▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |





▼ コードギアス 反逆のルルーシュ5 皇女と魔女

何に突っ込もうと、最早突っ込まされているだけのような気がしてきた。
ワザとやっている…色々ワザとやっているだろう、お前!コードギアスめ!放映時間はバレーに陵辱され、何処までどれくらい繰り下がるのかわからなくて戦々恐々だし。しかし、視聴はやめられないし。…な、なんなんだ…このプレイは…アイツ……谷口…ッ!


という感じの受けは結構好きです、こんばんは。


先週は、全力で石田氏を祝う気持ちでもって『全力で』を39回言ってやろうと思ったのですが、35回止まりでした。残念。それだけ、石田氏のATフィールドは厚かったということですね。でも、結構頑張った、私。努力は認めてください。>枢木スザク一等兵。(※11/2は石田氏39回目の誕生日でありました。)


というわけで、何時の間にか婚姻届に判をついていたらしいルルーシュ・ヴィ・ブリタニア(17)の話なんですが、C.C.はアレ、契約相手選びは、王族がどうの~でなく、鬱積した負感情と反骨精神みたいなものに反応するんですか。とりあえず、面白い人ゲットできて良かったね、C.C.。
ルルーシュのベッドで寝て、ルルーシュの金でピザを食い、ルルーシュをいたぶって遊んだ「夢を見るのはそろそろ終わりにしろ」な様相のC.C.に平伏した。Mなのは服装だけで、中身はトンだSだった。C.C.とルルーシュで、ドS×S。黒々しいコンビの出来上がりだった。何だかんだ言いながら、ベッド脇にC.C.が脱ぎ捨てた靴を揃えて置いてあげている辺り、ルルーシュが今後、自分のベッドで眠れる日が来ることはないだろう。
~コードギアス 反逆のルルーシュ【完】


…まぁなんつーか、C.C.だってさ、傲慢で居丈高な物言いで女王様気質だけど、アレでも先週まで頑張って蘇生してたんだよ。だから疲れてるんだよ、ベッドくらい貸してやりなよ、一生。ということだと思う。
あと、C.C.が尻キャラだと言うのはもうわかったから、もっとやってください>谷口監督。
ところで、御社はピザハットとはどういった関係が…婚姻関係ですか。お友達がいらっしゃるのですか。チラチラとサブリミナルしてるなぁと思ってたら、遂にピザ注文してキャラに食べさせてしまった。これを機に、ピザハットが某ジャンクフード会社の、ポ●モンセットとかおじゃる●セットとかのノリでルルーシュセット出してきたらどうしよう。そんなことになったら、きっと指を指して笑ってしまう。


ルルーシュはピザを頬張るC.C.に「例えギアスの力が無くてもブリタニアブッコ!計画は実行するつもりだった」とか言ってたが、本当だろうか。ギアスゲットするまでは、大国に対する憎悪を燻らせながらも半ば諦めていた感じがしたのだが、本当だろうか。
C.C.に主導権取られまくりだったので、悔しくて言ってみただけなんじゃないのですか? 脳内で妄想はしてただろうけど、スケジュールなどは組んでいなかったんじゃないのですか? …何にしろ、一言で言うと、とてもルルーシュらしい言動だということだけど。あんまりやってると契約解除されるぞ。そんなことになったら、きっと指を指して笑ってしまう。


というか、もう笑ってる。ルルーシュは、想定の範囲外の事象への対応力に非常に問題がありますね。柔軟性に欠けるのな。そんなお前にこれを授けよう(?_?)つ【レノア】。これでお前のブリタニアへの憤りも半減…あ、ごめん、母違いでした。怒らないで。お前に女難の相が出始めたのでつい…。
あと、ワザとルルーシュに見える位置でレッツダンスするC.C.には優しくしてあげて。「お前は此処では部外者なんだぞ」「私は何処でもそうだ」とか寂しいんだよC.C.だって。もうC.C.も転校してくればいいんじゃないですか。
ところで、シャーリーは、今、吃驚係みたいになってるんですが、そういう、デスノで言う所の松田みたいな位置でいいんですか。強運スキルが付いてるぽいから大丈夫だろうけど。え、何、ラストはシャーリーがルルーシュを撃つの?


ところで、今、ヴィレッタとスザクが話し合いすると、結構簡単にゼロの潜伏先に当たりを付けることのできるラインにいると思うのですが。デスノで言うと、南空ナオミの証言とLの考えを照らし合わせると、月に当たりを付けることのできるラインにいると思うのですが、大丈夫なんですか。ルルーシュは実験データ集めて、満足してほくそ笑んでいる場合ではないのではないですか。
…ああ、それで、単独行動権を手に入れたスザクがスパイとして学園に転入してくるのか。ヴィレッタ、制服は覚えてたもんなー。
迫る魔の手に気付かずに、270メートルも離れた位置から命令を試みているルルの図が酷く馬鹿でとてもいい。


先週、馬鹿なことをしてしまった全力卿が、純血派から蔑まれたり白い目で見られていることに気付きながらも、威厳を保とうと必死になりながら業務遂行しているのかと思うと、すごく可哀想なものを見る目で見てしまう。たとえ、差別意識満載でも、オレンジ卿だって一応頑張って出世したのに。笑。
しかも、スザクの「オレンジ卿を処刑するなら正当な手続きを踏んでから処刑してください!」という鬼な横槍で、来週は独房入り。拘束オレンジ。アレねー、拘束してオレンジジュース絞る気なんですよ。全力なので果汁100%ですよ。いやだ、エロい!可哀想なオレンジ卿。
QL卿が執拗に全力卿のあだ名をオレンジ卿にしようと連呼してくるので乗せられてみました。谷口監督ほんと黒い。貴方のおかげでヴィレッタが、だめんずうぉ~か~化しました。何とかして下さい。


ブリタニアの犬、こと枢木スザク一等兵が放り投げ、「やめてよね、イレブンが僕に勝てるわけないだろ」してたのは、ちょっとマズいと思います。何とかして下さい。このタイプは…早く処方箋を打たないとスザクがユフィに染められてしまう。これは…予兆だ…!(恐怖)「どうすればいいのか、まだ、わからないけど」とか言いながら悟ったりしないでね。
ユフィは、ラクスの初期フワフワに後期の威厳(電波)要素を加味しているなぁと思いました。しかし、後期ラクスの、あの何とも、どうとも手の付けようのない、もう、崇めておくしかない存在のようには感じられないのでまだ大丈夫なんだと思います。
…アレでしょ、ワザと寄せて連想させておいて違う展開見せる気なんでしょ。谷口監督ほんと黒い。
ルルーシュがデスノのライトを、C.C.がデスノのリュークを、スザクが種のキラを、ユフィがラクス様をリコレクトさせ過ぎるのは、全て谷口監督の思惑通りなんでしょ。ほんと黒い。


ところで、スザクがにゃんこに「僕は好きなんですけど、片思いばっかりなんです」なのは、スザクは犬なので仕方ないと思います。しかも、猫に片思いでルルーシュを連想させるのは、何も、私の妄想の為せる技なのではなく、最初からそういう仕様なんだと思います。仕組まれているんだと思います! と正当化してみる。
…あー、なんだ、ルルーシュも良かったよね、スザクの脳内にも一応お前のスペースあるんだよ。C.C.の押しかけ女房攻撃で意識を逸らされたみたいだけど、アレ、ルルはスザクに振られた後、すごい項垂れてただいましてたじゃん。純粋が裏目に出てしょんぼりだったじゃん。MPダメージ酷かったじゃん。当日から検索の鬼になってたじゃん。お前、「suzaku」検索し過ぎですから。その検索単語は漠然とし過ぎていて不純物が引っ掛かり過ぎるんじゃないか。ウッカリスザク受サイトとか引っ掛かるんじゃないのか。望むところか。ハァハァか。
…というのは冗談ですが、スザクのことが気になって気になってしょうがない状態に陥ってるのは確かですよね。いきなりPCと触れ合うのみでなく、持ち歩くレベルまで逝ったので驚きました。それとも「救世主ゼロ伝説」サイトみてるの? みくるんるん。


ウッカリ思考シンクロしてしまったルルーシュとスザクは、スザクのは理想だけど、ルルーシュのは、ちょっと!そこの君、理想と野望を履き違えないで!とかそんな横槍を入れてやりたくなる感じに聞こえました。本人も理解してそうだけど。
ルルとスザクは他者に肉親を殺されたという立場は同じなんだけど、殺した相手がなぁ。
C.C.は「イレブンならともかく、お前はブリタニア人だろ?」>ルルーシュ、て言ってたけど、もし、過去にブリタニアが、皇族であるルルーシュを日本に友好の証ですよと人質として渡し、それで日本を油断させたところに総攻撃をかけたとしたら、ルルーシュは「おまっ…!ブリタニアー!?俺まで殺そうとしやがった!!! ナナリーもスザクも危ない目に遭わせやがった!!!」だよね。母さんのことといい、もう我慢できない。
あんな国、全然全く信用に値しない。
あんな国、存在する価値なんてない。
あんな国、滅んでしまえばいい。


「僕は…スザク…僕は、ブリタニアをぶっ壊す!」


殺伐とした精神状態に陥るのは、自分的脳内位置付けがどうでもいいモノに裏切られた時でなく、信じていたものに裏切られた時だと思うよ。まぁ、若本皇帝にも色んな事情があったのかもしれないが。それ以前に、これは私の妄想なのだが。まぁ、ルルーシュが「オール・ハイル・ブリタニア」とか聞いた日には鼻で笑うことは確実である。
と、考えると、EDの歌詞はルルーシュを表しているのかと思いきやスザクな気がしてきた。ルルは父に己が存在を問うたりはしないだろう。スザクはしきりに尊敬していたが。枢木玄武さんは「アンタが死んで日本の統治権譲ってくれたら国民虐殺は止めるよ」と言われて「どうせ死ぬなら、私は国民の為に死にたい」と自害したのだろうか。だったら、すごい4話のスザクだ。


そういや、スペイン階段でスザクとデートした第三皇女とアラブの重要文化財をナイトメアで破壊していた第二皇女が揃ってナルシスト・クロヴィス殿下の死を悼んでいて、オレンジ卿があまりに全力だった為に忘れそうになっていた物事の発起点であった殿下の死について、ありありと思い出しました。クロヴィス愛されてたんだなぁ。確かにあの人は微笑ましいヘタレだった。


ところで次回、奪われた仮面て……仮面返してあげて、C.C.。ルルーシュ泣いちゃうから。
あー、冤罪ですか?
でもそんな、ルルーシュを困らせて遊ぶようなお茶目なことをするのは、今の所C.C.しか浮かばないのですが。
スポンサーサイト
| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ コメント

▼ コメントする

秘密にする
 

▼ トラックバックURL

▼ トラックバック

ゼロを捕らえるため本格的に動き出すブリタニア軍。その頃、ルルーシュはアッシュフォード学園内の自室で、C.C.と再会する。彼女はルルーシュにギアスという不思議な能力を与えた少女だった。当惑するルルーシュ
2006/11/10(金) 01:50:28 | コードギアス 反逆のルルーシュ トラックバックセンター

▼ SEARCH

▼ PROFILE

香月りんね

▼ SITE-CONTENTS

▼ CATEGORIES

▼ RECENT ENTRIES

▼ CALENDAR

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

▼ ARCHIVES

▼ COMMENT

▼ TRACKBACK

▼ ETC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。