▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |





▼ ごめん

種感もう少しかかりそうな予感。他の予定がズレ…た…orz


なんだろなー、ちょっと本気でやろうか(種感じゃないけど…ある意味ごめん)と思うと結構躓くというか不測の事態が起こることが多いような気がするんですが、何なんだろうな。


小学校の運動会の前の日に遊んでたら脚を掴まれたままステージから引き摺り落とされて、腰を強打し、余裕でやってた逆立ちが困難になり必死で練習したとか(小学生にしては忌々しき事態だった)まぁそんで練習しててウッカリ時間を忘れ、運動会当日生まれて初めて遅刻。
高校入試では大雪で2分前に駆け込みする(田舎ですから)
高校の試験勉強期間中には家の前の工事してたらもう終わるというところで工事人が誤って水道管破裂させ、長々と騒音。その他、家の前で選挙演説が公職選挙法違反の時間まで続いたり。あと、当日に突然高校への電車の信号機が故障し、たまたま緩い試験管に当たり、「15分遅れまでルール上大丈夫だ」との言にそのまま試験を受けたものの、さらにたまたま制限時間いっぱい必要な科目に当たってしまっており、結果が普段の10点落ちで教師に心配されてみたり。
センター試験では角一番前で日光に照らされつつ試験管に一日中ひたすら目前でフラフラしながら物見遊山に見張られ、純粋だった私は、邪魔と言えずに集中力に欠けたまま受けて結果を担任に怒られてみたり。
二次試験に至っては一校は受験票があろうことか誤送されて手元に届かずに、大学に電話したら緊張の当日に1時間早い出頭を命じられ、試験当日職員室を探して学内をフラフラ、そしてその場で受験票を作成。
高校の百人一首大会は決勝の前日に一年以上出したことのなかった熱を出し、2位に終わる。
修学旅行は旅行先で腹を下す。
大学では、レポート書くぞー!…博多駅水没で帰れない。ピンポイントで学校と家への両方の道が閉ざされる。
一時間待ちのバスなんて何度目前で出発されたかわからない。
最近では入社試験でちょっと勉強してみようとしたところ、2週間前辺りで腱鞘炎を勃発、ちくしょー!と思いつつ、鉛筆がマトモに握れないまま根性で受けることになる。1点足りずに落ちる(←馬鹿)


とかその他色々地味なものの積み重なり…まぁでも他人の人生経験してないので、これくらい普通なんだと思う…何事もなく終わったものもあるし。
しかも↑くらいどってことない人も居るよねー、今起こっても悔しいけど当時程は重く受け止めないというか仕方ねーとスルーしちゃうものが多数だし。まぁそんで、書いてるものからも推測できる通り私、基本的に真面目でお堅かったんですよね、あと計画通りに事を進めて達成された時に満足感を覚える、これは今も昔も。買い物とかでも脳内予測通り最短距離で10件回れると今日はいい日だったと達成感(そんなことで…)


実際こりゃ駄目だと1年くらい意識的にユルく生きてみたんですが、それも合わなかった。アレコレ本気度を下げてみたり、時計を極力見ない生活をしてみたり、睡眠時間も適当にしてみたり、あと、上司がすごいファジーだったので、これくらいのユルさも必要だ!と出来る限り認めて合わせてみたり。そしてそれら全てを行なうユルい自分を認める運動を繰り広げたわけです。
しかし、本気じゃない行動はどこか空虚で、時計を見ない行動は時間にプレッシャーをかけられない分一日に出来る行動量を減少させ、睡眠時間の減少は明らかに体力の低下を伴いました。そんで、ファジーへの同調は予測して防げる突発的事項まで全部引っ被る結果に。例えば、完成品が満足の行かないラインで止まったり、無駄に時間が掛かったり、訂正が後で死ぬほど上から降って生じたり、何故か時間外労働が増えたり。それが当たり前と思われるようになっていたり。挙句「計画性が無いことは罪だ!」とか言い出した。半分冗談ですが(でも半分本気)
あのさ、向上心高い系成功本と楽に生きる系の啓蒙本あるけど、真ん中抜けるのが良いというか、適宜場合に応じて適当な方を選ぶしかないんだと思うよ。難しいけど。


で、上のを全部抜けて来てどうなったかって、割り切り度が上がり、且つ、口が悪くなりました…事態的に仕方ないのもあるけど、受験票来ないの辺りは「当日はヤダ」とかその場で言うしよ。間違いなく。…というか、その場その場でイケる!と思ったら理由付け反論が飛び…前100質で書いた「お前は明智だ!」とか言われたのはこの辺が深く関与しています。でも、ファジー体験で予測外の出来事のダメージから抜けるのがかなり早くなったというか、流すコマンドと方向訂正コマンドが付いた。収穫でした。
現在、何か起こった時は、外部からどう思われるかよりも、自分の行動で自分をどれだけ楽にしてやれるかを考えた方がいい、全人類に好かれるなんて無理なんだから。と思っています。あんまり遣り過ぎるのもいかんけど気にし過ぎたら損。押せる時は押せ!


というわけで、まぁ元々、そんな動揺してるようには見えなかったらしいんだけど…「悩みなさそうで良いね」と言われ続けた青春時代でした。八方美人だった上、全ての吃驚事項は過去の出来事になってから人に言い始めたりするのが原因だと思う。だって事態継続中に言うとさ、全てなんか負け惜しみのようで悔しいんだよね(変なプライド)


よし、明日に備えて寝よう。
ほんと出来るだけ睡眠はとった方が良いですよ。余計なお世話かもですが、バラッバラの睡眠様態を1年と計算睡眠を1年自分で実験してますから確かです(お前は何をしているんだという話だけど)
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ コメント

▼ コメントする

秘密にする
 

▼ トラックバックURL

▼ トラックバック

▼ SEARCH

▼ PROFILE

香月りんね

▼ SITE-CONTENTS

▼ CATEGORIES

▼ RECENT ENTRIES

▼ CALENDAR

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

▼ ARCHIVES

▼ COMMENT

▼ TRACKBACK

▼ ETC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。