▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |





▼ コードギアス 反逆のルルーシュ18 枢木スザクに命じる

シュナイゼルお兄様の所為で、来週から新コードギアスが始まります。だそうです。
だって今回全滅してた。むしろ、これは全員滅したな、と思うくらい派手に演出しろ、全力で! という過剰演出の類か。「何事も、やり過ぎるくらいが丁度いい」とか紙に書いてスタジオの壁に貼ってあるかもしれないですね。洗脳。


それで、一言で言うと、"これは一体どういった超展開ですか"、という話だったと思うのですが、全ては結果ありきが生んだ産物(よい意味で)ですよね。
部分的にもそうだけど、ギアスは1週の流れもいつも結果ありきだと思う。何かゴールを最初に決めて、必要フラグを立てながら(過剰演出とサービス精神を発揮しながら)キャラをゴールラインまで引っ張って行ってる感じがする。つまり黒い。
今日のは、ルルとスザクとカレンとユフィを近い位置に集めることに全力を費やしてた。同じ島に吹っ飛ばす為に。つまり黒い。


微妙に空気を読んでテンポ合わせてきたOPは、前OPを作成した時は、恐らく時間がなかったんだと思う。だって合わせようと思えば、合わせる能力はあったわけだから。でも、当時はこの曲どんだけコマ数いるんだよ、サブリミナル仕様かよ、時間ないんだよ、だった、たぶん。邪推が得意です。
それで、今まさに余裕が出来た。さて画像を変えようかな、でも今更ぽいかな……じゃあ、とりあえずオレンジ入れとけみたいな、そういうのを感じた。意図的論点すり替え策である。
それでさー、オレンジはアルター能力者になったみたいなので、もうスクライドのワールドに行かないと駄目なんじゃないの? あの人、コードギアスのワールドに居ていいの? 空気読めるの? あ、ギアスは全部乗せだから、スクライドも乗せたってことでいいんですか。そうですか。何とでも言いますね(まだ言ってない)。


…まぁもう何でもいいんですけど、とりあえず、OP見る度に認識しなきゃ! みたいな情熱に駆られてしまう私の情熱を何とかしたい。視聴覚試験でも何でも無いんだからスルーすればいいのに。後から、どんな画がありましたか? とか聞かれないんだから。情熱を持て余してる。
あ、モザイクカケラに封入されてた黒の騎士団入団証くれくれ葉書は翌日に出しました。あれ、アンケ欄に情熱をぶつけてやるつもりだったのに、何も聞かれなかったので拍子抜けしました。ズコーて感じ。論題が何でも結論を「谷口監督好きです!」に引っ張っていく心意気だけはあったのに。情熱を持て余した。持て余したので、今此処で書いてる。


黒の騎士団が海中潜伏していた海は、オーストラリアの珊瑚礁の海並に魚が泳いでたけど、アレはやっぱ1話で蝉の死骸を拾いに行ったのと同じように、情熱的な心で浜辺に打ち上げられた死んだ目をした魚を拾いに行ったのだろうかお疲れ様ですあり得ない。もう図鑑でいいよ、図鑑で。くるくる回せないところは想像で…監督に怒られますか。やっぱ何もかも現物には適わないよね。でも生臭いの嫌だ(素)。


現物には適わないけど、桐原書店は腰痛が酷いのか中継参加でしたね。黒の騎士団幹部任命式。まぁ桐原ともなると、中継でも威力絶大ですよね。ゼロは自分が未だ怪しさを纏っている(というか傍から見たら、怪しい人物以外の何者でもない)ことを知っていて、「後ろ盾桐原書店だから!」と信用度を上げてた。黒い。でも有効。あと、片瀬少将を葬って置いて本当に良かったな! これでミラクル☆藤堂はお前のものだ。ていうか、ミラクルは本当に近藤局長になっていて驚いた。本当に何処までも全部乗せの面白ければ何でも有り状態ですね。
カレンは親衛隊任命でキュンキュンしてるし、C.C.に嫉妬してるしでもう何が何だか。しかし、C.C.はあれだけゼロの身辺に食い込んでて役職無しって愛人に見えるわな。でも役を付ける訳にもいかないし仕方ないよね。


ちなみにゼロ様の人事スキルはかなり高いと思いました。
結果を出せる能力が大事と言いつつ、扇を副に投下してバランスを取ってる辺り。あれ、扇、明らかに調停役だよね、全体的に。副官という名の胃が痛い役職だ。まぁ、何だ、扇は部屋にヴィレッタがいるから頑張れよ。以上。…何だっけ、ヴィレッタが居ること自体も問題の種なんだっけ? でも、そんなの誰に言っても「お前の夢だろ、目を覚ませよ」扱いされるだけだから問題ないだろ。扇可哀想。
第二特務隊隊長とか言って「隊長の職をやるから金には手を出すな」という厄介払いの予感がする玉城も可哀想。完全に飼い慣らされてる。でも本人は気付かずに幸せそうなので、生暖かい目で見守っていてやろうと思います。玉城、良かったね、玉城(笑顔)。


生暖かい目を向けながらも、「枢木はギアスでいいんじゃないか(最悪、殺すことになるよりは)」とわざわざ忠告してくれているC.C.はいい人ですね。そんなC.C.が予告でマジ怒りしてたようですが、怒らせたのは誰ですか。早く、土下座して謝れよ、言葉で殺されるぞ。
「スザクを暗殺しません」決断は、藤堂と扇がディートハルトの進言を中和してくれて良かったよね。首脳会談は、全員が暗殺を支持だったら、暗殺を選ばないゼロの怪しさが暴発するところだった。危ない。ていうか、ゼロ、あれ、「枢木を暗殺?」の時点では、「いや、それ、今始めてそんな考えがあるって思い至ったわ…」みたいな素だった。おま…! ゆるゆるにも程があるぞ! 首脳陣はイレブンとブリタニア人の混合メンバーになってたけど、これは別段、ルルが超人事スキルで深く考えた訳ではなく能力主義の配置の末の偶然の産物か、扇と玉城以外は。ラッキーだな。


悪の権化的ゼロ仮面が大好きな記者の人は、その昔、履歴書の自由記述欄にゼロへの愛を熱く語ったに違いないと馬鹿にして遊びましたが、これがあながち間違いでなかったらしくて、何だこの人…お前がゼロを撮りたいように、私はお前を撮りたいよ。でも、できれば被写体は美形が良いのですが。とりあえず、OPの記者の画像の浮きっぷりを何とかしてやってください。記念写真の中に日常のスナップ写真が混入したかのような違和感だ。
で、記者は既に本編の人格がパロ人格みたいで放って置いても愛故に馬鹿なことをしそうでとてもいいですね。お前は輝いている! これ、既に記者の中に理想のゼロ像があるよね。ゼロの黒い行動の部分が大好き。ゼロは私の夢、ゼロは私の理想、ゼロは私の全て。間違いなくゼロがMIAになったら必死だな。必死だけど、一人で船を出すような早まったことはしないよね。


スザクの騎士任命式を見た感じ、ユフィはちょっと早まったことをしたかなと思いました。完全に舐められてた。
ユフィに足りないのは実績。むしろ、今のユフィにあるのは皇族であるという事実(権力)だけ、という状況のようだった。周りの信頼度が超低レベル。
それなら、いきなりイレブンを持ち上げる(スザクを騎士にする)ような行動を取るより、自分が周りから認められて「ただのお飾り皇女」でないという威厳と実績を示して地盤を固める方が先だったかもしれない。アレ、もう周りは、「皇族とはいえ、最近まで学生だったペーペーの小娘が何を(笑)」て反応だったよね。それを表に出すのは失礼だが、確かにそうだ。ユフィはまだ"気持ちだけ"の段階だから。


今思えば、信頼が自分にないのなら、信頼と威厳のあるいい人、ダールトンを味方に付けて、その力を借りれば良かったのかもしれない。ゼロが桐原を背後に従えたように。皆ダールトンには右に倣え! してたし。あいつは究極のサクラである。あと、余談ですがロイドの服の配色を何とかしてやってください。これも個性か。
まぁ、多少、強引な手段に出ないと実現できないこともあるよね。ユフィは勢いがないと進めない人みたいだし。強引にやり過ぎると手痛いしっぺ返しを喰らうのは自分だったりするけど、それで学んでいけばいいんだし。死にさえしなければいくらでもチャンスはある。ユフィは上手く行かなかったことを上手く行くように考えて補正していく能力はあると思う。


ネリ様説得も姉の思考に合わせて考えて喋ってたし。スザクの実績面から説得するという…実際は、ユフィはスザクの高潔な理想の部分に強く惹かれていて、ナイトメアの操縦能力はプラスアルファなんだと思う。
まぁしかし、なんかほんと、ユフィを守るために騎士を勧めたら、ユフィがそれを契機に暴走し始めましたとか、ネリ様も心配ですよね。ユフィの意思を尊重したいと思ったから「危ないことはやめろ、ユフィ」という姉の気持ちを抑えて、総督としての意見に止めてたネリ様。苦労が偲ばれます。ユフィはこの先、かなり汚いモノを見てしまいそうな気がする(というか、見ないと成長しない)けど、でもネリ様が思ってるよりユフィは強いから大丈夫だよ。


物理的なナイトメアの操縦技術は一般的だったみたいだけど。昔、大河内氏が「ルルがナイトメア操縦できるのは理由があります」と言ってたけど、それはマリアンヌがテストパイロットで、ルルとユフィとネリ様はマリアンヌに操縦を習いましたよ、ということだったんですか。
テストパイロットの話は公式に書いてあった(マンマじゃないけど)。もしかしたら、騎士侯という身分もこの時期に生まれたのかもしれないですね。
で、ということは、第4世代ナイトメアフレームの実用化を進めた人か、その後ろ盾の財団がマリアンヌ殺しの犯人ですか。ロゴスか。第3世代と第4世代は同時期開発だったらしいから、邪魔だったんだろうな。ロゴスか。


ラクシャータとロイドの離別もこの辺から来ているのかもしれない。元は2人してアッシュフォードの元で開発してたけど、アッシュフォードが衰退して、とにかく開発を続けられればいいやとさっさと乗り換えたロイドと気持ち的にそうはいかなかったラクシャータとか。妄想も甚だしいか。でもそうなると、ロイドがミレイと婚約したことの意味が深まる。


あと、ロイドが核開発中のニーナに急接近してたけど、OPの紅い大爆発はニーナの研究の集大成ですか。大変なことになりましたね(まだなってません)。でも結論、濃縮ウランさえ手に入れば後は何とかなりそうなレベルまで組み立てが進んでたみたいだし。というか、核はまだなのに、戦艦が空に浮かんでたり、ステルスが開発されてたりするあの世界の技術進歩のベクトルがわからない。何がどうなってゲフィオンディスターバーの副産物がステルス機能なのかわからない。そんな答えが出ないことは考えずに、とりあえず実験段階のステルス機能使用で突撃した微妙にアバウト軽いラクシャータにときめいておけばいいですか。


"思考エレベーター"とかいう謎単語が追加されたのですが、とりあえず皇帝の下克上上等思想に花を手向けておけばいいですか。ブリタニアの帝位って現皇帝を殺して奪うものなんですか。実に殺伐とした国ですね。
で、思考エレベーターなんですが(無視できない)、チラ見せされる曼荼羅と関係ありますか。曼荼羅は宗教的要素として捕えるより、ユングの深層心理「集合的意識(魂の原型の図案)」とかの方向からアプローチした方がいいんだろうか。ちなみに、そうなると、C.C.の本名が『大日如来』というのもあり得る。口パクにも微妙に合う。私的には本名、『スフィンクス』説の方が好きなんだけど。何故ならピザハットの使用法が馬鹿で好ましいから。


ていうか、ギアスは何時までピザハットやってるんだ。最後までか。スザクが風紀委員は異常な程に納得しました。ピターリ過ぎてもう突っ込む気にもならない。
でも、罠っぽい予感! と察知しながらも、とりあえずランスロットで砂地に突っ込んだスザクには突っ込みたい。罠っぽいなら避ければいいのに。そんなにゼロは求心的か。そうですね、ゼロがS極でスザクがM極なんですよね。仕方のない人ですね。
ていうか、ルル捕獲して密着してひょこひょこしてたスザクは、あれだけ接近すれば、もうルルたんの香りがすると思うんだけど。あ、しませんか血液型で人を区別するわけではないのですが、恐るべしA型男はゼログッズを毎日ファブってますか。神経質な人ですね。


ていうか、ルル様はスザクを捕縛した上で説得するのかと思っていたのですが、スザク身体自由状態で生身で接近戦を挑んでいて何やってんだと思いました…本当に何をやっているんですか? あ、説得という正しい過程で結果を得ようとなさっていたのですか、銃も本当は持ちたくなかったのですか? 心意気は認めるがアホですね。
取り巻いて見ているみんなもゼロ仮面アホだと思ったよね。その証拠に、完全に視認できる位置に来るまでデカいアヴァロンに気付かなかった、誰も。つまり全員でアホか。気持ちはわかる、みんなスザルルに夢中だったんだよね、それだけのことだ(誤認)あとアヴァロンに撃たれないと来週竜宮島に流れ着かないしね!


全力で全滅エンドを演出したルルが勝てなかった(ナナリー談)シュナイゼル兄さまは、つまり、ルルの理屈っぽく計算高い基本特性に柔軟性が混じり、目的の為には情をアッサリ捨てる性質を持ち、且つ、上位説得スキル保持のいい人(つまり胡散臭い人)なんじゃないかと思いました。


ランスロットを壊される恐れがあるならロイドは式根島に行くことを渋るはずで、その後も「ランスロットを壊すつもり!?」等と焦っていたし、ユフィの行動予定がネットに上がってしまったのはロイドの所為だから、シュナイゼルがユフィとロイドを呼んだ初期の目的は別で、特段ユフィを囮にして黒の騎士団を撃とう目的は持っていなかった。
ということは、行動予定がネットに上がっているのを見て(もしくは式根島で黒の騎士団が暴れているのを知って)、その時点で「じゃあ撃とうかな」と思った。→合理的に計画変更が出来る柔軟性。


且つ、ロイドがランスロットを大事にしていることを知っていても爆撃、ロイドもその特性を承知しており、ユフィが巻き込まれても知ったことではないだろう的発言。→黒の騎士団殲滅が最優先(情はポイ捨て)。
ルルがシュナイゼルに勝てなかったのは、シュナイゼルがルルが捨てられない、意地も友情もプライドも捨てるべき時は捨てる人だからなのかもしれない。超冷静。というか、もしかしたら迷ったりなんだり感情的に揺らぐことがない人なのかもしれない。恐ろしい。兄さま恐ろしい。
ところで、「私もお会いしたことはありませんが」はシュナイゼル×セシルフラグと取っていいですか。


で、またスザクに断られたルルは、説得が成功しなかった時の為のギアス命令をちゃんと考えてきてたと思ってたんだけど、どうなったんだ? 感情の高ぶりのあまり、かなり突発的なギアス使ったよね、アレ。予告の雰囲気からだと使ったことは間違いないと思う。最後「ギアスを使った」を付けると文脈的にキレイだから。
ていうか、俺の決めた俺のルールだから! とか石頭なスザクとそのスザクへの呼称が枢木でなく「スザク」になってたルルは、お前ら2人とも落ち着け状態だった。


スザクの望む死への甘い誘惑はサウンドオンリーされるし、上空には兄さまのどうやって浮かんでいるかわからないでかい機体があるしで、落ち着いている場合ではないと言えばそりゃそうだが。
ちなみに、俺が決めた俺のルールだ! 発言は、もう清々しかったです。曲がっていても貫いたものの勝ちだと思うんだよね。思想に正解も間違いもないんだから。


でも、ルルの説得も惜しかったよね。「1人のエゴ」とか言い出して変態仮面、そこそこ情を持ち出してきてた。途中までいい調子だった。
敗因は、結論を急ぎ過ぎたのと、あとは、スザクが「父の死を無駄にしたくない」と思っていることが換算から抜けていたことか。あの調子のゼロの話に乗るということは、父親の死を無駄にするということに繋がる。


スザクは、過去の自分の行為を間違っていると思っているけど、間違ってなかったと思いたい。だから、間違ってなかったことにするんだ、これから今の日本を価値のある国にする事で、という要素を贖罪意識と共に持っていると思う。
スザクは贖罪して死にたいと思うと同時に、結局過去の自分の行為を何とかして肯定したいんだと思うよ。
●父の死を無駄にしたくない(=自分が父を殺したことは間違いではなかったと思いたい=自分の行為を肯定したい)>自分のエゴで作られた世界への贖罪意識
でもそこはルルにはわからない所だよね、ルルの思考法則には無い部分だから。スザクは綺麗でいたい、でも、ルルは別に汚れても構わないと思っている人だから。


あ、”善を知りて悪を為し、悪を知りて善を行い”とか言ったギアスのCMは感動しました。こういうのがスッと出てくるようになりたい。ていうか、別段スッて出たわけじゃないと思うが。むしろ通常モードの際にこれがスッて出たら怖いわ。


次回は、皆で服を脱いだり、焚き火に当たったり、獲物を狩ったりするサバイバル展開ですか。全員脱がせてくれるって信じてる。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ コメント

▼ コメントする

秘密にする
 

▼ トラックバックURL

▼ トラックバック

▼ SEARCH

▼ PROFILE

香月りんね

▼ SITE-CONTENTS

▼ CATEGORIES

▼ RECENT ENTRIES

▼ CALENDAR

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

▼ ARCHIVES

▼ COMMENT

▼ TRACKBACK

▼ ETC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。