▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |





▼ コードギアス 反逆のルルーシュ21 学園祭宣言!

ルルが学園祭活動とクーデター活動を同時進行などという、良く言うと余裕、悪く言うと呑気なことをしていたら、ユフィに先を越されて結果大激怒しました、という話でした。…おまっ、すごい怒ってたけど、それ大部分、自分の所為じゃないのか…! ばーかばーか(笑顔)
色々タイミング悪かったですね、ピカレスクロマン怖い。あと、学園祭宣言と学園祭で宣言を掛けて日本語遊びした人は出てきてください。大好きです。冷凍ピザですがどうぞ。


冷凍ピザなど出そうものなら、C.C.にピザのなんたるかを小一時間(略)されそうですが、望むところだ。ていうか、ルルはひょこひょこ出てきたC.C.に対して「空気読め!」て叱ってたけど、ピザへの誘惑で頭が一杯(たぶん)なシーンで、一応制服に着替えてきたC.C.は、全力で出来得る限り空気読んでたと思うよ。もうねー、だから、そこは、C.C.のピザに懸ける情熱を誉めるところだよ。誉めて伸ばそう(何)。
しかし、直径12メートルのピザは切り分けられたら、ほとんどの切れ端に外周の生地の部分がない(むしろ外周の欠片は生地ばかりで具が無い)わけで、それは美味しいんだろうかと疑問に思わなくも無いんだけど、そんなことどうでもいか。ていうか、予告の唖然カットで、C.C.はピザを食べ損なったんだろうなぁとは思ってたけど、生地ごと飛んで樹に引っ掛かるとは思わなかった。全くもって予算の無駄遣いである。
あの、ギアスは結論はそれなりに想像の付く位置に落ちるんだけど、そこまでに行くための過程が極めて吃驚です。


倉庫内でニアミス大会も、なんかぞろぞろぞろぞろ増え続けるC.C.のチーズ君人形のように簡単な理屈付けで主要メンバーを集めることに成功してたので、吃驚でした。ご都合主義だけど、でも無理な展開ではなかった。というか、全てが既に面白い域に昇華されてる。
ちなみに、個人的にはあの場で焦った人がうけで、焦ってない人がせm…なんでもない。ていうか、あの展開はシャーリーがカレンに恋するんじゃないかと心配になった。いや、しても良いんだけど。とりあえず、百合行動サービスお疲れ様です。
あと、「使用済みばかり」と発言サービスしたルルーシュに、「自業自得だな。安易に使うから」というのは、未来受信したC.C.から来週の困ったタイミングでギアスレベルアップしたルルーシュに向けた一言ですか。ルルは今日も左目ごしごししてたよね。花粉症ですか目薬どうぞ。


あの、先週から今週までの間に、ユフィが死ぬと見せかけて、実は(雑誌含む)全員で釣ってるんじゃないかとか疑ってみたけど、やっぱ死ぬよね。物理的に死ななくても画面から消えたら死んだと同じと思えば何にしろ死ぬ。華々しくスポットライトを浴び過ぎたユフィは死ぬ。
ていうかもう、既にガニメデの手の上でユフィがくるくるまわりながら歌っても何ら不自然ではない状態だったんですけど、だからこそ終わった感満載です。クロヴィスと同じ位置送り…というか、クロヴィスより酷いと思われ。世間には本人の望まぬ形で名が残されるだろうから。


ルルは、民衆にユーフェミアは期待通りの人ではなかった。我らの希望はゼロだけだと思わせる方向に話を進めようとしてくるだろうから。
特区は「ブリタニアをぶっ壊す」を抜きにして考えても良いとは言えないし。


第1に、特区に入ったとしてもナナリーの安全が完全には保障されないのが問題。
結論、進んで特区に入るブリタニア人は至極稀だから。ブリタニア人は、外に居れば当たり前に特権を得られるのだから、ワザワザ平等(権利の放棄)になる必要はない。
それで、特区に参加した日本人は、特区に参加する少数派のブリタニア人をどう思うかなんだけど、そこは、その人を差別意識の低い人と認識し、受け入れるかもしれないが、これまでの不満をぶつける可能性もある。ルルは小さい頃にボコスカやられてるので後者に比重を置いて考えるだろう。でも後者の場合でもユーフェミアがそれを許さないというのはある。が、枝葉の部分まで目が届くかと言えば、届かない予感。


第2に、こつこつ作り上げてきた黒の騎士団が消えるのが問題。
特区に参加すれば武力剥奪、飲み込まれて組織は霧散し、参加しなければ、これまで”正義の味方”として(主に日本人の)民衆から集めてきた支持が無くなる(=存在意義の消滅)のみでなく、むしろあいつらは平等と平和の敵だ! ということになり、こちらも組織は消える。何にしろ消える。
しかし、この黒の騎士団の消滅はゼロの目標どころか組織の目標さえも達成してない。黒の騎士団の現在の目的はあくまで日本の独立(トウキョウに独立国を建国すること)だから。体外的な存在意義はなくなっても、内部的な存在意義はなくなっていない。つまり、組織を消滅させるわけにはいかない。


でも、組織内部にもリスクの少ない方に流れる人が出るのは当然だよね。差別さえない安心で安全な生活ができればそれで良いという人は、特区への参加で事足りるのだから。しかも、いくら桐原が背後に居るとはいえ、素性の明らかでない変態仮面と由緒正しいお家柄の皇女を冷静に比べた場合、そりゃ皇女の方が信用できるよね、というのがごく一般的な心情だろうし。今までは比べる選択肢さえ提示されていなかったから変態仮面に付いた人も居ただろう。それはもう大量に。スザクが一人で切ってた玉葱くらい大量に。なにあの職人。ナントカ選手権中ですか。包丁捌きがプロのそれだったんですけど。


それはいいとして、日本としての本当の権利を取り戻すという意味では、特区では全く持って不十分。どの辺が不十分かというと、特区の「日本」としての自治権の後ろに、常にブリタニアが存在する状態が続く構造になってる辺りが。与えられた自治権は何時でも奪われる可能性がある。あと、武装放棄しているので何かあった時の対抗手段が0。
これでは、結局ブリタニアの顔色を見ることになって、好きにはできない。自治権があるようなーないようなー妙な感じになる。そんなことは、ユーフェミアが「おやめなさい!」とか言って許さないかもしれない。しかし、ユーフェミアの力にも限界があることはネリ様やシュナイゼルとの彼女の関係を見ても明らか。というわけで、これは、行政特区という名のユフィの幸せの箱庭に過ぎない。


でも、まぁホント、ルルも吃驚ですよね。まさか、ユフィが「私、捨て駒になります!」とか宣言するとは思わなかっただろうからポカーンだよね。しかし、ユフィ自身は捨て駒になった気はまるでないのだと思う。ユフィにとって特区宣言は自分の理想を手に入れる為に取った行動であり、また、本人は本当にそれで手に入れることが出来ると思っているはずだから。


しかし、シュナイゼルの立ち居地から見れば、これは自分が手を下すまでもなくやっかいなモノが消滅するという非常にラッキーな事態ですね。実に鮮やかな手際。恐れ戦くよ(ガクブル)。


…とか言ってますが、実はシュナイゼルも特段ユフィを捨て駒にしようとか、そういう意識はないのではないかと思います。
「ユフィ、このアイデア(黒の騎士団を消すのに)素晴らしいと思うよ。君は君の信じる道を行くといい」と実に爽やかに言い放っているけれども、(カッコ)内はシュナイゼルを黒く見ようとしてしまうが故の私の初期誤認識であって、シュナイゼル本人は、「これでエリア11の不安定だった治安が安定するから良いなー」と考えてるくらいだと思う。
この案で、『黒の騎士団を壊滅させることができる』(小さな枠内で騎士団を目の仇のようにしている)ではなく、『治安が安定する』(漠然とした広い視野で平定を)という言葉で脳内整理されているのではないかと。
なので、「特区日本」の企画書を持ってきたユフィを、シュナイゼルは素直に評価したのかもしれない。シュナイゼルの脳内では『エリア11全体の治安の安定>特区日本を作るリスク(ユフィ)』。(カッコ)内の認識は無いか薄いか。至極単純に。


そうして、ユフィを高評価したが故に、ユフィが公共の電波に乗せて電波宣言するまで、コーネリアにユフィの企画内容を告げなかったのかもしれない。自分もこれは良い案だと思うし、ユフィにやらせてあげたい、しかし、先に言うとコーネリアが反対するのは目に見えている。
ネリ様に暴露しなかったのは、シュナイゼルの中では自分の為というよりは、ユフィの為に、エリア11の為に、という側面が強く出ていたのではないだろうかと考えられます。怖いです。
あと、シュナイゼルが「閃光」とか不吉感を纏った言葉でネリ様を口説き落としてたのは、これも意図的に策謀的に行なっている言動ではなく、単に「言葉にして伝えないと消えてしまう儚いモノ」を消えないように言葉にしているだけなんだと思います。至極当たり前に。ていうか、デレるネリ様の後で動揺しているギルフォードが面白過ぎる。シュナイゼルもっとやれ(笑顔)。大丈夫だよ、ギルフォードはグランストンナイツ全員から慰めてもらえばいいよ。


それで、これらのことでシュナイゼルを黒いと取るか、そうでもないと取るかは何をもってして"黒い"と言うのか(要は個人の認識)によると思われ。
シュナイゼル本人は自分のことを黒いとも思っていないだろうし、実際、これは黒い行動だなぁと認識して、意図的に黒い行動を行なったりもしていない。
ただ、傍から見ると、シュナイゼルの言動の果てに導き出される結果があまりにシュナイゼルに正に働く為に黒く見えるだけで。
私に判定させると、シュナイゼルは"天然自然的に黒い"です。
おそらく、「シュナイゼルさん行動が黒いですよ」て言っても、「それは心外だね。どの辺りがだい?」てなる。のれんに腕押し状態。この件に関してはおそらく、たとえ私が英語圏生まれだったとしても話が通じないと思われる。
まぁそれで結論は、シュナイゼル怖いわぁって所に落ち着くわけなんですが。まぁホント、行政特区に入る人とか、テロリーダーになり得る人材も効果的に混じるだろうし、シュナイゼルが入国に際して個人データを入念にチェックし、集めていることは想像に難くない。黒い。


しかし、一番黒いのは、ユフィがイレブンに棚ボタ的幸運を運んでくる展開は大いにあり得るとしても、こんな迂闊な施策で運んでくるようなことはネリ様が画面内に存在する限り無理だろうと思っていたところに、シュナイゼルを百合姉妹の間に挟むことによってユフィに対するネリ様の行動を抑え、箱庭計画試行を実現させた脚本です。黒い。


でも、黒の騎士団に大打撃を与える可能性は秘めているものの、そうやって実現された施策なので、それ自体は穴だらけだよね。よって、ルルが論理的に説得できれば黒の騎士団内部の結束は保たれる、というか、日本の利権回復を目的にしている人(あと、カオスが好きな人、というか主に記者とか記者とか)は何ら問題なくまだゼロに付いて行くから大丈夫。但し、揺れている組織内部は何とかしないといけない。細胞分裂良くない。士気の乱れ良くない。皇女との理想被りは良くない。不利過ぎる。


けれども、理想が(見た目)同じなら、話し合って意見の一致を見れば問題ないということでもある。
ルルーシュの長期的目標をユフィにわかってもらえれば、協調も可能なのではないかと思われる。
協調関係ができるとして問題は、
①ルルーシュがユフィの特区宣言に激怒してしまっていること。
②ユフィがルルの「ぶっ壊す!」思想は嫌がりそうなこと。
③ピカレスクロマンで一旦終結を迎えるまで後3話しかないこと。



ルルがユフィに対して怒ったのは、ユフィがその言動が善意に基づいているとはいえ、権力を振りかざして上から自分たちの行動を支配したこと(居場所を簡単(少なくともそう見える)に奪って行ったこと)に対してだと思われる、たぶん。更に、ユフィに「悪気」が無いことを感じ取って、「持つもの」と「持たざるもの」の差を当たり前に突き付けられたことで、久しぶりに「自己への無力感」を感じ、怒りが増大したかもしれない。
つまり、ルルの怒りは"権力への拒絶反応"によるところが大きいのではないかと。ルルは権力があるところから、ないところまで権力の負の面だけ背負った状態で蹴り落とされ、双方の状態(実態)を良く知るが故に、どちらに属していてもそれ個人はただの固体に過ぎないのに馬鹿馬鹿しいーみたいな、拒絶反応はより大きいと予想されます。


それで、権力への拒絶反応があるのに、何故ゼロやってるのか(権力を得ようとしているのか)なんですが、これは矛盾しているようでそうでもないと思われ。色んな事象の結論を導き出す色んな要素の中で、手段としての権力の効果評価と認識度が大きい(つい意識を向けてしまう)為に、特段権力が欲しいわけではないけど、権力に対抗するには権力が必要だと思ってそのまま行動しているんじゃないかと。
つまり、ルルがガツガツしているのは、やっぱり若本皇帝の所為です。責任を取ってください。あ、意図的でしたっけこれは失礼。良かったですね。ルルが「居場所」を危機管理しまくるのも皇帝の所為だしね。奪われたことがあるから守らなきゃと必死になる。


この辺に関しては、ナナリーに失恋(スザク奪われ)の雰囲気を感じたのは更に怒りを煽ったよね。落ち着けよ。この男、本当にナナリー第一主義である。
ちなみに、個人的には、ナナリーからスザクへの感情は「恋心」まで行ってなかったと思う。どの地点から好きが恋に変わるのかで判定変わるけど。少なくとも、本人が「これは恋だ」と認識した時点が恋の始まりだと仮定すると、まだ恋心ではなかったということで。この辺、諸説あるだろうけど。
なんかねー、認識していたとすると、ナナリーはスザクにきちんと伝えると思うんだよ。ナナリーは謙虚だけれども、決して自分に自信がない子ではないから。だって自信がなければ不動心は発動しない(16話)と思うから。ていうか、さり気無くお兄様のおててを握って慰めていたナナリーは最悪(?)ゼロ=ルルに気付いてるんじゃないですか? やたら察知能力高い雰囲気。


あとは、プルプルしてナナリーに慰められてたルルは、ユフィが結果としてスザクを持って行った形になったこと、それ自体は本人たちの同意の上だし、責めるべきことでもないと理解してはいたんだけど、それがタイミングの所為とはいえ、自分が行動しなかったこと(ナナリーの騎士になって欲しいと言わなかった)が招いた結果であることが引っ掛かったんじゃないかなーと思わないでもない。
本人がそれを認識している、いないに関わらず、何とかできたかもしれないのにしなかったので悔いが残ってる状態。だから、ユフィに怒ると同時に自分の不甲斐なさに怒ったような気がする。しかし、気の所為かもしれない。いや、気の所為でも問題ないんだけど。


それで、話を戻してルルのお怒りの原因が総合してそうだったとしたら、ユフィが「権力を振りかざしてしまったこと」に気付くことができれば、もしくは気付いていれば、ルルの怒りは結構アッサリ収まるのではないかと思われます。これに対しては、ユフィは「気付いたら我侭ばかり」(20話)と自分で言っていたので、最近調子良くてダッシュして死亡フラグを立てまくってるけれども、そのことによって格段に周りが見えていないわけではなく、ルルに説教される前に気付いてるんじゃないかと思わなくも無い。「私は皆が幸せにならないと嫌なの」も傲慢で我侭だとわかっていて言っているんじゃないかと思わなくも無い(ユフィはお花畑かと思いきや、やっぱりそうでもなかった説)。
…いや、やっぱ前回だけ特別お花畑風に描かれてたんじゃないかと思って。前回はアレだったけど、それ以前は、そんなにもう徹底的に駄目な考え無しの人というわけでもなかったと思う。


たしか、やたら悩み多き人だったよね? ルルが権力に振り回されているように、私も脚本に振り回されていたかもしれない…と、今回のやたら意図的にルル視点に誘おうとする本編を見て気付いた。Sの人、あざとい。
まぁ、それでも、現場の実態も行政もわからない人が、夢と理想だけで走っているという、助けてダールトン! 状態であることには変わり無いんだけれども、でも、対ルルには"謙虚さ"があれば十分だと思う。その辺はルルも感知するところなんじゃないかと思うし、何よりルルは真っ白で綺麗なユフィが好きだったんじゃないかなぁとドリーム全開の私。
だから、ルルはユフィが行なった権力の暴力に嫌悪感を示しただけで、「あ、暴力じゃなかったぽ」とわかれば、このぬこはヌルいので尻尾を掴まれてアッサリ落ちるのではないかと…甘いか。


「ナナリーは、『私はお兄様と一緒なら、それだけでいい』とか言ってたけど、それ以外のことも満喫して欲しいの(善意)」
「ナナリーにもっと自由に外に出て自由に過ごして欲しいの(善意)」
「私もナナリーと沢山お話したいの(善意)」
「特区はナナリーが喜ぶと思うし、ナナリーにも良い環境になると思うの(善意)」
「全てはナナリーのために!(超善意)」
兄は落ちるのではないかと…甘くない気がする。



その辺は、黙ってさり気無く暗躍するしかありません。たぶん、できると思います。まぁ、ユフィにナナリーを預けられる(幸せの箱庭を対外的には堅牢な城に成長させる)分だけルルは自由に動けるかもしれません。あの人はポジティブシンキングなので、大丈夫だよ。



何をどう考察しようと、「ユフィ終わった…」にしか辿り着かない。この世は無常ですね。大丈夫、ハンカチは先週から用意してあるから何時でもどうぞ。


なんだかなー、何処が選択肢分岐点だったのかなーと考えたら、今回の突風以前に、サバイバル無人島ですね。ルルとユフィは無人島で一晩一緒に居て、大事なことは何も話さなかった。あの時点で、「何故ゼロになったの?」⇔「何故スザクを騎士に?」これを話し合っておけば、特区宣言は無かったかもしれないし、あったとしても互いの気持ちが見えやすくなるのでルル様に爆弾状態は起きなかったかもしれない。
まぁ過去のことをなんだかんだ言っても仕方ないんだけど。そういや、ルルとユフィは無人島で過去の話ばっかりしてたよね。つまり、谷口監督は未来志向派ということですか。


ということは、扇はヤバいですか? あの人、伝説の木の下で告られたので、もう特区に参加すればいいじゃん! とか言い出しそうでひよったか扇ー。周りに盛大に痛いほどに駄目出しされるだろうけど。
しかし、扇がその言動をしたとして、扇は元々奪って勝ち取る思想の低いというかほぼ無い人なので、そっちに流れるなら流れるで、それもまた真かなと思います。邪まだけどな。
でも、邪までもその考え自体は悪いことではないよね。


扇がヴィレッタを確保した最初の理由は「ゼロについて知りたい」だったけれども、既に変わってきてるし。変わっていなかったら、扇は今回思いついたまま、リフレインをヴィレッタに使うする(RPG)だろう。
しかも、扇の判定で組織全体の行く末が決まるならまだしも、扇の判定は、ほぼ扇にしか影響を与えず(そりゃ旧メンバーには心理的に微妙な影響は与えるかもしれないが、大勢は変わらないだろう)、それなら扇は、自分の決定の責を自分で負うというだけの話なので、素直に生きれば良いんだと思う。羽ばたけ、扇ー、20階建てのビルの屋上から。恐ろしいくらいに死亡フラグ。あんまり美味しい目をみると飛び降りる以前に蹴り落とされるぞー。


ちなみにヴィレッタの「どちらの私が幸せ?」なる問いは、ヴィレッタが比較しているのは「以前の私=ブリタニアの騎士侯だった私」、「今の私=扇の元で平穏に暮らしている私」なので、実際問題として本人が両方知っていないと選べない。というか、これは、むしろ選ぶべきものでもないと思います。
その両面は両方とも自分なのだから、強いて言うなれば、両方の要素が自然に発揮されてバランスが取れる状態が"幸せ"であると思う。そして、それがそのまま周囲に受け入れられれば文句は無い。要するに、みんなツンデレのヴィレッタを愛すればいい(何)。だから、略してツンデレッタをみんな愛(オヤジギャグ禁止)。


あの、選ぶ必要があるのは「自分の生きる場」であり、自分自身の一面ではないよね。過去を思い出したヴィレッタが、現在の状況を鑑みて、「えー!?」と思いながらも両方の自分を認めたとしても、生きる場は選ばなければならない。それが問題。現段階のギアス世界では、扇と落ち延びるルートと軍復帰ルートは絶対に被らないし困ったもんですね。
しかし、どちらにしても、一回り大きくなったヴィレッタが見られることは間違いない予感。思い出した時点でミックスされるから。
個人的には目標に突き進む彼女の方が今よりずっと輝いていたように思うので、軍に戻るヴィレッタが見たいのですが、しかし、指に蝶が止まってしまう位穏やかな今の状態の方が精神の安定は得られそうだよね。でも思い出してしまったら物足りないんじゃないかな、とも思う。


その問いを扇に投げかけたのは良かったと思うよ。この先ヴィレッタが過去ヴィレッタの部分を取り戻したとしても、そこは扇だからこそ受け入れられるんじゃないかと思う。強烈に吃驚するだろうけど。良い人ですから。でも、そんなことになるとオレンジが可哀想。久しぶりに出てきたと思ったらオレンジの液体の中でオレンジ漬けの様相を呈していたオレンジは空気読んでないようで読み過ぎだと思った。さすがオレンジ、セリフがなくて可哀想。
ところでオレンジジュースは何時開封されるんですかね。扇とヴィレッタが「あらしのよるに」の第6部に入った辺りかいな。そりゃ手遅れだ(私が知っているのは小説版のENDです)。


「祭りは必要よ、どんな人にもどんな時でも」
「祭り」と「あらし」は似てると思う。
日常空間を非日常的空間に変化させ、細かいことを吹っ飛ばして人を自由にするという意味で。逆に言うと、それは人が日常でどれだけ縛られる必要のないことに縛られているかということを表してるとも…そんな難しい話じゃないですか。「あらし=記憶喪失」中に出会ったから扇とヴィレッタは伝説の木の下に辿り着いたなぁという話なんだけど。まぁいっか。
何にしろ、ミレイみたいな人が付近に現れたら私はものすごいアプローチかけるわ。ルルーシュに学祭仕切らせてるのは、自分がピザに挑みたいからというのもあるだろうけど、人材育成も兼ねていると思う。ミレイは既に学園を出る準備を進めているんじゃないかな。プリンには勿体無いですね。伯爵もある意味、貴重ではあるけれども。


ロイドの「異性という感覚が無いが、概念は知ってる」というのは、「異性という概念は知らないが、感覚はある」よりは格段に良いです。17歳はピコハンの柄を折るほどストレスを溜めてたけど。
「諦めろってことかもしれませんね、いろいろと」は、別に爵位を諦めるということでなく、ロイドに感覚がないのは諦めるという意味に取りました。いいよ、楽だから。ナイトメア目的でもいいと思うよ。


ていうか、ルルがナイトメアを操縦できるのは、マリアンヌの影響だと思っていたのですが、実はピザを回していたからですか…馬鹿な! 馬鹿な! と思ったので、たぶんこっちがコードギアス的に正なんだと思います。…orz 黒い。…去年ピザ回しの為に、必死で事前練習と脳内シミュレーションを繰り返したに違いないルルを想像して癒されようと思う。アイツは馬鹿な目的にも全力で取り組むよ。プライドに懸けて。


そんなもの(すいませんミレイ様すいません)にプライドを懸けるより、出席日数を数えろという話だが。ルルーシュは、「しまった! 騎士団活動に必死になり過ぎて出席日数が…! …まぁ補習を受ければ良いだけのことだ(ポジティブ思考回路)」とか流れた予感。お前、付き合ってくれる先生に謝れ。全力で。
あと、スザクはルルーシュが何でそんなことになっているのか気付け、いい加減に。…スザクがルルに気付かないのは、自分の知っている「7年前のルルーシュ」にゼロが被らないからだろうけど。カチンコチンですね。


でもカチンコチン度が緩和されてはきてた。補習空間にいないなーと思ってたら硫化アリル充満空間に現れたカレンに対してスザクが柔軟な対応を示していた。
これは、ユフィとの関係の深まりによる好影響ですね。よろしゅうございました。ルールは所詮人の作ったものですので、適用範囲外もあるし、想像の範囲外もあるし、それ自体が時間と共に時代にそぐわなくなってるが、認識されずに放置されているものもあるんだから、それくらいのユルさは持っていて良いんじゃないかと思われます。
誰かに何かのルール破りを認めた以後は、常に、どこまで認めるのか、誰に認めるのかの許可、不許可ラインを自分の脳内で考えていなければならなくなるので、多少のルール違反には目を瞑る人の方がいいんじゃないかと思っています、個人的には。…何の話になってるんだかー。えーと、今日も8割方右から左にーの感覚でお願いします。
ちなみに、何も考えずにその場その場で線引きが適当な人は問題外です。玉城が官僚になるのは問題外です。支配前の日本の状況だったら、おそらく、なろうとすれば、なれたのではないかと思うけれど、なって欲しくはない。ごめん、玉城。


それでカレンに戻るんだけど(玉城放置)これは、スザクのかたくなさが緩和された影響で、カレンのワンコ度が減少する仕組みなのか。いいんじゃないですか。
ていうか、カレンは、軽いけど暑いぬりかべをやらされている時点で、ルルーシュの自分認識に気付いても良いのではないかと思われます。どう考えてもそれ、病弱な子にはさせないだろ。ぬりかべ適役だったけど。ていうか、アレ、通行人はぬりかべにビビッてたというよりカレンの剣幕にビビッてたよね。ほんと適役。ルル心の中で笑ってるわ。アイツ、悪いわー。


つか、ルルのクーデター側に繋ぐ電話は、後ろの祭りの雑音で所属がバレるんじゃないのかと不安にならないこともないんだけど。相手はカオス記者だよ? でも、あの場にいたことに気付かれても、後付でユフィを張っていたことにすればいいし問題ないですね。
それより、騎士団の人たちはのほほん学園祭の背後で何をしていたんですか? 全てが未遂に終わったみたいだけれど、ディートハルトが首謀者になってスザク暗殺を試みようとしていたということでいいんですか? ルルが学園祭でフワフワしている内に。
まぁ、暗殺計画が決行されたとしても一般人がスザクに生身で(も)勝てるわけが無いから、結論失敗、故に計画はなかったのと同じことか。スザクはナイフもピストルの弾も機関銃の連射も華麗に避けるよ。サッサッ。明らかに人外だよ。


スパイだった咲世子さんはOPでひたすら印象付けされていたのとDVDの冊子に、なんか郷愁めいたセリフが述べられていたのとで、全然驚きませんでした。印象付け怖い。
それで、咲世子さんの進退なんですが、ルルナナの保護(やるべきこと)と黒の騎士団活動(やりたいこと)は彼女にとって別枠なので問題ないよね。どちらもやる。
咲世子ルートでディートハルトにルルナナ皇族バレしたらマズいけど、それを知っていたら手を出すと思われるカオス記者が、現状で手を出してないということは、イコール知らないということ、つまり、咲世子さんはルルナナの秘密も守っているということで。
でも咲世子さんが騎士団でC.C.を確認したらヤバいような…でも、タイミング良く会わなければいいのか。それくらいするよね。
何にしろ、咲世子さんが表に出られて良かったよ。
あとは壁子さんの為に、壁が崩れるのを祈るのみだ。


次回のルル予報。
「こんなはずじゃなかった」
以上。


そういや、○週間の時を経てモザイクカケラを聴いたんですが、歌詞に意見の一致を見て、なんだこれはー! してた、今頃。本編で流れてないところの方が重要だった。そんなん、私がごく主観的に一致しているように見ただけかもしれないけど。とりあえず、なんか、お前は騎士団応募葉書出す為だけにCD買ったのかよ…! みたいな状況に陥っててごめんね。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |





▼ コメント

相互リンクありがとうございました
お久しぶりですPOWDER+α管理人のぷらちなです

この度サイト閉鎖することになりましたので申し訳ありませんがリンク削除の方お願い致します。長い間お世話になりありがとうございました(ぺこり)

それでは今回は挨拶ということで失礼します
2007/04/22(Sun) 16:39:17 | URL | ぷらちな #dvTnENZw[ 編集]
>ぷらちなさん
こんばんは~。
こちらこそ長い間、相互リンクな関係で居てくださってありがとうございました。それから、閉鎖のご報告も…微妙に連絡の付け辛いサイトですみません。

サイト運営お疲れ様でした。
広いネットの世界、また何処かで会いましたら、宜しくお願いします。
2007/04/23(Mon) 00:18:11 | URL | 香月りんね #Vhn8oodI[ 編集]

▼ コメントする

秘密にする
 

▼ トラックバックURL

▼ トラックバック

▼ SEARCH

▼ PROFILE

香月りんね

▼ SITE-CONTENTS

▼ CATEGORIES

▼ RECENT ENTRIES

▼ CALENDAR

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

▼ ARCHIVES

▼ COMMENT

▼ TRACKBACK

▼ ETC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。