▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |





▼ BLOOD+29 呪われた血

あーあーあー、トラウマになりそうな最後でした。やめてよね。
1週間かけて『イレーヌさよならイレーヌ』と、追悼して準備万端で見たのにそれでもまだショッキング映像だった。
なんだあれ、何のホラー映画だ。あの壮絶な極めて容赦ない崩し方、しかも霧散じゃなくて基本的に元のヒトの形が残ってる所が更に無残さを煽るよね…首ごとーん、足ゴトーン。
テレビの中の人たちも固まってたけど、私も固まった。髪の毛が綺麗に質量を持って彫像石化してる不思議さには途中ちょっと気を取られたけど。
なんか、IGは煽りたかったのはわかりますが、やりすぎだよね(イレーヌに肩入れ)でも、目論見的には成功してるんだろうな。凝視しちゃったもん。あーあ。大成功だよ。フェイント(全然引っ掛からないが)までかけやがって。コノヤロー!


あーあ … orz


もう献血なぞしないで安らかに逝ってくれた方が良かったと思ってしまった。安楽死でさ。
けど、シフの中の誰かがあの役(サヤ血献血は失敗)をしないといけないし、折角ならかわいいイレーヌが適任だよね…ね、IG。


そういえば、カイは「友達なんだ!」とか言いながら、ぶっちゃけ好きなんじゃねーのと疑惑の眼差しで見てしまうほどご執心だった(誤解だったらごめんカイごめん)イレーヌが逝った割には、直後、結構冷静にシフたん達に共闘を呼びかけてましたね。まぁ呼びかける人材がカイしか居ないから奴に正気に返っててもらわないと困るんだけどさ。
ていうか、もっと強く引きとめてくれないと私が個人的に困るんですが。なんかもう、モーゼスが悟りを開いてて聞いてなかったけどさぁ頑固だなぁ。君は呆然→絶望→悟りの思想展開が素早過ぎるよ。落ち着いて話し合おうぜ?冷静に混乱してる場合じゃないよ。
大体さぁ「もう共闘とか学ぶ時期も過ぎた」とか言ってたけど、「お願い」と「ありがと」学んだばっかで、そりゃないよ。ちゃんと新しいものを学べてるじゃないの、皆死ぬ瞬間まで学び続けるんだよ、だから、大丈夫☆て誰か言ってやってくれ。
そもそも「共闘の考え方」よりも「お願いの概念」と「ありがとうの気持ち」の方が得がたい深い感情だと思うんだけどなー。どうなんだろうな。


とにかくデーヴァに特攻とかすんのは止めてくれ。
だれか、何でもいいからあのかわいい生物達を救ってやってくれ(つд`)←深層心理


とか言いながら、カルマンの「よくも偽の血を!」は笑うしかなかった。
君の目の前で掌切ったじゃん。お前の目は節穴か?小夜たんはどんな手品師なのか?カルマンはとりあえず小魚を食え。


ところで、シャワーを浴びる人とイレーヌ結晶を空に返す人は人選が逆じゃなかったですか?いいんですか?
まぁ、私はどっちでも良いんだけど…イレーヌに執心してたのはどっちかと言うとカイだったので、イレーヌを名残惜しむ最後の描写役はカイが良かったんじゃないかと思えてならない。
あと、なんつーか、カイのシャワーじゃ萌えないしさ。カイは萌えるためのキャラじゃないんだよ。うん、シャワーで音を掻き消しながらコッソリ泣くのはいい描写だと思いましたが、激しくカガリを思い出したのも事実です。ていうか、シャワーシーンは軒並み種を思い出すのだが。私はなんかのサブリミナルにやられてるんだろうか。
…あ、サヤがカイの全裸見たって、アレ?アレはね、人間は他に大層気になることがあると、他の些細な事象は結構どうでもよくなるってやつだよ。イレーヌの死ショックに比べたらマッパとか大したことじゃない。考え方によっては、ある意味、カイがかわいそうではある。


あー、あと、カイとサヤの溝が深まってたように見えたけど、実はそうでもないよね。
カイはイレーヌが救えなかったことも申し訳ないが、自分がサヤをイレーヌを硬化させる決定的要因に導いてしてしまって、サヤの気持ちを考えると申し訳なくて不甲斐なくて顔が合わせられない俺もう消えちゃいそうだよ空の彼方に消えちゃいそうだよ…て感じだよね。まぁがんばれよ。この手の不調和は時が解決するよ。


で、ハジはなんかサヤたん「ギュ!」で更に死亡フラグを強化したような気がしないでもない。やたら多弁なのも怪しい。自分のことを語らなかった人がいきなり心の深いところを晒してみせ始めるのはおかしい。何かを悟った人が、残して逝く事になる今後が心配な人に対して癒しを与えているようでした。なんかさ、映画とかで、死ぬ気の隊長が部下にこんな感じでいきなり語ることあるよね。
考え過ぎかもしれませんが。
ハジ「ただ、あなたのジュバリエはいつも傍に居ます。それを忘れないで」→リク絵。→サヤもハジもリクたんを見る。
これも、ハジ自身が含まれていないような描写にも見えて悩む。
考え過ぎかもしれませんが。
ところで、通りを歩いていて前を横切った金髪の子がイレーヌに見えた(しかも金髪の子は日向に出て行く)のは良い描写だなぁと思いましたが、直後のリクたんの歩き方は明らかに左足が折れているんじゃないかと心配しました(シュバリエだから直ぐ治るよ?)
とりあえず、私もリクが一人ほしい。癒されたい。


学者の人たちのシーンは唐突に眠かったです(素直な反応)。
しかし、今はまだ何も大きな動きはしてないけど、あの人たちは今後何かやらかしそうな気がする。研究成果は世に出したいものだよね、普通。マッドなサイエンティストになっちゃうんだろうかー。とりあえず、今の所、皆で仲良く死亡フラグを立てあっているように見える。
で、余談だけど、映画とか見てても思うんだけどさ、学者ってのはヒト内で一番怖い種族だと思う、次点で記者。行動が純粋で情熱的過ぎるんだもん。で、記者はホントに危険を察知すると正気に返るけど、学者は危険が未知の発見に見えて種割れするからね。…アレ、何これ、偏見?偏見ですか。すまなかった!


デヴィッド達と岡村氏は、アレ、上手い交渉になってるのかなんだかよくわかんない。手持ちのカードが何だじゃなくて、結局岡村氏の力押しみたいになってなかったですか。デヴィッドにはそれで通じそうであるが。押しに弱いよね、デヴィッド…(笑顔)


ところで、赤い盾の本部が実はバレバレだった件なんですが、アレは何?これからシュバリエが特攻かけてくるの?やばいよ、セコムに電話しなよ、じゃなくて、早く逃げてよ、特にジョエル。
あー。とりあえず、ソロモン辺りが軽く裏切って石田氏を助けてくれますように…!(何だそれーー!)
なんかED予告しゃべるキャラがさ、怖いんだよね。


まぁ、ジョエルが紅い盾基地占拠前に華麗にヘリとかで逃げてたら黒認定する。


ところでなんで今日の待ち受けはイレーヌじゃなかったの?(←イレーヌかなと思って初めて取りに行った人)
私的にはモーゼスでも全く持って問題ないんだけどさ。むしろドンと来いという心境なんだけどさ。ていうか、そんなことよりもさ、この待ち受け下部の番宣は一体…律儀に待ち受け取りに行くような人には番宣なんてしなくても大丈夫だよ、ビジュアル重視しようよ。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ コメント

▼ コメントする

秘密にする
 

▼ トラックバックURL

▼ トラックバック

▼ SEARCH

▼ PROFILE

香月りんね

▼ SITE-CONTENTS

▼ CATEGORIES

▼ RECENT ENTRIES

▼ CALENDAR

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

▼ ARCHIVES

▼ COMMENT

▼ TRACKBACK

▼ ETC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。