▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |





▼ 経過を書いておこう

不調はスルーせずに早く病院に行ったほうがいいよという一例です。


5月25日(水)
「車酔いだ、風邪だ」とスルーし、一日放置の末、冷汗かきつつ入院。急性胃腸炎と言われる。
点滴液漏れ攻撃。

5月26日(木)
入院二日目。
点滴液漏れ攻撃。

5月27日(金)
入院三日目。
点滴液漏れ攻撃。夜微妙に腹痛。看護婦さんに伝えはするものの自分では「寝すぎだ」とスルーする。
5日の予定だったけど「もういいと思います」と退院。
(何しろ一番辛いのは点滴漏れ攻撃だった)

5月28日(土)
ひたすらお腹が張る。ちょっと息苦しい。
「たぶんいつもと違う生活をしていた所為よ」とスルーする。

5月29日(日)
ひらすらお腹が張る。息苦しい。右下腹部が痛い。
「きっと生理の前よ」とスルーする。

5月30日(月)
ひたすらお腹が張る。かなり苦しい。腰痛が出る。生理痛が出る。目の充血。
生理が調子良く始まるまで丸一日以上かかる。
「目はコンタクト、後は全てを乙女の日に所為にし、一日かかったのはきっとエネルギーが足りていないのね」とスルーする。

5月31日(火)
ひたすらお腹が張る。ファスナーが締まらない惨事。立ったり(腹痛)座ったり(腰痛)を繰り返す。目の充血。何時も初日で終わる生理痛が継続する。トイレに通いまくる(効果はあまりない)。フラフラしながら会議補佐する。任務を終えた後、限界だ…とさり気無く部屋を出て誰も居ないのをいいことに受付で休憩する。もう誰も私に触れるな状態。
微妙過ぎたので、昼に例の産婦人科の予約を取る。血液検査異常なし。
「乙女の日の所為ね!」ということで先生と意見が一致する。安心してスルーすることにする。
あと、25日の検査は、白血球数はともかく、赤血球数は機械の故障だったと謝られる。なーんだ☆その所為か、あんまりお金を取られなかった。良心的。

6月1日(水)
ひたすらお腹が張る。腹痛。背中を伸ばしているのに腰痛。目の充血。倦怠感。
「乙女の日の所為ね!あと、あんまり動いてないのが良くないと思う」と全てをスルーして美容室に行ったりする。途中できもちわる…と思いつつ、「いつも眼鏡?」と聞かれたので「やー、何か目が充血しててコンタクト入れられないんですよねー、アレルギーの季節かしらー」とか話す。
とりあえず、コンタクトレンズを洗浄しようと思い(物理的)、洗浄剤を買いに薬局に走る。その後腹痛で体操座りの刑。しかし、「お風呂で温めてみよう」とかやりながらスルーする。
あと、眼鏡外してて見えてなかったんだけど、後で鏡見たらレイバレカットになっていて吹いた(髪が多くてシャギーがあんまり見えないとくるくる巻かれた為)レイは間違いなく毎朝巻いていると確信する。

6月2日(木)
お腹の中が常に動いている感じ。側腹部痛。不快感で夜目が覚める。腰痛。倦怠感。時折寒気。
「倦怠感はエネルギー不足ね!他は乙女の日の所為ね!しかし長いな!」とスルーする。

6月3日(金)
お腹の中が常に動いている感じ。むしろ痺れた感じ。側腹部痛、腰痛で吐き気。倦怠感。時折寒気、脚痙攣。目の充血。というか気付いたら白目が黄色がかっている。腹は空っぽまで下す。しかも乙女の日は生理痛だけ消して終わった。原因の拠り所がなくなってさすがにビビる。副作用について思いつく。
こんな時こそネット検索だ。
腹が…と思いつつギリギリで職場から家に着く。しかし、鍵を忘れて中に入れず締め出される。動けない。家人はあと3時間は帰ってこない。友にメールを送って不安を紛らわせつつそろそろと動いて、隣の家のチャイムをピンポーン。「締め出しくらったんですが、ちょっと体調悪いので休ませてください」と頼んで保護してもらう。感謝。
3時間後やっと家に入れた。ネット検索の感じ、副作用に触れている予感。とりあえず、薬は飲まずに寝る。とにかく寝る。

6月4日(土)
とりあえず腹下しは治まっている。昨日よりマシだが病院に行く。盲腸を心配される。血液検査はシロ。てゆうか、血液検査用の血が普通に採れずに力入れて抜いて自力ポンプ形式が適用される。
素人判断は嫌がられるだろうから、先生に極めてさり気無く副作用話を振る。
案の定「それはないだろう」と言われる。
でも心因性だと思われようと何だろうと、とりあえず薬は変えてもらえたので良しとする。
つーか、このまま薬絶ちで症状改善されたら、私もうあの薬一生飲まんわ(処方箋なしで売れる軽いのが薬局に売ってますよ)
帰りのバスが40分待ちでおひさまにHPを奪われる。田舎の交通機関恐るべし。



そんなこんなでこの間に2キロ減りました。



私の不調をあのMSから吹っ飛んで落ちた癖に骨折どころか外傷さえなく、あっさり意識を取り戻して悪態ついている丈夫なフラーガに分けてさしあげたい。まぁ宇宙で爆散しても生きてたので当然といえば当然か。
つか、昨日はるさめさんと「ネオなんて点滴で故意に血管外されてしまえばいい」とか盛り上がってたら、はるさめさんちのTOPが颯爽とひどい目に遭う寸前のネオになってて萌えた。やっぱりネオはマリュには謝るべきだと思う(記憶がありませんから)
ネオはもう態度を改めるまでマリュによる点滴外し攻撃とキラによる座薬攻撃くらいでいいんじゃない。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ コメント

▼ コメントする

秘密にする
 

▼ トラックバックURL

▼ トラックバック

▼ SEARCH

▼ PROFILE

香月りんね

▼ SITE-CONTENTS

▼ CATEGORIES

▼ RECENT ENTRIES

▼ CALENDAR

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

▼ ARCHIVES

▼ COMMENT

▼ TRACKBACK

▼ ETC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。