▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |





▼ 極道くん漫遊記外伝2 極道ナイトライヴ

一言で言うと、


下ネタで石田彰にセクハラするCD。


すごいなーこれー。目ェ醒めました。半端ない下ネタ具合。具合というか下ネタを引いたら何も残らないくらいの勢いでえげつない内容。抜くの抜かないのイくのイかないの大騒ぎ。
さすが中村うさぎ氏原作なだけあります。


そして


そんなえげつない内容の中に放り込まれる石田彰(27)。
まだ歌を断ることなど考えない初々しい石田彰(27)。
ウけないことほど悲しいことはないからと、テンションを上げて必死で頑張る石田彰(27)。


●そんな石田さんと同時出演する方々
三石琴乃:効果音ピー用語をサラッと言ってのける強者。
山口勝平:う○こネタを普通に飛ばす強者。
池田正美:「寝る時のスタイルは?」と聞かれて「ポーズ?(笑)」と軽く冗談まで入れる余裕。
中村うさぎ:この方は、攻以外の何者でもない。



ここから導き出される答えは唯一つ。


ひたすら全員から弄られまくる石田彰氏。



下ネタに拒否感を覚える方と今現在の余裕のある(本当はない時も大分あると思うよ/個人的に)石田氏以外知りたくない方は見る事なか…れ?かなーと思ったので、一応隠して置くことにした。
ラジオ等の石田氏の「あーもう一週あるのか、俺ほんとこういうの苦手なんだよね、ほんと勘弁して欲しいんだよね…(笑)」とかいう生トーク苦手っぽい発言は「冗談っぽく言いつつ実はものすごく本音なのではないか?」と疑惑の眼差しを向けている方は見て。そして私と握手。
--------------------------------------------------------------------------


さて、基本的にどのコーナーも何かあわあわしたテンション調節が上手くできない石田氏が堪能できる(中に入ってるドラマも真面目苦労役でオロオロしている)トンでもすばらしいCDなんですが、2枚目(※2枚組みです)の『9:神経衰弱カードゲーム2』が一番心に響いたのでここピンポイントで行こうかと思います。
『2』ってなってるのは、これ以前に「極道ナイトライヴ1」で同コーナーがあったらしいので通し番号ですね。どうも『1』の収録の際に、石田さんが答えに窮してとてもとても美味しいことになったので、スタッフが意気揚々と『2』を提言したというのが実情のようです。10年前のスタッフににGJ!
で、どんなコーナーかと言いますと、一般的に答えに困る質問が書いてあるカード(スタッフ用意)を出演者の皆さんが順番に神経衰弱方式(文字が見えない状態)でソローっと引いて、そこに書いてあった質問に答えるというものです……という、説明がCD内で語られているシーンで既に、

山口「え、質問って全部あーさんにぶつけるんじゃないの?」(注:10年前の石田さんの愛称→あーさん)
菊池「僕もそう思ってた」
石田「ちがうよちがうよー!!(アワワワワワ!!)」
(↑本番が始まる前から既に弄られている石田氏)

まぁそんな暗雲立ち込める中で、本番が始まるわけですよ、何もないわけがない(というか皆狙っている)
しかし、前回で既に少し学んでいる所為なのか、石田氏、そんなに大きな波(小波は常に)を被ることはなく1順目が終わりそうに…アッレー?…いやいやいや、彼は期待を裏切らない人です。
悲劇は三石さんがこんな質問を引いたところから始まった。

問.
あなたがエクスタシーを感じる瞬間は?

困るよねーラジオだよねー、でもサラッと答える三石さん。攻める三石さん。大丈夫です言わないことが絡まれるのであって、言えば問題があれば鳴らしてもらえます。

三石「えっとね、ピーーーーーーーーーでピーーーーとか、そりゃピーーーー一番わかりやすいのがね。他にまだ知らない、注射器でしゅーとかそんなのはまだ感じたことないので」
一同納得。

中村「あの、でもさ、ずっと便秘しててさ、あの、下痢するじゃん」
(たぶん注射器に反応した女王中村氏)

石田山口「またう○こネタですか!!!!!」
(ぶっちゃけドラマと曲を除いたCDの4分の1くらいはう○こネタトーク)

三石「あ、でもなんかちょっとわかるそれ!」
中村「うん、なんかポーっていうか?」
三石「幸せだーっ、てねー♪」
(恍惚を語る女子二人。三石さんはどうやら後ろに使う用途の注射器話をしたらしい)

石田「じゃあそれを、疑似体験すれば男でもそっちで逝く感覚ってのが…掴めるってこと?」
(攻めようとして自ら墓穴を掘る石田氏)

菊池「おー?」
山口「なんだ、掴みたいの?(笑)」
(その背後で笑う中村+菊池+三石)

(石田氏以外みんなうれしそう)

石田「ああ、いや…ぁ…ぅ」
山口「あーさん別にその感覚掴まなくったってさー」
中村「しょっちゅう」(イジメ)
三石「だよねー」(イジメ)
山口「いいじゃん」(イジメ)
菊池「うん」(イジメ)

(石田氏以外みんなとてもうれしそう)

石田「えー!いや、だから!だから!ぼくのお尻は、いやぁ、だぁ…あの…うg…」
(真剣に困っている)

中村 「じゃあお尻はなんなんです」(強)
山口「誰かのものかい」
石田「ちがうちがうちがうちがうちがうちがうちがう!ちがーう!!…むぅ…あぅ…
三石「何?(笑)」
石田「……さ、次のカード行ってみようかな」(話を変えようとしてみるいたいけな石田氏)

山口「いや、まだ話が終わってないよ」
菊池「うん」
山口「あーさん(笑)」

(元々三石さんへの質問なのに見事に嵌っている石田氏)

石田「いや、だから、僕のお尻は…」
中村 「はい」(ドスの効いた声)

石田「こ、こういう言い方しちゃちょっと恥ずかしいですけども…」
三石「うん」
石田「…だって、まだバージンですからぁ」
三石「あはっ(笑)」
山口「そら、ふつーふつーねー(笑)」
三石「普通そうよね(笑)」
菊池「”まだ“っていうの(笑)」
(基本的に相槌を打っているだけだが、ポイントは確実に突いてくる余裕の菊池さん)

山口「まだぁ!これから!?」
石田「あー!あーいや、あ…gぁ」
山口「あー、予定があるんだこれから!(笑)」
石田「あっああっ…ぁfgえぁ…g…!」
三石「予定がある!」
石田「!!!ない!ないぞ!(アワワワワワ!!)
山口「石田君は予定ありだそうです、ハイ!(爽)」



中村「日夜、こう、指で広げてんでしょ」





中村様……!そんな直接的過ぎます!(土下座)
でもそこまで言われたにも関わらず、とりあえず話が終結しそうなことにどこか安堵している石田氏……よかった…よかった、ね…(哀)


しかも何かこの後の話の流れがまた、


段々広がる

締りが悪くなる

う○こ話に戻る。




orz




なんだこのCD…!(笑)
とりあえず石田氏本人の中では消したい過去の一つだと思う…。え、あれ、まだ普通に売ってんの!?(笑いながら内心動揺)みたいな、ね。
だって、上の一連の会話の後だって、うろたえる石田彰さんがてんこ盛り。

なんか、ホモの人とロリコンの人どっちが好き?っていう質問に
山口「BLCDで慣れたので、抵抗ないのはホモですね」
石田「あー立て続けにそういう仕事してたら、ひょっとしたら本当に気持ちいいのかもしれない、と思いますよね」(←同意してもらえることをすこしも疑ってない)
山口「いや」(超否定)
石田「ええええええeーーー!!!」
(一同爆笑)

ちょ、数分前に学んだばかりなのにまた自ら嵌る石田氏。かっ、かわゆっ…!(悶え苦しむわ)


締めで冗談めかして「僕はほんと続編は嫌なんだけどな(笑)」とか言いながら、心の底から本当に次をやりたくない(…でも仕事だし来たらやるしか…)と思っている石田氏に私の魂は持って行かれた。
「僕がうろたえた方が客観的に面白いだろうし…このCDの趣旨はそうなってるんだし…」(←仕事に対する真摯な姿勢)という考えもあるため、そう装った!かのように見せかけて、内心、本当にうろたえている石田彰さんにハァハァだ(少なくとも私にはそう見えますよ)。
私さ、収録中はテンション高いのに、楽屋では元気のないお笑い芸人とか大好きなんだ…無理してテンションを上げているらしき様子がチラッと見えた時にドバァっと何か出る。脳内麻薬。


あと、この石田氏と今の石田氏を比べて、27でこういうもの(中村様級の人とか)にぶつかると、そりゃその後の悟りも開けるよね…と思った。でもねー基本は変わってないと思うよ(それがとても魅力的)


この極道くんCDが収録された1995年、私はエヴァはカヲル君(歌はいいね/石田声)が好きだったし、スレイヤーズはゼロス(それは秘密です/石田声)が好きだった。無意識。
そうだ、人間の基本なんてそうそう変わるもんじゃない。


ところで極道ナイトライヴの1はどこに行けば手に入りますか。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ コメント

▼ コメントする

秘密にする
 

▼ トラックバックURL

▼ トラックバック

▼ SEARCH

▼ PROFILE

香月りんね

▼ SITE-CONTENTS

▼ CATEGORIES

▼ RECENT ENTRIES

▼ CALENDAR

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

▼ ARCHIVES

▼ COMMENT

▼ TRACKBACK

▼ ETC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。