴り合いに転化するのかもしれないけど。やめて! 全力でやるとルルが軽く吹っ飛ぶので優しくしてあげて…!
結果的にはルルがお前を攫ってあげた隙に事態が好転したんだから優しくしてあげて…!>スザク。
しかし、「それが世界だというなら、自分は未練はありません」はちょっと諦めが良過ぎると思うぞ。もっと踏ん張れ。


まぁほんと、ブリタニアをぶっ壊して世界を革命しようとするルルーシュとブリタニアの体制を中から変えようとするスザクは、だから、さっさと手を組んでブリタニアの体制の中でギアスを使えばいいんだよ、という話なんですが。
しかし、ラスト・プライムミニスターの嫡子・枢木一等兵は純血派が横行する軍内では普通に考えると絶対出世できないと思うのだが。ピンクの人がジャンピング出世させてくれるのかもしれないけど。枢木君は丁重にお断りしそうだけど。アレ、話が前に進まないんだけど? もらえるモンはもらっとけよ。


そういや、ロイドは思ったよりいい人だったなぁと思いました。飼い猫には優しくということだろうけど。多分あの人、生身の人間よりパーツに優しいよね。スザクは猫というより犬だよね。
とりあえず、どうやって遺体リストでルルとC.C.の無事を確認できたのか教えてください。リストって凄惨な画像なの?


画像は見えなくても、声で兄さまだと気付きそうで気付かなかったナナリーはスザクの動向に夢中で本当に兄に気付いていない可能性も、兄さまが奇跡と無謀を履き違えた馬鹿なことをしていそうな予感を感じ取って全力で気付いてないフリをしている可能性もあるのかもしれないと思いました、嘘です。アレはほんとに素で気付いてないよね。不思議。後から思い出して「そういえば…」というのはあるかもしれないけど。
スザクが気付かなかったのは仕方のないことなのではないかと思います。誰も親友が変態になっているとは思わないし、思いたくもない。まぁなってたら仕方ないが。


ルルが仮面に変声器でなく拡声器を内蔵してしまうのは、注目される心地良さに目覚めてしまったので仕方のないことだと思います。この変態。「不可能を可能に云々」は変態仮面繋がりだと思います。時空の歪みですね。危険なので近寄らないように。
正直、今回のギアスは、全力で真剣に思想を練りこもうとする竹Pを『変態ネタ演出』という手段を使って谷口全力で蹂躙しているように見えました(今の一文はファンタジーです)。
同じような再会・勧誘演出やってても、種はこっぱずかしい感じがあったんだけど、ギアスはむしろ清々しい。多分、製作者がキャラを恥ずかしい奴らだとわかってて全力で恥ずかしいことやらせてるからこっぱずかしい払拭されてるんじゃないかと思う。種の脚本は陶酔状態ぽかったけど、ギアスの場合は馬鹿やってても冷静に計算してる感じがするんだよね。「全力で」は間違いなくワザと入れてるよね。ほんと黒い。しかし、「全力で見逃せ!」だけでコードギアスの4話ですね? てわかるのはすごいと思う。


そんな作為的なギアススタッフに変態仮面SHOWやらされちゃったルルは、多分3年くらい後にあの時の俺は若かったなぁて思う予感。生きてれば。
皆そうやって年月を流れて行くんだ。何の話だ。


そんで今回も昼メロ並みに引きは完璧でしたね。C.C.久しぶり。
彼女は3週かけて全力で蘇生していたのか顔色が非常に悪かったですが、大丈夫でしょうか。まぁ木星の人は蘇生できるほど丈夫みたいなので、次回は普通にナナリーとお茶でも啜ってるんだと思います。平和だな。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





<<BACK | HOME |

▼ SEARCH

▼ PROFILE

香月りんね

▼ SITE-CONTENTS

▼ CATEGORIES

▼ RECENT ENTRIES

▼ CALENDAR

10 | 2006/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

▼ ARCHIVES

▼ COMMENT

▼ TRACKBACK

▼ ETC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。