▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |





▼ 47.ミーア

これはですね、終わりを感じさせないように配慮して、みんなの寂しさを軽減させようという種なりの優しさなんだと思います。




嘘です。




このゴール間近な位置で半分ミーアONLYやるとかさすが過ぎると思った。普通の神経じゃできないよ。ほんとさすがに先週のキララクを描いた会社だけあると思って、私はテレビの前で打ち震えたのであった。
この余裕は一体どこから生じたんだろう。空気中から?地中から?何でもいいけどほんとすごいよね。でも余裕は余裕でも焦りゾーンを過ぎた後の開き直りみたいなものを感じた。
しかしそれは、畳めない広大な風呂敷と足りない尺と迫る期日の中で、せめて、一度は焦るような状態を体験していて欲しいなーという私の願望が感じさせた幻の感覚なのかもしれないが。全てが余りにもあからさま過ぎて時間稼ぎだとわかっていても清々しかった…。秋だもんな。


そういうわけで、今の時期にやることはたいへん問題だけども、時々現れては微妙に態度が変わり、変化期は描かれないので推測するしか補完の手段がなかったミーアの内面の流れがわかったことはとりあえず良かったんじゃないかなーと思います。
うん。時期と総集編の存在如何という問題は放置して、純粋に総集編の中で比較すると良い出来だったのではないかと。あの、総集編にしては意味があったと思うんですよね。だから、今となっては、なんで『41.リフレイン』の時点で変わりにコレを持ってくるように流れを整えられなかったのか悔やまれてならない。キラアス萌えたけどな。あ、どんどん評価基準下がってくけどその辺気にしちゃだめ。

そもそも3話目で減速し、8話でウッカリ運命が交差してしまった辺りから方針を完全に見失ってた気がするので全ては今更の話なんかな。コンパスは常に樹海落ち。そもそも方針なんてあったのですかな、議長。流れのままに手当たりしだい入れてみたら崩壊した結末のようにみえるのですが。


…しかし、それでもこの良くわからない流れによってベッドから転げ落ちるアスランとか、各所で言い訳するアスランとか、シンと子供っぽい喧嘩するアスランとか、まるまる一話かけて議長に洗脳されるアスランとか、雨濡れアスランとか、放浪の挙句何も見出せずに凹むアスランとか、点滴アスランとか、上手く使われるアスランとか、血みどろアスランとか、人間じゃない動きをするアスランとかその他諸々のアスランがコンプされたことが感慨深いです。
こんな超展開じゃないと主役でもないのに前記を全て満たすのは不可能な気がするんだよね…。ああ、不憫な描かれ方もしたけれど、私はどんなアスランも肯定する心意気ですよ。アスランがアスランである限り。


だからさー、折角だから、そこでミーアの日記を前にしてうろたえるアスランもクローズアップして欲しかったよね(お前それ私欲だから)
どんな顔してあの恐ろしく高いテンションで自分の名前が連呼されている日記を読んだんだろう。いたたまれないね。萌えるよ。


アスラン「でも、やっぱり…勝手に見ちゃいけないと思うんだ」
ラクス「何かやましいことでもあるのですか、アスラン」
アスラン「やまっ!…そ、そんなことはないが」
キラ「じゃあ、良いじゃない、これで、ミーアさんの身元もわかるかもしれないし」
ラクス「そうですわ」
アスラン「…うっ、それはそうだが」
キラ「もう、いいじゃない、だってみんな同犯だし、ね?」

……(プライバシー侵害中)

アスラン「うっ俺が最初に認めなきゃ良かったんだ…」
キラ「♪なにも~しーらーなーい方が~」
アスラン「こんなことは駄目だとッ!」
キラ「幸せ…って事はやっぱりあるね、ところでアスラン!」
アスラン「うわ!どうしたキラ」
キラ「なんか、やっぱり、日記を読む限り、アスランはこの子から猛烈にアタックされてた過去があったみたいだけど…ホントに何もなかったの?」
アスラン「ああ、まぁ…というか、俺はアタックなんてされてないぞ」
キラ「…?」
アスラン「だって、ミーアのはラクスになりきろうとするが故の行為だろ。だから別に俺のことが好きなわけじゃ…」
キラ「でもさ、『でも、こんな人がマジラブラブだったらいいよねぇ~!☆』……とか、僕にはアスランに好意を感じていないとは思えないんだけど」
メイリン「そうですね、なんだかこの一文すごい何かこもってますもんね」
アスラン「?そ、そうか?よくわからないが…てゆうか、声マネして読むのは止めてくれ、キラ…恥ずかしいから」
ラクス「アスランは昔からそうですわよね、困ったものですわ」
キラ「大体、なりきろうとするにも、好きでもない人の布団に潜り込んだりできると思う?」
アスラン「ん…言われてみれば…俺ならおそらく部屋に入ることすら出来ない…」
メイリン「…奥手なんですね」
アスラン「そうか?」
キラ「……そう…とりあえず、何も無かったことは信じるよ、良かった」
ラクス「ええ、本当に、私はアスランにはそんなことは出来ないと思っていましたが」
キラ「うん。僕も、でも一応ね…もし、そんなことになってたら、僕…」
アスラン「そ、そんな褒められても困る///」
メイリン(アスランさん…哀)


良かったなぁアスラン、お前、一歩間違えば制裁が生じてたよ。いまこそ己の鈍感さに感謝するがいい。
ところで、ミーアが純粋ないい子だということは痛々しいほどにわかったのですが…というか、異常にHIGH!なテンションが痛かったのですが、アレはそもそもがサイト公開用の日記とかじゃないんですよね?あの人何かに浮かされてた。ミーア120%☆という言葉がポッと出た。なんだったんだろう。
…『でも、こんな人がマジラブラブだったらいいよねぇ~!☆』は私もウッカリ『だよね~☆』ってノリ返しちゃったけどさ。それも仕方のないことだよね。
つーか、ミーアの日記がほんとただの日記で驚きました。
議長の真意に迫る重大な秘密…とは言わないまでも、議長への疑念が浮き出してきて葛藤した内容とか、こう、さり気に書いてあったら良かったかなーとか思うんだけどさ。ほら、あんまり電波ラブな内容の繰り返しだとキラが飽きて立ち寝しちゃうから。


キラ「……クー
ラクス「…キラ。…キラ!
キラ「!!はぅ!…な、何、ラクス?」
ラクス「キラ…今、寝ていませんでしたか」
キラ「ううん、全然」
ラクス「そうですか…なら、よいのですが」
アスラン「…俺、ちょっとトイレに…」
キラ「あ、僕も…!」
ラクス「キラ、よだれの跡はきちんと落としてきてくださいね」
キラ「……」
アスラン「……」


ほんと飽きてたからアスランの後即行追って行ったんじゃないかってそんな邪推が蔓延った。
あと、「僕もラクスも狙われたりしなきゃデュランダル議長のこと信じてたと思うんだよね」は…
…議長いらんことしましたね。AAについては自分から終始好んで墓穴を掘りまくり反撃技を食らってる。しかしそんな議長もまた宜しい。でないと話が進まないという話でもあるが。
ああ、しかし、あなたの宣言には驚かせていただきました、一人脳内思考行き過ぎやねん。


議長「私は人類存亡をかけた、最後の防衛策として、デスティニープランの導入・実行を今ここに宣言いたします!」


「えー!」

…ところでそれはどういったものですか!?!?


あまりのわけわからなさと途轍もない自信に、ノリ突っ込みの後、種世界中がどよめいた!議長すごいや。
えー、内容の具体的な説明も無く、プランの名称だけ言われても正直困ります。聞いてる方はどんだけアンタの思想に寄り添って補完すればいいのですかー。ノートで予習したAAの人は知ってるけど、世界の人は知らないよ。でも、議長の頭の中では話が繋がってるんだと思うが。
というか、思想なんて宣言したからといって馴染むものでもないし、その上、万民の賛成など得られようはずもない極論思想なのだから、しれっと実権握ってる内に「ううん、そんなこと考えてないよ?」って表面上取り繕いながら水面下からじわりじわりと浸透させてみなさんを従うしかない方向に追いやるのが宜しかったと思うのですが?
ああ、でも、議長は言いたくてたまらなかったんだよね、自分正しいって自信満々だしね。
…なんか一番安直な議長ルートに入ってる気がするんだけどこれで良かったのかね?尺が無いから仕方ないのかもしれないが。
とりあえず、議長の失敗原因は隣で他の視点を入れてくれる人がいなかったことだと思う。なんでクルーゼ隊長は死んでんだろなー。
というわけで、来週から衆議院解散、のち、国民総選挙ストーリーが始まるんですか。自信満々の議長か男前のラクスかどっちかに投票しないといけないんですね。じゃあ、仕方ないのでラクスに入れてきます!(消去法)


で、前半にミーアの日記やったのは、デスティニープランの暗部を見せるためだったと思うんですが、そういう受け止め方でいいですか。その気があるのかないのか明確でないんだけど。
もしかして単にラクスの怒りトリガーを引きたかっただけですか。そうね、最終回も間近だしね。
それとも販促行為ですか。そうね、もうすぐスーツCDが発売されるしね。
もしかして全部ですか。さすが種ですね(褒めています)


あー、実は、デス種はこないだジブリが滅んだ時点で終わってるんでしょ?
今、もうエピローグみたいなもんなんでしょ?


じゃあ、最終回はシンちゃんの日記でいいんじゃないですか。


…ああ、デス種が好きだ。
スポンサーサイト
| trackback:5 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ コメント

▼ コメントする

秘密にする
 

▼ トラックバックURL

▼ トラックバック

自分探し~ミーア・キャンベルと共に。
2005/09/13(火) 01:13:37 | ~SoSeGu~
あーあ、とうとうこの日が来てしまった。残り少ないのに総集編。しかも巨乳だけの偽者の。アークエンジェルに運んだはいいが治療してねえじゃん。死んだってことでいいのか?日記
2005/09/13(火) 01:13:56 | 楽しい楽しいブログ
先週ジャガーさんのネタをやりましたが、反省せねばならない点もありました。やはりネタである以上は皆に分かっていただかないと意味が無い…。改めて学ばせていただきました。ということで今週は色々ミックスします(ただし画像はジャガーさんとマサルさんしか用意して無い.
2005/09/13(火) 07:59:45 | 木下クラブlog
どうでもよかっった今回一番の衝撃は、ドム3人組。ドムは歴史的に3人1組で、3個ずつプラモデルを売る、というバンダイのオーダーで無理に作られたキャラクター。もうちょっとキャラクターデザインこってあげたらどうか。力入ってないのがよくわかる。しかもおばさん、赤
2005/09/13(火) 18:05:36 | 「舞い降りた剣」
あんまりしんみりしてはいけませんね!!はいはいはい!!最終回までに話終わるの?とかはこの際置いといて、さくさくいきますよ~(´∀`)さんさんななびょ―――し!!
2005/09/14(水) 02:30:20 | エイプリル・ガーデン

▼ SEARCH

▼ PROFILE

香月りんね

▼ SITE-CONTENTS

▼ CATEGORIES

▼ RECENT ENTRIES

▼ CALENDAR

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

▼ ARCHIVES

▼ COMMENT

▼ TRACKBACK

▼ ETC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。