▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |





▼ 33.示される世界

優しい~貴方は~遠い~所へ~ 色褪せぬ~永久の愛~誓ったばかり~に~…暴落するシンの株価


J●SRACは勘弁してください。どうでもいいけど、J●SRACとJ●SDAQはすごい似てるよね。時々、どっちがどっちだったか困惑する…。
というわけで、シンたんは何をトチ狂ったのかステラの遺体をどこぞの湖に沈めてしまったわけですが、宜しかったのでしょうか。
北国と言えども雪解けは来るものです。あの地域が優しさと光の溢れる世界へ帰る頃には、重石を付けなかったステラの身体は腐乱して湖面に浮かび、ステラの体内に残留していた薬物で湖の生態系が狂う予感(まさか)
その頃、生態系破壊の原因を作った当の本人であるシンは何してるかっていうと死体遺棄の罪で逮捕されているわけですが、シンのことなので刑務所の中で「ステラ…春になったよステラ、暖かい世界に帰れたかい」とかキュンキュンしている、あの子、これまでの行動から算定するに反省はしない予感。で、そんなシンを相手取って湖の周辺住人が、環境権を唱えて訴訟を起こすわけです。たぶんDDTあたりが生物濃縮されたんだと思う。シン的には完全に想定の範囲外で吃驚ですね。大変なことになりました。んで、種世界では何時壁を破ってMSが突入してきたり、ヨップみたいな(駄目っぽい)暗殺者が(でも)あっさり建物に侵入してきたりするので、務所の中も安全とは言い難い。まぁそんなわけで案の定、討ち入り隊が侵攻してくるんですが、しかし、その混乱に乗じて逃げるシンたん。スーパーエースなので脱出には成功。それで、この手錠で拘束されたままのシンを誰に拾ってもらおうかというところなんですが、ここで私の興味が逸れて思考が停止したままです。振り返ると実はすごい可哀相なところでシンが放置されているので、適当に誰かに拾われるシンを想像してあげてください(何ですと…!)


つーか、この埋葬シーンはほんとは泣けるシーンなんじゃないかと思うんですが、あまりの唐突っぷりに吃驚するばかりで涙は何処へ消えたのか。何か、脚本作成時にまず「ステラを水に沈める」シーンありきの予感がもりもりした。まぁあんまり色々描いても散漫になるし時間も足りないだろうから、限定もいいのかもしれないけどこれはちょっとピンポイント過ぎる予感。なんか6時になった瞬間デート始まってるもん。水没フラグは何時立ったのか(先週か?)エアリスも蘇るとか何とか聞いたんで、ステラが黄泉返りを果たす確率も0ではないような…(そんな馬鹿な!)


でも実際そんな馬鹿な!現象をものともせずに、宇宙でMSごと爆散してマリュを泣かした約束破りの人があっさり帰ってきてたんですが。…なーんだ、やっぱりネオはフラーガってことになったんだー…おもしれー(ニコニコ)じゃなくて、丈夫過ぎるにも程があるだろうよ…!(震)しかも先週だって爆発寸前のMSからジャンピングしてえらい遠くに着地して衝撃を受けたはずなのに、目立った外傷もなく骨も折れず内臓も破損せず、更に脳震盪も軽かったのかあっさり目を覚まして「大佐ですから」とか「一目ぼれ?」とかなんだこの軽口叩きまくりの捕虜―!…私、二年前にもこんなの見た気がする(激しくデジャヴュ)属性が近い…というか性格特性が被りまくってるよディアッカ(金)とフラーガ(金)…。OPでマリュとネオが銃を向け合ってるシーンは完全なイメージ映像だったように見えて実は、
ネオ「どうした美人さん?一目ぼれでもした?」
マリュ「こんなロン毛知らないわ」
とか
ネオ「どうした美人さん?バカなナチュラルの彼氏でも死んだのか?」
マリュ「じゃあ、ここで殺ってあげましょうか」
みたいな感じで、あの白い病室でマリュが一方的にやったと思う(ミリィを継ぐもの)それでドキドキ綱渡り錯覚効果で更にネオの愛情値が上がったりね。多分、不測の事態が起こらない限り4クール目ではラブラブに戻ってるよあの人たち。記憶なくしても好み変わってないよあのおっさん。おめでたいことだな(by隊長)まぁ、そんなこんなで、あの、感極まって泣いて飛び出したマリュは結構目の錯覚だと思うんですが、とりあえず不遜な態度満載の約束破りフラーガは点滴漏れと座薬の刑に処したので喧嘩両成敗ということでどうだろうか(8割方脳内、てゆうか喧嘩はしていない)。


キラ様「でもアレはムウさんなんです。だから、僕は」
先週、即行で道端でエロく倒れているネオを拾いに来たマリュに謎を感じたんですが、キラがムゥさんだと感じたので優しく甘噛した上、「ムウさんの予感…!拾って置いてください」と通信出しとったのかな。一生の恩人だな。毎朝拝め。


アスラン「おい!何で研究とかしてるんだ!?」
シン「強いからです。俺の知る限り、モビルスーツで一番補正が掛かってるのはこいつです」
レイ「シン頑張れ。お前の言っていることは正しい」
アスラン「でも、だって、キラは敵じゃないし!」
シン「アァ!?何言ってんですか!」
レイ「何故ですか。根拠は何処にありますか」
アスラン「だって、そこはほら、キラだから!キラがキラである限り敵じゃないんだよ!」
レイ「しかし、自由はダーダーネルスでは本艦を撃ち、我らが同胞、ハイネもアレの所為で星になったのです」
シン「そうだそうだー!」
アスラン「いや、あの…俺もハイネと連動させてキラを回想しまくったけど、実際斬ったのはガイアじゃなかったか?俺の記憶違いか?」
レイ「そんなことは結局はどうでもいいのです。敵か味方かわからない…備えあれば憂いなし。頑張れシン」
シン「うん、頑張る。俺、頑張るからね、ステラ…!


アスラン、ダメーーーーーーーーーーー!(笑)
これはもうミネルバ内の人からかなりの勢いでヘタレの烙印を押されてますね(まぁ実際ヘタレだからししょうがないんだけど)そもそもフェイスであること自体、アスランがあまりにも権限を行使しないのでウッカリ忘れそうだもん。てゆうか、あの人もしかして自分でも忘れてませんでしたか。大丈夫ですか。なんか回想のし過ぎで現実がおろそかになっていたのか何なのか、ルナマリアに言われていきなり権力に目覚めたような顔をしていたように見えたんですが(ガクブル)ついにジーク・ザフトの時代が…(こないよ・即否)でも、実際フェイスの権限がどげなものなのかここまで来てもちっともわからんのですが…「作戦は上が決めること」ってフェイスは上なの下なの自由なの?…基本的に自由なんだろうなー、アスランが流されているからわからないだけで。それでルナマリアは一体何時まで包帯なんですか。止めませんけど。あと、ルナが「誰かアスランに言ってやって…!」と思っていたことをピンポイントで述べてくれたので驚きつつ好感度があがった。常識の適用の無い種世界にあってルナマリアとタリアは比較的わかりやすいです。
それで、話が逸れたんですが、自由倒したい→自由強い→研究する、なシンたんの行動、それ自体はすばらしいと思いました。問題は、行動の原動力が「自由がステラを、ステラを殺した…!」という極めて私怨で、しかも怒りの矛先が甚だしく勘違いな方向に存在するということなんですが。ちっとくらい「俺が帰した所為でステラに大量殺人の罪を犯させてしまった…」とか自分の非にも目を向けてくれるとありがたいんですが、脚本がそれを許さない模様ですね。…うん、なんつーか、その辺脚本に還元してしまってあまりシンを責める気にもならないんですが、逆に脚本が描いたシンがシンの全てなんだと考えたらそんな判定はできんなぁと。しかし脚本が(エンドレス悶々)とりあえずシンはアスランを虐めてくれるといいと思います。レイは、いきなりクルーゼ色を出してきましたが、今19話を見返したらすごいギャップで悶えることが出来ていいと思います。レイはシンの煽り役を仰せつかっているんだと思うので、策略と友情の狭間で揺れ動くといいなと思います。顔に出ないかもしれないけど感じさせてくれればそれで…(難題)


そんなレイに密かに指示出ししているであろう議長なんですが、また話が長かったですね。
【議長】(連合の行動の不条理さを述べる。ザフトは受身で悪くないと述べる)
●連合の新型巨大破壊兵器が勧告も無しに攻撃を始め3都市を焼き払った。
→ザフトは仕方なく防衛戦をした。
●連合の攻撃の目的はザフトの支配からの地域の開放だった。しかし、住民を都市ごと焼き払うのは解放じゃないよね。
→そもそも、ザフトは支配でなく連合に異を唱え対話で平和を得ようとする人々に人道的支援をしてただけで支配とかしてない。

【ラクス様】(さり気無く非を認めてそのまま感情への呼びかけに入り、誰もが納得するセリフで盛り上げる)
確かに始まりは我々の同胞の罪だった。みなさんごめんなさい。でもこのままでは駄目ですよね。憎しみの連鎖の辛さを私達はもう知っています。もういいじゃない対話で平和に帰りましょう。だってそれが全ての人の真の願いのはず。
【議長】(盛り上がって民衆の理性が薄れたところで華麗な論点すり替え)
というわけで、我々は平和に帰りたいんだが、邪魔するものが居る。それがロゴス。
あいつらが戦争を助長してる、というかむしろ推奨しまくっている。だから戦争が終わらんのだ。
つまり我々はロゴスを倒せばいいというわけだ。


ジブリかわいそー(ニコニコ)


議長はベタで完璧だったと思うよ。しかも取ってつけたようなコーディvsナチュの目くらましな落ちがとても素敵だった。疑う者無く熱狂蜂起する民衆はどうなっているのかと思ったけど。戦局が疲弊するとデマゴーグに操られ易くなるとは思うけど、そんな疲弊してたっけ?みたいな。それともラクス様ブランドが偉大過ぎるだけなの?あーあよくわからん方向に示された世界だこと。でもストーリーは落ち着くんじゃないかと思う。でも落ち着いたら面白くない気もする。矛盾も迷走も無いデス種なんてデス種じゃないから。


しかしフリーダム及びAAを邪魔者扱いすると後で酷い目に遭うと思う。気をつけて、議長!あの集団のバックには製作者という強大な権力が付いていますから。


で、そんなフリーダムを落としそうな勢いのシンが予告に映ってたんですが、実際落とすんですよね。そこにきて、副題が「悪夢」ってのは、自由を衝撃が落とすことが悪夢なんですか。そりゃあいくらなんでも主人公シンが不憫だろうよ。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ コメント

▼ コメントする

秘密にする
 

▼ トラックバックURL

▼ トラックバック

▼ SEARCH

▼ PROFILE

香月りんね

▼ SITE-CONTENTS

▼ CATEGORIES

▼ RECENT ENTRIES

▼ CALENDAR

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

▼ ARCHIVES

▼ COMMENT

▼ TRACKBACK

▼ ETC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。