▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |





▼ 39.天空のキラ

ディアッカよりもセリフの多いダコスタ君


異議あり!(ドーン・逆裁)ってわけじゃないのですが、反作用でディアッカのことを思い出して悲しくなった。元気かディアッカ、ミリィは元気だよ…(哀)でもこの先出てこられても、安全度の問題があるので頭をかかえてしまう。あ、そうかキャラパートで出るといいよ(そして進まないデス種)それも困る。もう空気のように背景に出てもらうしかないのか。それも物足りない。
で、ディアッカのことは忘れるとして、懐かしのメンデルからあっさりと重要アイテム『ノート』を持ち帰ってきたダコスタ君なんですが、ほんともう、あの意図的にデータ抹消された後の家屋からよくそんなん発見できたもんだと思いますよ。どんだけウッカリなの。あの施設周辺で張ってたザフトの人たち来るか来ないかわかんない敵を待ってる間にもう一度建物内部をしらみ潰しに証拠隠滅しときゃ良かったんじゃないかと思うのですが、IT化の時代にまさか旧式のノートに重要事項が(しかも見出し赤文字でわかりやすく)書き留めてあるなんて思わなかったのかなー、いやーウッカリ書いちゃう人居るから裁断しとかないと駄目だよー。つーかもう面倒臭いからメンデルは爆破だな(まて)


そんで「デスティニー計画」はエー!恥ずかしい、とっても!(初感想)と思ったけれども、計画の名前なんてインパクト+わかり易いもんが一番だよね。どちらの項目も満たしている議長すばらしい!(決して馬鹿にしているわけでは…)しっかし、
「デュランダルの言うデスティニープランは今の時代有益に思える。だが、我々は忘れてはならない。①人は世界の為に生きるのではない。②人が生きる場所それが世界だということを」
えーと、デス種は軽いフリして何でいつも急にこんな難問を振ってくるのかね。
そんで、コレ、答えは基本個々人の考え方に任せるしかなく、どれが正しいとか確定できないだろう。なので、欲しいのはデス種の世界においての一つの答えなんだけども、おそらくそれさえも示されずに最終話を迎えるのだろうと思う。議長が取るのは極端な①政策なんだろうけど、極端な①を否定したからといって②が正しいということになるわけでもなし。
ちなみに私自身は穏健②派ですよ。「最近の若いもんわー!」って言われる要素を秘めているけど②なので仕方ない。…えーと、少しだけ説明しよっと。
世界はちょっとグローバル過ぎるから、「世界」を「地域」に置き換えてみるとですね。
①人は地域の為に生きるのではない。②人が生きる場所それが地域だ
例えば、地域でお祭りをするとする。そうすると、②の人はあくまで地域全体よりも個人優位なので、参加したきゃするし、しなけりゃしないですよ(あんまり②に寄り過ぎると勝手過ぎることになるけど)。んで極端な①の人はどうかというと、もう多分「皆で一緒に盛り上げたい!むしろ皆参加する、これ常識!だってお祭りは楽しいものだし、そもそもみんなみんな、地域の中で生きてるんだもの」って思ってる、たぶん。問題は、そんな極端①の人が完璧な満足を得るには②の人の全員参加が必ず必要になってくることにある。地域の活性化は必要だよ、でも祭りに掛ける情熱は皆違うよ。違うことが当たり前だと思うよ。認めていこうよ。そうしている内に参加者は増えると思うんだ。従来のガッチリした枠組みに戻るのではなく、もう少しユルい出たり入ったりしやすい枠が必要なのではないかと思うのね。えー、長くなってきたので種に戻ろう。


そんで、議長がどんな思惑を抱いているのかなんとなく閃いたラクス様なんですが。ユウナ親子がロゴスと繋がりあるからジブリがオーブに逃げ込んでオーブが狙われちゃいますよ(ラクスが「次はオーブ」と呟いた時点でそこまで予測できてるのもすごいが)とか言う理由をぶっ放すのかなと思ってたら、
ラクス「オーブは強い国ですから、その力、理念…でもそれはデュランダル議長のやろうとしていることの前では只の障害でしかないだろうと思うのです
『力』について特に秀でた運用者が居ないのはともかく、『理念』は連合に組した時点でかなり薄らいでいると思うのですが(地下にカガリ等が居るにしろ対外的にはそんなの見えないので)…。と、言いますか、実のところラクス様が仮定形ばかりで断言を避ける(賢明ではある)ので、完全にユニウス落下も騒乱も全て議長が根源ですよとは言い切れないのですが、何しろラクス様が仰っているのでデス種的にはこれが正解なんだろうと思う(混乱)もうラクスが議長になればいいんだと思う政治家向きだよ…orz
キララクはお互いにソワソワしてて心配そうで可愛いんですが、フとした瞬間にどうしても「キラたんはラクス様に操られているのではないか」という一抹の不安が胸を過ぎる。けど、よくよく考えたらもしそうであってもラクス様なら右からも下からも斜めからもボロは出さないだろうから、安心して守る守られる操る操られるの関係を続けていればいいんだと思った。それが正しい形なのかはわからないけれども、丸く収まっているではありませんか。つか、そんなこといいから早く虎を助けに行ってあげて…キラたん。TPO!TPO!気持ちはわかるが。OS設定がべらぼうに超人的(そりゃ日本語も壊れるよ)だったけど、いちゃこらしたので出撃に掛かった時間は常人のそれだったと思う。つか、その間耐えてる虎が実はすごい予感。さすがファクトリーでガイアを叫んだだけはある。あー、あのね、狗型なんがお好みだったんだと思うよ。ラゴゥを彷彿とさせて。


そんで、キラin新型はもう、デスティニーの扱いが如何に悪かったか逆説的に思い知った。正直カッコよかった、もう私の負けでいい。キラ素敵。でもラクス上手くやったなーとは思わない、だってこのキラを育てたのはある意味ラクス様だと思うから。すげーラクス様すげー。地球から宇宙への距離をこんなに短縮できるのはキラだけだと思うよ。ミラクル☆
しかし、「当たれー!」ってのは、ファンネルは適性のない一般人でもシステム改良によって「気合」で扱えるようになったんですか、と思われても仕方ない。そりゃ議長はアスランを心配するよね。気合出すどころか悶々とLOWだったもんねー…(だから違うから)
後は、不殺を受けた人たちはあのままだと重力に引かれてとてもヤバイと思った。そしてルージュは切ない運命だった。借りたものをサッパリと使い捨て…あ、でも緊急着艦システム装着音が「カン!」(軽)と明らかに中味が入ってない音がしてたのでアレはルージュ機体に見せかけたハリボテ…?すげー精巧過ぎる。


今回のお色気担当アスランも自分より他人の心配を優先しててとても良い人でした。以上。…と終わるわけにもいくまい。苦しい呟きを聞いてくれる人が居て良かったね、アスラン、という感じでした。カガリの心が四方八方に広大な海で感動しました。メイリンの面倒を見ちゃうのは、自信でなくてアスランへの信頼に裏打ちされている気がした。ウーン。OPのカガリ裸の一枚絵は一体何だったのか。
とにかく私は、いつも思慮深過ぎて動けないか、まず動いて思っても見なかった深みに嵌るかのどちらかに転がってゆくアスランが愛おしいよ。これはもう才能の域だな。そんなアスランが点滴ガラガラやりながらスリッパでぺたぺた艦内を歩き回って心配される日を夢見てる。そして止めなかったネオが怒られるんだー(笑)うん、ネオアスはとてもいいものだと思いました。安心できる。『先走って失敗しちゃった。カガリを放置しちゃった。キラをクレタでどなっちゃった。シンを置いてきちゃった。ミーアどうしてるだろう。こんな状態じゃAAで役に立てない。メイリン巻き込んじゃった。ルナマリアはどう思うだろう。戦争はどうしたら止まるのか』その他色々考えて一人で自動的にストレスを溜めるアスランを何とかしてあげてください(無理)


つか、アスランの回想のシンが可愛いシンばかりだったんですが、シンのアスラン回想とのギャップはこれでいいのですか?認識の差で再会時にガンガンすれ違いませんか。大丈夫ですか。「踏み潰してやる!」は主人公の言葉じゃない気がするのですが。大丈夫ですか。私、今まで、シンの上官はアスランで無くイザークの方が向いてたんじゃなかろうかと言ってきましたが、参考書(小説2巻)の方のシンたん拾い読み(またか)した感じ、アスランが「ローエングリンを討て!」時のアスランで居ることが出来れば、上手くいったのではないかと思った。あの時は一方的にシンが操られとる…!と思ったけれども、読んだ感じ、シンは自省できない子ではなかったので、色んな要素を与えて考えるように仕向ければ、自ずと違う側面が出てくる可能性があったのではないかと。つか、アスランに尻尾を振りたいのを必死でこらえているシンが可愛過ぎた。どうしてくれようか。


いきなりメンデル行っていきなり拾ってこられたノートが、議長の悪を決定化する証拠品として提出されるのだとしたら、デス種に求められているのは理解力ではなく想像力なのではないかと思いました。昔からそうか…。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ コメント

▼ コメントする

秘密にする
 

▼ トラックバックURL

▼ トラックバック

▼ SEARCH

▼ PROFILE

香月りんね

▼ SITE-CONTENTS

▼ CATEGORIES

▼ RECENT ENTRIES

▼ CALENDAR

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

▼ ARCHIVES

▼ COMMENT

▼ TRACKBACK

▼ ETC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。