▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |





▼ コードギアス 反逆のルルーシュ4 その名はゼロ

その変態の名はゼロ。


変態仮面の行動原理(親友助けます!)とその結果(救出成功)はカッコよいのですが、過程が変態だった為、変態だったことばかりが頭に残っています。本当に過程も大事だなと実感しました。
…ルルーシュ、あいつはさ、身を持って教えてくれたんだ、過程の大切さを…アイツは…えらいよ。


…ばーかばーか。


ルルはあれ、仮面つけてる間はほとんどというか、完全に全力で酩酊状態じゃなかったですか? ヤバイね、あのオートクチュールの仮面にはすごくヤバい呪いみたいなものがかかってるんだよ、たぶん。古代エジプトの呪いレベルやつ。ルルは「これは命を賭けたゲームなんだからな」(2話)て言っちゃってたもんね。デュエリストだもんね。仮面作ったのは一流の技術者、且つ呪術師の人だよ。こわいなぁ。


てか、疎開ツアーinモノレールの時点で捕まらなくて良かったよね。全員に「先頭車両に近付くな、及び先頭車両に近付こうとする者を気にするな」て乗客全員に全力でギアスかけてまわったのかなぁと推察すると馬鹿だなーほんと馬鹿だなーと思うけど、通報されるよりはいいよね。うっかりギアスかけ忘れた人に見られようものなら、アレ


ピンポンパンポーン。
アナウンス「お客様にお願い致します。車内にて不審物があった場合、直ぐに全力でお近くのインターホンにてお教えください」
乗客「車掌!不審人物は不審物に入りますか!?」
状態に陥る。大変だ。なので、ルルの馬鹿な行動も全力で見逃してあげようと思う。仕方がなかったんだよ、ネ。


それにしてもカレンたち紅月組の人たちは今日も優しかった。
御車も2人でも全力で作れば明日に間に合う! みたいなすごい根性だけあればなんでも!(できるわけないだろ、馬鹿) みたいな指示したのに、演出的発火装置まで完備するというジェパンニ並の働きを見せた2人に今日の頑張ったで賞を捧げる。
しかも、P3の2回目の満月を彷彿とさせる電車内で「なんだあの変態」と驚いたのも束の間、次の瞬間にはちゃんと話を聞いてあげてた、ほんと優しい。


カレン「顔を見せろ!」
ルル「いいだろう、しかし、見せるのは顔でなく力だ」
カレン「違う!見たいのは顔だ、力じゃない!」
ルル「力で我慢しろ」
カレン「嫌だ、顔だ!」
ルル「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる!カレンを納得させろ!」(ギアス発動>リーダー)
リーダー「カレン、アイツを許してやれ」
カレン「…仕方ないな…じゃあ力で我慢する。今は。」
ルル「今ではない、力を見せるのは枢木一等兵奪還の日だ」
カレン「…ちょ、お前、そこの変態、いい加減にしろ。全力で通報するぞ」


とか、これくらい話が拗れてもおかしくないところだったと思うよ。良かったね、ルル。全力で通報されなくて。
アイツが、人気の無くなった1両目車両でいそいそとコス着替えしたんだろうなぁと思うと目頭が熱くなる。
もう、ほんと一生懸命なんだよね、ルルは。それだけはよくわかる。何かを変えるには、これくらい全力で取り組まなければならない。夕食のメニューを変えるのだって全力で取り組まなければならない。


(●)
 ▼  <ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる。
 ▲    今日の夕食は全力でおでんにしろ!
 ∥


お兄さまったらおでんが食べたい     ○〃
なら素直にそうおっしゃればいいのに。  ▲∥=
                       ∥ ̄◎


(●)
 ▼  <甘過ぎる!これくらいやらないと
 ▲    夕食はおでんに変わらないんだ!
 ∥


アレです、ルルはすごくおでんを食べたいんですけど、それはイレブンの食べ物だからとか言って夕食に出してもらえないんですよ。本人はもうほんと肉ばっかりで飽きてるんですけど、肉以外出てこないんですよ、たぶん。この贅沢者め! という話かもしれないけど、あの、ルルからしてみれば食卓が肉の支配に遭ってる感覚、征服されてる感覚なんですよ。もうこのままじゃ一生おでんが食べられない。ああ、どうしよう。
なので、あれくらい全力で変態…じゃなくて変装ですか? しないと仕方なかった。ほんと仕方なかった。背に腹は変えられないとかそんな感じだったんですよ。


いや、メールで打ってたんだけど、どうしてもおでんに見えてさ。
貴方は私が何を言っているのかわからないと思うけど、私も私が何を言っているのかわからない(ちょ…ま!)。まぁ、冬は鍋とおでんだよねって話。


(●)
 ▼ ̄
 ∥
むしろこうか。


そんで、スザクの輸送というより、ジェレミアの凱旋と評した方が正しいと思われるTVライブに乱入したルルーシュは、すごい目立ちたがりエンターテイナー化しててなんだこいつは変態か? もちろん変態です、状態だった。
けど、ルルの能力の場合、変態モードはプラスに作用するんじゃないかと思うんですよ。ギアスなんて目立って相手の視線を自分に釘付けにしてなんぼの能力じゃないかと思うんですよ。見てもらえなければ誰も魔法にかからないじゃない。みんな全力で俺を見ろ!
そもそも、一瞬注目を集めるのは簡単だけど、注目を集め続けるのは結構大変だよね、コスプレ、止む無し。奇抜、上等。…たぶん。


つか、もうルルはそんなギアス乱発するならその辺歩いてる人に片っ端から「ブリタニアをブッコ!」ギアス令でいいんじゃないかと思うんだけどどうなんだろう。「民間人は巻き込むな」とか言ってたから、駄目なのかな。
そもそも「民衆は巻き込むな」というセリフ自体が「俺の命令以外の余計なことをするな」という紅月組に対する牽制目的とか「民間人を巻き込まない方が支持率が上がるから」とかいう実益目的なのかもしれないけど。…と一旦言ってみたが、私は、ルルの場合、このセリフ自体はその場では本気で言ってはいるんだが、でも、敵を殲滅する過程で民間人が死ぬのは仕方ないよね☆ くらいの感覚で、特に強いポリシーや思惑があるわけではないと思うな。考えてるようで考えてないような、なんかなー。


頭の回転は速くて賢いことはわかるんだけど、なんつーか、すごく根本的な部分で全力で馬鹿だよね。ルルは。そこがいいんだけど。
あのギアス乱発っぷりは、その場その場の目的達成に一生懸命で大して先のことは考えてないんじゃないかなぁと思うよ。まぁあんまり考え過ぎると一歩も先に進めなくなる可能性があるのだが。でも、ちょっと、電車はねぇ…うん、あんまり引き摺るのはよくないよね。反省する。


で、何でしたっけ…目立ちたがりのエンターテイナーの話? に戻るんですけど、目立ちたがりの人って大きく分けて2種類居ると思うんですよ。
生粋の目立ちたがりと脳内物質を出した上での目立ちたがりみたいな。
それで、ルルは後者だと思うんです。あの、生粋の目立ちたがりなら身元がどうのを忘れて学園内でもっと前へ前へというか、そんなこと思わなくても前へ出ちゃうと思うんですよ。本能的に。ごく自然に。軽やかに。スキップ。ジャンプ。暴走の道へジャンプ。アバンが全力で不吉な予言をしてたんですけど、大丈夫ですか?


そんなこと心配しても先に進まないので戻るんですが、脳内物質性突発目立ちたがり派の場合、ショーが成功するかどうかはショーまでに如何に自分を酩酊状態に持って行けるかにかかってると思うんですよ。
だから、ルルは実はアレ、ポーズとか昨晩から何度も何度もイメトレしてて、終いにはイメトレじゃ足りない! こんなんじゃ満たされない! て実際に身体を動かしたりして大変だった。姿見を用意せよ! まぁ身体を動かすことはいいことです。ほんと恥ずかしいな。仮面のスライド開けたり閉じたりしながらニヤニヤするのやめてよね。恥ずかしいな。誰かカメラ持ってきて。あ、1話ですか? 1話で「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる!(ザッ!)」てやれたのは、何時かこんな事態になったらこんなことしてやりたい、ふはははは(脳内)て考えてたんだよ、普段から。すごい鬱憤の溜りっぷりでした。


で、ルルの深夜の挙動不審にはたぶん咲世子さんも吃驚したけど、ルルがあまりにも全力でポーズ取ってみたり嬉しそうだったから、何も言わないでそっとしておくことにしたんだと思う。早く、正気に戻って、と願いながら。


そんな咲世子さんの願い空しく、ルルは翌日、正気どころか脳内麻薬強化して馬鹿芝居を成功させてしまったわけですが。カメラ目線やめてよね。アドレナリンとドーパミンの威力すご過ぎ。この一件でルルの演技力レベルが2ランクくらいUPした。


ところで、ジェレミア卿は全力で操られて全力でご乱心し過ぎだったと思うんですが、ギアスってなんか、催眠かける時に言葉に乗せた「やる気」みたいなものまで効果に影響するんですか? それとも自意識過剰・全力卿が常に全力で事に当たる男だったのですか。
全力卿が全力で狂って全力でテロを逃がした後、正気に返って事態に呆然とし、全力で敵を逃がしている自分を録画映像で見せられて悶絶し、ついで、キューエル卿&ヴィレッタとの間にものすごく嫌な空気が流れるところがすごく見たいのだが、その部分の放送はまだですか。
もう全力卿はオレンジの虜だよね。オレンジトラウマになったよ。まぁ、たぶん、全力卿は全力で自分は「毒ガスから民衆の安全を全力で確保した!」ことにしようとするんじゃないかと思うけど、2日後くらいに(間に合わないか)。
とりあえず、ルルは全力卿に1日1個蜜柑送ってやればいいんじゃないかと思う。


アレでしょ、ルルが「俺たちを全力で見逃がした後、お前は死ね!」と全力卿自害命令を入れなかった(特注衣装を頼んだじいちゃんへの命令を見た限り可能)のは、Sだからでしょ。実は「ははは、ジェレミアめ!」てやってるんでしょ。
だからルルーシュはスザクの行動が理解できなかった。
「あいつ、助けてやったのになんで…!」て思った。それはねぇ、スザクがMだからだよ。M×Sだよ。個人的には拉致るならルルを拉致ってほしいんだよね。スザクは達観してたけど、ルルならね、すごい、ものすごい悔しそうな顔するから。たまんない。でもスザクも萌えた(正直)
でももっと萌えたのは振られて動揺するルルに対してでした。なんであんな高い所に立ちたがるの? じゃなくて、投げやり、且つ、諦め風味で「馬鹿め…」でなく、全力で「馬鹿馬鹿!スザクの馬鹿!!!」言っててアイツ振られる可能性とか全然考えてなかったよね。どこから来てたんだその自信。鼻水が出る。
あの場面で仮面取ってたらなんかまた別の展開になったんじゃないかと思うんだけど。全力で説得のし合いというか、「そんなやり方、間違ってる!」(松たか子声)「お前のために白マントも用意したんだぞ!?」「そんなもの要らない!(全力で拒否)」とかただの言い合いが続いて、その内殴り合いに転化するのかもしれないけど。やめて! 全力でやるとルルが軽く吹っ飛ぶので優しくしてあげて…!
結果的にはルルがお前を攫ってあげた隙に事態が好転したんだから優しくしてあげて…!>スザク。
しかし、「それが世界だというなら、自分は未練はありません」はちょっと諦めが良過ぎると思うぞ。もっと踏ん張れ。


まぁほんと、ブリタニアをぶっ壊して世界を革命しようとするルルーシュとブリタニアの体制を中から変えようとするスザクは、だから、さっさと手を組んでブリタニアの体制の中でギアスを使えばいいんだよ、という話なんですが。
しかし、ラスト・プライムミニスターの嫡子・枢木一等兵は純血派が横行する軍内では普通に考えると絶対出世できないと思うのだが。ピンクの人がジャンピング出世させてくれるのかもしれないけど。枢木君は丁重にお断りしそうだけど。アレ、話が前に進まないんだけど? もらえるモンはもらっとけよ。


そういや、ロイドは思ったよりいい人だったなぁと思いました。飼い猫には優しくということだろうけど。多分あの人、生身の人間よりパーツに優しいよね。スザクは猫というより犬だよね。
とりあえず、どうやって遺体リストでルルとC.C.の無事を確認できたのか教えてください。リストって凄惨な画像なの?


画像は見えなくても、声で兄さまだと気付きそうで気付かなかったナナリーはスザクの動向に夢中で本当に兄に気付いていない可能性も、兄さまが奇跡と無謀を履き違えた馬鹿なことをしていそうな予感を感じ取って全力で気付いてないフリをしている可能性もあるのかもしれないと思いました、嘘です。アレはほんとに素で気付いてないよね。不思議。後から思い出して「そういえば…」というのはあるかもしれないけど。
スザクが気付かなかったのは仕方のないことなのではないかと思います。誰も親友が変態になっているとは思わないし、思いたくもない。まぁなってたら仕方ないが。


ルルが仮面に変声器でなく拡声器を内蔵してしまうのは、注目される心地良さに目覚めてしまったので仕方のないことだと思います。この変態。「不可能を可能に云々」は変態仮面繋がりだと思います。時空の歪みですね。危険なので近寄らないように。
正直、今回のギアスは、全力で真剣に思想を練りこもうとする竹Pを『変態ネタ演出』という手段を使って谷口全力で蹂躙しているように見えました(今の一文はファンタジーです)。
同じような再会・勧誘演出やってても、種はこっぱずかしい感じがあったんだけど、ギアスはむしろ清々しい。多分、製作者がキャラを恥ずかしい奴らだとわかってて全力で恥ずかしいことやらせてるからこっぱずかしい払拭されてるんじゃないかと思う。種の脚本は陶酔状態ぽかったけど、ギアスの場合は馬鹿やってても冷静に計算してる感じがするんだよね。「全力で」は間違いなくワザと入れてるよね。ほんと黒い。しかし、「全力で見逃せ!」だけでコードギアスの4話ですね? てわかるのはすごいと思う。


そんな作為的なギアススタッフに変態仮面SHOWやらされちゃったルルは、多分3年くらい後にあの時の俺は若かったなぁて思う予感。生きてれば。
皆そうやって年月を流れて行くんだ。何の話だ。


そんで今回も昼メロ並みに引きは完璧でしたね。C.C.久しぶり。
彼女は3週かけて全力で蘇生していたのか顔色が非常に悪かったですが、大丈夫でしょうか。まぁ木星の人は蘇生できるほど丈夫みたいなので、次回は普通にナナリーとお茶でも啜ってるんだと思います。平和だな。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ コメント

▼ コメントする

秘密にする
 

▼ トラックバックURL

▼ トラックバック

▼ SEARCH

▼ PROFILE

香月りんね

▼ SITE-CONTENTS

▼ CATEGORIES

▼ RECENT ENTRIES

▼ CALENDAR

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

▼ ARCHIVES

▼ COMMENT

▼ TRACKBACK

▼ ETC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。