▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |





▼ 46.真実の歌

ラクス「私もミーアさんにお会いしてみたいですわ~ね、キラ
キラ「わかった、ラクスが会いたいならそれで」
アスラン「え!」
キラ「大丈夫だよ、アスラン、罠だってわかってるし。みんないるし、ね」
アスラン「でも罠なんだよ、わかってても危ないんだよ!」
キラ「でもみんないるから大丈夫でしょ」
アスラン「何でみんないると大丈夫なんだよ!」
キラ「だって罠だってわかってるし」
アスラン「…」       orz


ちょ、典型的な展開の結末だったんだけど、そこへ行くまでの過程がとんでもなく斬新過ぎた。
なんだこれ、この人たち普通の神経じゃない。「危ないかも」とそれは承知の上で街に出てきたのだろうけれども、普通は追跡されてるのはっきりわかったら帰るだろうよ。
そこをラクスの「会ってみたい」というあえて危険の海にダイブする必然性を全く感じさせない軽い理由で、「罠だとわかってるし、みんないるから大丈夫」というよくわからない自信を元にして全員で行動開始。どうかしてる。その自信どこから受信した!?
…どうしてもここでラクス含めた人員をミーアに会いに行かせて、話を進めないといけないという想いが暴走してるわけですか。


アスラン「…あのな、キラ。こんなことを言うのも何だが、あえて言わせてもらうと、罠だとわかってることと、実際、罠を切り抜けられるかどうかは別問題なんだぞ?」
キラ「でも大丈夫でしょ?どうせアスランは一人でも行くんだし、なら、みんなで行った方がいいじゃない」
アスラン「でもお前達をそんな危険な目には…」
キラ「危険でも罠だってわかってるから」
アスラン「だからそれは…」
キラ「罠だってわかってるからアスランが何とかするんでしょ?僕、アスランが何とかしてくれるって信じてるから、できないわけじゃないよね?だってアスランだもん、ね?」



  ○ノ  <トァァァ!
  /\
   <\
     ↑
     |
     |
     |3m
     |
     |
     ↓
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄地上
【必死でなんとかするアスランの図】


キラ「やっぱり、アスランならできるって信じてたよ」
うむ。私もお前ならできると信じていた。でもそろそろ何かに気付いた方がいいと思うな。一生そうやって生きるのかい、アスラン?でもそんなアスランが好きだよ…ああ、アスランがそれでいいんだったら応援するよ。泣けるわ(笑顔)

で、必死になり過ぎてまた人間の限界超えてたアスランさんなんけど…そりゃ敵も吃驚して怯むよね。
どうなってんのアスランは。コンパクト重力制御装置もってんの?それとも首の後ろにトリィが居てエール代わりになってるの?跳び過ぎの上、滞空時間長過ぎ。
もうアスランさんはMS乗らずにずっと白兵戦やってればいいんじゃないかな。多分MSの戦場じゃミニマム過ぎてものすごロックオンされ難いだろうし、いいんじゃないかな…お前ならやれるさ…生身でMSを倒す最終兵器アスラン(ギャグですがな)

あーでも、もしかして元々ギャグなの?アスランは一切のタメもなく己の身長以上の高さを横っ飛びでジャンプし、発砲した弾は自由意志を持って屈曲して敵にHITし、死の間際までプロ根性を見せて過剰に回転して倒れるミーアってもう、泣かせたいのか笑わせたいのか感動させたいのか驚かせたいのかどうしたいのか…どうしたいんですか?正直笑いました。だって仕方ないじゃない。もうさ、キラもミーアの回転に疑問を感じて真顔になってたじゃん(違)
…まぁいいよね、アスランが一人で10人分くらいマジ泣きしたから。泣いてたっつーか、目から流水?悪いけど、蛇口の壊れた君の目から溢れる水がどうなってんだか疑問の意識に囚われて、私は感動するのを忘れた。

殺されたから殺した流れになったのは…もういいかな、尺も無いしね(え)むしろ、いつもの癖で頭を撃ち抜く可能性を危惧して最後まで人に向けて発砲しなかった(多分壁とか狙ってた)キラさまに乾杯しといた方がいいかな。実は経験値が入ってないから銃使えんだけかもしれんけど、でも手榴弾撃ち返してたよね、まぐれかしら。でも磨けば光りますな。てゆうか、至近距離爆発でも爆風に呑まれた人を半殺しレベルに留める優しい手榴弾に驚きを隠せなかった。不良品じゃないの。


フラガ「大丈夫か、坊主ども~」
キラ「遅いです、ムウさん。早くAAまで送ってください」
フラガ「お前、それ、お願いなの命令なの…」
キラ「どっちでもいいです」

出掛けに「大丈夫か」と心配したけれど、「大丈夫だ」と言うので行かせたら、なんかやっぱり呼び出されたムゥさん。この人折角混浴中だったのになぁ。そりゃ不機嫌にもなるわな。混浴は「一緒に風呂に入ったら記憶が戻るような気がするんだ!(真剣)」とか言いながら絶対実現させてたと思うんだがな、でもそれじゃムゥさんがただのおっさんなんだけどな、ムゥさん的にはそれでいいの?いいんだ?なら私は気にしない。


で、今日の仲間居るけどアスランだけ動かすSRPGなステージだけど、実際のとこやっぱアスランだけで来るのが、ミーアを救出できる可能性が一番高かった気がする。一人、集中砲火を浴びるかもしれないけど…大丈夫だろ、全てスーパーアスランショーで切り抜けるよ。たぶん、弾が当たりそうになったら時の流れがスローになって見切り技が出たりするから。
で、ミーアは「完全なラクスでないと殺される!」という不安に怯えて(怯えるように仕向けられて)かなり緩んでたから、今手を引かれたらアスラン付いていったんじゃないかな。予測でしかないけど。
結局、己の悩みの大本であるラクス本人を見て恐慌状態に入ってしまったミーアルートだったけど、でもラクスも悪気はなかったんだよね、ラクス自身は何か問題が生じたら直撃して解決させていく超前向きなタイプみたいだったし。ミーアの気持ちを考えたらもう少し落ち着いた場面と場所での対面が良かっただろうけど。

ラクス「名が欲しいのなら差し上げます、姿も。でもそれでもあなたと私は違う人間です。それは変わりませんわ」
ミーアは別にラクスになりたかったんじゃなくて、ラクスのようなアイドルになりたかっただけだよね(だからサラの言葉からコトが重大なことになっていると思い至ってにビビッた)ちょっとその過程で議長と利害が一致しちゃっただけでさ。まぁ議長ったら悪い人!…じゃなくて、もう『ラクス・クライン』は人名じゃなくて一種の役職ってことで良いんじゃないかな。なんか定義付けまでされてたし。だからミーアがやったラクスはミーアだよ。ちゃんと役に立ってた事実は変わらないから、もう忘れて寝るといいよ(え)
でも「名が欲しいのなら差し上げます」って今はあげられないんじゃないですか、ラクスさま。まだ世界が一致団結して議長を討つところまで行ってないから。終わったらってこと?あーじゃあ、政治家ラクスとアイドルラクスが分離するといい。世界にラクスが二人居るってことで。あー、もうさ、ミーアが不憫でさ…


そんで、このラクス誘き寄せ作戦は議長の指示なのサラの独断なの?
面倒なことしないで最初から赤ハロに爆弾ぶち込んで爆破しとけばいいんだよ。面倒くさいなぁ。それとも銃弾飛び交う中でミーアも一緒にやってしまおうという魂胆だったの?
議長「ラクスが偽ラクスの襲撃に遭って殺された!なんたることだ、オーブは敵だ!」
ってことにしたかったの?わかんないな。それでも普通はラクス誘き寄せの時点で来てくれなくて失敗に終わると思うんだけどなー(来てたけど)。
てゆうか、このサラって人は一体何だったんだろうなぁ。いきなり表舞台に上がって来て、そしていきなり消えたように見えたのだが。



♪何も~し~ら~な~い方が
┌────────────────────┐
│                             │
│           声の出演             │
│     シン・アスカ    鈴村 健一      │
│     アスラン・ザラ   石田  彰      │
│     キラ・ヤマト    保志総一郎      │
│     ラクス・クライン  田中 理恵      │
│     ミーア・キャンベル             │
│                             │
└────────────────────┘


アレー?今日シンちゃん出てたっけ??


出てた。


枕に顔をうずめてうごうごしているシンちゃんが。かわいそうに。手のひらを返したように冷たくなるルナマリアでいきなりリアル倦怠期だった。ヒェー。
何だろう、ルナマリアは休息期間に入って少し余裕が出来たところで色々考えてたら、色々湧き出しちゃたんだろうか。一番最初に取る態度がこれだったらわかるんだけどなー今頃なー…シンちゃんもプルプルするよね。でも、こう、シンちゃんも休息はレイと射撃よりもルナマリアとお話しする選択肢の方が良かったんじゃないかな。それが無難だったんじゃないかな。まがりなりにもな…ああ、所詮、慰め愛ということか。
シンルナはどうだい?とフッてみただけかもしれんしな(邪推)

ああ、デス種を見る私に純粋さのカケラもなくなって来てるんだけど、だけど、そんなことはどうでもいいことだよな、バレル。
私は今回のことであなたがルナマリアを消す決意をしたのではないかと心配です。

で、お布団の上のシンちゃんに戻るんですが、結局、今、シンのことを本気で心配してくれているのはアスランさんだけという萌事態だよ。未だに諦めていないアスランには驚く(ある意味怖いな)けど、それがアスランだよね。大丈夫、何時になろうとも何時までもアスランは「俺は…そんなに諦めが良くない!」のノリでシンちゃんを説得してくれるよ。萌えるわよ。もうシンはアスランさんとこ行っちゃえよーーーー!(ストーリーの良し悪し超無視)

…あー、それで何でアスランは今頃キラにシンの話をしてるんだろな。それこそ受け入れ準備?
キラの言い訳は聞かなかったことにしました。いらんこと言わされましたね。むしろ言い訳なんてしちゃって可愛いわねvと萌えておくべきですか、でも今までの流れから換算して無理です。
ところでアスランはルナマリアのことも思い出してあげてもいいんじゃないかと思うのだがどうか。


で、こんな時期にサービス回持ってきてるのも謎(終わる気はあるのだろうか)だけど、来週はミーア追悼特別番組やんの?大丈夫なの?その余裕は一体どこからくるの?

まぁでも大きな戦闘なんて45分くらいあれば終わるから大丈夫か…
アスラン「今は、焦らなくていい…」
うん、そうだね。むしろ、私はもう、アスランが超アクションを駆使しながらプラントに潜入して華麗に議長を暗殺してくればいいと思うよ。君ならできるよ。
スポンサーサイト
| trackback:6 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ コメント

▼ コメントする

秘密にする
 

▼ トラックバックURL

▼ トラックバック

そこにいるラクス、事実としてのラクス、役割としてのラクス、ミーア・キャンベルのラクス、大衆のラクス。
2005/09/05(月) 23:47:21 | ~SoSeGu~
うすた好きと謳っている以上いつかはやってみようと。でも、自信もなく後回しになってましたが今週ついに…恐る恐る逝ってみましょうかね、感想へ…
2005/09/06(火) 08:37:42 | 木下クラブlog
よしアレックス、ドラゴンレーダーを作るんだ機動戦士ガンダムSEED DESTINYPHSE-46「真実の歌」◆アバンタイトル◆◆議長「それらは一旦、月軌道にでも集めておいてくれ。処分は後ほど検討する。」◆ちくわ をとっておいて、何に
2005/09/06(火) 15:23:57 | 『ピヨぼんBlog』-ガンダムSEED DESTINY・エウレカセブンな日々-
前大戦の末期、ドラグーン攻撃で消滅したと思われたジブリールだったが・・・
2005/09/06(火) 22:04:21 | 【T】 Tsukasa♪'s Blog!
死亡フラグも立って死亡までカウントダウンを開始したミーア。そろそろ人が次々に死んでいくんでしょうね。
2005/09/07(水) 01:28:29 | PAWA-TYPE
ミーアがクローズアップされていました。彼女は議長の理想とする世界の、現時点での1つの象徴だったと思います。ラクスはミーアに幾つかのものは差し上げますと言いました。しかしミーアが本当に欲しか
2005/09/09(金) 20:02:15 | kasumidokiの日記

▼ SEARCH

▼ PROFILE

香月りんね

▼ SITE-CONTENTS

▼ CATEGORIES

▼ RECENT ENTRIES

▼ CALENDAR

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

▼ ARCHIVES

▼ COMMENT

▼ TRACKBACK

▼ ETC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。