▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |





▼ 42.自由と正義と

時空が歪んでた


アバンで新しいものが始まったのかと思ったら、何か40話で通過したはずの過去映像が回想ではない仕様で流れ出したりしたので、どのポイントに戻ったのかと吃驚した。

【40話】(上から時系列順)
1.「AAを直すのに最低2日かかる」
(カガリ「ウナトたちの対応を待てというのだろ!」→(2日経過)→オーブ政府からの回答文が出る)
2.カガリと国防本部の通信
3.「オーブを討つなら俺が討つ」(ミネルバ内のシンレイルナ)
4.シンvsカガリ
5.ベッドの上のアスラン

【42話】(上から時系列順)
(カガリ「ウナトたちの対応を待てというのだろ!」→(2日経過)→オーブ政府からの回答文が出る)
6.アスランが艦橋に出て来る
7.ムゥが放置される
2.カガリと国防本部の通信
3.「オーブを討つなら俺が討つ」(ミネルバ内のシンレイルナ)
8.AA発進
4.シンvsカガリ
40話の流れに合わせると(5.ベッドの上のアスラン)

アスランの容態がループしますよ。問題はシンvsカガリが始まった時に40話ではベッドの上に居たアスランが、42話のその時点ではCICに座ってること。つまり40話の下線部の画像だけ引っこ抜けば、話は通じる。結構簡単な話だった。まぁ抜くのは今更無理だからじゃあ40話の最後のアスランはカガリの脳内映像だったということにすればいいのかな…まいったね!
あと、2日経過したの全然気付かなかったんだけど、経過するなら(カッコ内)のポイントで経過したとすれば大丈夫だと言えなくも無い。ユウナがあの気の抜けた回答文作るのに2日かかったんだって!あの切羽詰った状況で!まぁでも空気読まないレベルのあれだけ高い彼なら普通に待たせるのかもしれない。そしたら(地球上の何処に居たのだかわからない)ミネルバがオーブ近海に到着してるのもまぁなんとか…なるか…な。


とか書きつつ、正直、やり直してんじゃねー!(笑)と思った。デス種の場合は、前の展開に同時系列の別場面を付け足して深める技術の使用でなく、単に組み直したことで生じた展開のズレを総集編差し込んで1週離して煙に巻こうとしているのではないかと(前科が多いのでどうしてもな…)総集編制作含む2週間の間にオーブ声明辺りで「2日経過」させた方が都合が良い(これでマードックのセリフ、アスランの怪我、ミネルバ到着をカバーできる)ことに気付いて転向したんだと思う。とっても綱渡り。


そんで、今回アカツキのフェストゥム度は増してるわ小ネタ詰め込むわで戦闘えらい頑張ってた気がしたんですが、これで先週の総集編分の余力は使い果たしてしまったのではないかと心配してしまう。いいのかしら。今この瞬間が全てなのかなー。
で、カガリは瞬殺されるかと思ったら結構長時間持った方じゃないですか、父の愛は効果てき面。カガリには回避コマンドが付いてないみたいだから、もうブーメランもはじくようにしとけばいいよ。超技術だけどできる、種ならできる。

ラクス「キラ、そろそろ見せ場が来るのではありませんか」
キラ「も、もうちょっと…!もうちょっとでノーセーブクリア最速値が!」
ラクス「キラ、いい加減にしませんと…」
キラ「ご、ごめん、わかったよ!」
(大気圏越え)
ラクス「大分危なかったですわね…ねぇ、キラ」
キラ「…間に合ったんだからいいじゃない(目を背ける)」

どう考えても間に合わない距離からお手々繋いでヒーロー登場して華麗にカガリを救った新自由の居る種ならできる。ブーメラン、あと数コマで激突する位置まで接近してなかったですか、また時空が歪みましたか。いくらそっちのが盛り上がるからってまさか大気圏外で待ってるとは思わなかった。オーブ上空対流圏で余裕かと思ってた(大気圏外でも余裕だろうけど)あと、あの激戦地で初心者(ラクス)を一人で放置するとはどういう了見か!と思ったけど、ラクスだから全然大丈夫だよね。もう何かこの辺TMさんの曲で盛り上げようという意思が感じ取れたから良いかな…感じ取れるくらい無理矢理なのってどうなのかな。自由がカッコ良いからそれでいいのか…比べてシンはこう、何かカッコ良いカッコ悪い以前の問題で、だた「発進描写があればいい」みたいな気を使われてない感じが切ないな。


つーか、シンたんの運命号燃料の限界値が表示されてたんですけど、有限燃料なんですか。新型エンジンなのにー…議長何考えてんの、この人肝心なトコで詰めが甘い。瞬間最大出力は運命の方が上なんかもしれんけど、持久力がないの問題じゃないかしら。シンは短距離走者なので向いてるといえば向いてるかもしれないけど、飛び出したら帰ってこない子(2話参照)だから……って、思ったら何かレイに調教されてた。獲物を目の前にしながら後退してちゃんとお家に帰ったシンたん。あり得ない。レイの作戦で一回自由落とせたのがすごい心に響いてんだろうなー。つか、殺った!と思った相手が次々と目前にレベルアップして立ちはだかるのってどんな気分だろうな、シンよ。来週アスランとも遭遇するみたいだけど、戦場で強敵を前にしている所で夢に出るほど自分を苛んだ事実が無かったことになった雰囲気で、しかも当の相手が「止めろ!」と自分を制してくるとか夢と現実の境があやふやで足元グラグラ状態になりそうだ。よって
レイ「落ち着いていけシン。お前が挑発に乗って自分を見失ったら勝てるものも勝てなくなる。それこそ奴らの思う壺だ。」
とても思う壺の予感。キラアスラン的には何も仕組んだわけではないのだが、意図せずして戦い以前に相手より強いカードを切っている。
つーかシンは宗旨替え可能性まだ潰れてないっぽいけど、やるんかいな…とりあえず来週は混乱し過ぎて襲い掛かりそうな気がするけどなー。もしかして襲い掛かった所をやられて海に落ちたところを拾われるの?そんでAAのベッドの上で、洗脳されるの?

        シン
        ↓
アスラン→●|○|●←ラクス
       |||●←キラ
       |∧|

とてもじゃないが逃げられないな…。つかこれいつもの種洗脳パターン…。人間弱ってる時の方が人の話きくもんな、基本的に。
まぁそんな転向方法したら、シンがあっちにもこっちにも操られまくりで可哀相な様相なので、

シン「わかりました。アスランさんをくれたら、寝返ります」
ラクス「許可しますわ」
アスラン「えぇ!ラ、ラクス何を言って…そんな勝手に!」
キラ「アスラン、皆頑張ってるんだ。僕達もできることをやることが大切だよ」
シン「アスランさんはこのまま俺が敵になっても良いって言うんですか!(涙)」
アスラン「い、いや、それは嫌だが…何かそれとこれとは違う気が…」
ラクス「何にしろ決めるのは貴方ですわ、アスラン。貴方が断ればシンの身柄は保証できかねますが」
アスラン「!!!!」

キララクは少しくらいシンに手を貸してあげてもバチは当たらないんじゃないかな。…キラが「アスランも僕の」と言い出す可能性も高いが(どんな可能性だよ)

そりゃ冗談としても、シンは「いくら綺麗に咲いても人はまた吹き飛ばす」とか言ってたのに掛けて、吹き飛ばしている自分を自覚する描写が欲しかったなー。シンが自分の行動に疑問を感じるのはステラが死んだ辺りが妥当だったと思うんだけど、いくら昔を振り返っても所詮過ぎ去った過去は帰らぬか。あの時にはまだシンをどうするか決めかねていたのかなー(もしかしたら今もまだ不鮮明なのかもしれない)
とりあえず、シンが落ちるんならMS落としかシン落としは少なくとも片方はアスランさんにやって欲しいなー。つかどっちも出来なかったらアスランさんがまたヘタレの名を欲しいままにしてしまうよ。お前のこの四十数話は一体何だったのかと…。大体、アスラン的には議長とラクスの言葉の何処に相違があるのか。


●議長とラクスのアスラン洗脳戦法
【第1段階・カウンセリング】
(前提条件)情緒不安定なアスラン
(基本戦法)アスランを喋らせる。アスランが喋ったことについて、慰めたり肯定したりしながら欲しい言葉をあげる。
→君の事良くわかってるよ、味方だよ、仲間だよと強調し、共感度値が高いことを示して相手に安心感と信頼感を与える。
【第2段階・自己啓発】
期待してる、貴方ならできる、大丈夫、と相手を煽りながら誘導、決定権を渡すことで個人を尊重したと思わせ、放置する。
・議長の落とし文句
「君に出来ること、君が望むこと、それは君自身が一番良く知っているはずだ」
・ラクスの落とし文句
「力はただ力です。そして貴方は、確かに戦士なのかもしれませんが、アスランでしょう。きっとそういうことなのです」

やってることは同じです。ただし言っている内容は、①議長が何に失敗し、②アスランが何に弱いかを知っているラクスの方が一枚も二枚も上手(すげー落ちるの早かった)つーか、まるでアスランが議長の何に問題を感じたのか察知しているかのような適切な誘導っぷりでした、ラクスさま。

アスラン「君も俺はただ戦士でしかないと、そう言いたいのか」
ラクスの脳内(↑議長にそんなこと言われたらしい。戦士→役割発想(=デスティニープラン)→自由の制限→しかも口ぶりからするとそれが嫌だった模様=①への気付き↓)
ラクス「それを決めるのも貴方ですわ。怖いのは閉ざされてしまうこと。こうなのだ、ここまでだと終えてしまうことです」(=限界や制限があるのは問題。決めるのはいつも貴方→欲しい答えをもらえてアスランの共感度アップ)
ラクスの脳内(アスランはその正義感と責任感から「何もしないこと」を良しとしない↓)
ラクス「傷ついた今の貴方にこれは残酷でしょう、でもキラは」
(回想)キラ「でも何かしたいと思ったとき、何も出来なかったら、それがきっと一番辛くない?」
(=②であるキラの言葉を借りて影響度を上げつつ、アスランが出し易い(自分の意にも適う)結果になるよう導く→アスランの共感度とやる気アップ)

アスラン(よし、俺はAAと共に戦うってことでいいみたい!)

そして前半「CICに座っているくらいできる」とヨロヨロ出てきたアスランが30分終わる頃にはジャスティスで出ちゃったという…すばらしいわ。この人年がら年中情緒不安定っぽいから洗脳かかり易いよね(笑えない)つーかオーブ制服のベルトも締められなかった(性格上締められるなら確実に締めるだろう)のにどうやってパイロットスーツ着たの。根性?
それはいいとして、議長の失敗は②を認知していなかったこともだけど、「36.アスラン脱走」で酔って語り過ぎたことだよね。「自分の考えが正しい!」という自信がそうさせたんだと思うけど…自意見をストレートに語ると拒否反応確率が上がって洗脳は成功しない。「10.父の呪縛」時のは自分の考えは明かさず、アスランフォローに徹してたんだけどな。
ラクスはその辺「私達はまだ本当の正しい道を見出せていないのかもしれません…でも…」で謙虚に行くから柔軟に寄り添える分、より曖昧な言葉で万人に向けてカウンセリング洗脳できるのではないかと。そしてさり気無く自分の望む方向に導いたりね…(ブルブル)
今回も、結局ラクスが求めているのも戦士としてのアスランの力なのではないか。アスランは裏が見えないから雰囲気に飲まれて気持ちよく出撃してしまっただけなのではないかという疑問が残る。


まぁ何だかんだ行っても早く乗らないともう42話だし、それで良かったのかもしれないね(結果論)
そういえば、ネオはAAの空気にあてられて、フラガに戻り始めてたけど、彼はスカイグラスパーとかいう前代の遺物的なもので戦地の中心を飛びまわって大丈夫なんですか。その辺は不可能を可能にするから全然平気なのかね。
思えば、アスランは「俺は駄目なんですー!orz」とフーラガにはっちゃけてみても良かったんじゃないかと思うんだけどなー。とても萌えるのに。


次回予告「混迷の中、遂に立ち上がる夢と悪夢の境界を一人知る者は」
全ての伏線を放棄してキラに走る会社だと思ってたけど、わかってんじゃん…!その積み上げを生かして…!(無理)
つーか、次回は種38話(「この介入は俺自身の意思だ!」)をもう一回やるの?
…大丈夫、いくらキラアスランが目立っても、キャストだけはシンを主役扱いしてくれる…(戻らないかと思った)
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ コメント

▼ コメントする

秘密にする
 

▼ トラックバックURL

▼ トラックバック

▼ SEARCH

▼ PROFILE

香月りんね

▼ SITE-CONTENTS

▼ CATEGORIES

▼ RECENT ENTRIES

▼ CALENDAR

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

▼ ARCHIVES

▼ COMMENT

▼ TRACKBACK

▼ ETC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。