▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |





▼ 48.新世界へ

さり気無くプチ総集編ですね、本当にこれはどういうことなんでしょうか、議長。さすがにちょっと不謹慎なんじゃないかと思いました。やる気が…やる気が感じられないんです…!残された後2回の大戦闘に向けて今はタメてると思っとけばいいんかね。あ、あれ…でも、やる気が感じられないのは今に始まったことじゃないような…今週内容あんまりなかったなぁ~と思い続けて何話目なのか考えていると前後不覚に陥ります。
ぶっちゃけデス種は色んな要素が全部回答を導かない各論だった気がする。クライマックスなのに色んな要素が一点に向けて終結して行かないから、どうしようもない盛り上がらなさを感じてしまって、ああ、デス種の世界は空虚だよ。
でも何か無理矢理盛り上がりに持って行こうとする脚本は微笑ましいですね。空虚だけど。
話が進んでるんだか進んでないんだか判別が困難なんですが、とりあえず、こんだけ激動を感じさせないクライマックスも逆にすばらしいと思う。


てゆうか、今回のプチ総集編は数十話の話がわずか4分4秒に美しく収まっており、これでは内容薄いのがバレバレでいたたまれません。自分で自分の傷抉ってどうすんだ?治せないからもう捨て身…なの?そうね、今までだって短いテロメアをバンクと言う名の薬でさんざ引き伸ばしてきたものね。これが限界か。
……あーでも、とりあえず総集編は先週やっとけよと思った。でも時間なかったんだろうな。
ところで何でAAの人たちは先週までコペルニクスで一騒動起こしてたんだろう。デス種の流れの中では、既にミーア尽くしの前2話が忘れ去られた世界になっているようだったんですが、私も忘れた方がいいですか。


デスティニープランはやっと議長の脳内を脱して説明入ってましたが、うん、説明があったこと自体は良かったと思うよ。教材がデス種を逸脱してたけど。本気でこれがいいと思って真剣に作ったのか、それとも必死の遊び心なのか全然わからんとですが、スタッフさんどうなんですか。
とりあえず、こんな説明番組を元に議場で超真面目に話し合う各国首脳はいいと思う。猛烈にやる気が削がそうだがそれが議長の手なのか。


でも何か最近議長の政策も猛烈に適当になってきているので、そんな妄想でさえあり得ないなと即座に否定してしまうよ。
あの、カガリを往なしたりアスランを落としたり、その他諸々の上手い立ち回りを演じていた初期議長は私の見たまぼろしだったのでしょうか。ほんと一時期議長に夢中だったんだけどな、私。
尺に合わせて小物化する議長切ないね。何時から独裁国家になったのかとか、不穏な動きに過剰制裁過ぎるとか、そんなコーディにとって忌むべき兵器を使用するなんてとか、そういうのを全部ほっぽるとしても、何故アナタは今オーブを撃っておかないのかー。何で今更そんな手ぬるい判断をするのかー。
あ、そういやレクイエム直るのえらい早かったですね。元々技術供与したのは議長だったとか、元の製作チームも議長の息のかかった人間だったとかですか。それともデスティニープランに基づいて颯爽と良スタッフを集めたとでもいうのか。ああすごいなデスティニープラン。真相は時空が歪んだってことだと思うけど。
うん。それで、時空の歪みさえ利用する政策は焦り過ぎの急ぎ過ぎに感じるけど、議長自身は変なところで余裕綽々でデス種不思議なことになってるわよ。あー議長も実は3人目なの?それとも議長は既にラクスに洗脳されているの?
あ、でも政策焦ってるのは、「レイが生きている内にレイに新しい世界を見せてあげたい」とかそういう理由だったらとても萌えるのでそれでどうですか。


で、今更カミングアウトしてきたレイたまなんですが、なんかレイはクローンなのが脳内でデフォルト認知されたままデス種を見続けてしまっていたので、「あ、あれまだ言ってなかったんだっけ…?」みたいな…いや、そこまではないけど、でもわかりきったレイのぶっちゃけ話だけで前半終わられても正直困るよね。今更そんな大々的にひっぱるようなものでもなかろうて。とか言うのはレイに対して冷たいですか。そうですか。
あの、レイはさ無条件議長万歳になるのはなんか仕方ないかなと思った。16話見た時は『!?!!』と思ったけど、儚げなレイを見てしまった今となってはアレも有かな(えー)延々薄暗い研究所の中で検査ばっかりで、後の時間は放置されて寂しさが募って、鬱々としているところに「レイおいで」されたらそりゃ懐くと思うよ。「お前先長くないから」と言われてショッキングで、俺は何の為に生まれてきたんだろうなと悶々としているところに「私にはレイが必要だ」とか言われたらそりゃ尽くすと思うよ。全部妄想かもしれないけど。
ところで、レイたまの発作は何時からだったのでしょうか。
初回にしては対応が落ち着き過ぎだったと思うのですが、前から繰り返してたんだったらシンちゃん気付いてないのすごいな。でもシンだったら気付かなそうであるし、レイだったら数ヶ月は隠し通せそうな気もする。まぁどうでもいいか。
それで、何時も理路整然と相手を言い包めるレイが「議長を信じろ」としか言えないところに切なさと超理論を感じてしまったのですが、クローン暴露ルートはシンちゃんの保護欲をグイグイ刺激する良策だったと思います。もう、シンちゃん薬とレイを交互に見つめ過ぎだった。かわいい。


てゆうか、今、フと気付くと、レイも議長もルナもアスランもシンを取り囲んでるんですが、何時の間にかシンちゃん大人気ですね。本人受身なので目立たないですが、さり気に主役らしいですね。そんなにさり気無くする必要ないのにね。EDの頭に乗せて飛び立つAAくらい派手にやっていいと思うよ。ぶっちゃけ飛び立つAA→EDの流れは飽きましたよ。


あ、そういやAA内ではラクスさまのすごい論法出てましたね。

私達は戦うしかありません。
 ↓
私達は戦って良いのです。
 ↓
私達は戦わねばならなないのです。

なんと義務化されました。
そしてそれを静聴するAA一同。今やラクス様が最も殺る気まんまんに見えるのはどうしたことか。
まぁAA一同もにわかに士気が上がってみえたんですが、実際のところ皆何考えてんだろうなー。会話のキャッチボールが皆無なのでわからんとです。敵軍の少年のこと考えてても、オンラインゲームの落ち合い時間気にしてても、晩飯のおかず考えてても、混浴妄想してても全然わからんとですよ。そんで、ラクスは今こそ全国ネットで洗脳かけるのがいいんじゃないですか。戦争はだめです。議長はだめです言うてさー。
あーガンダムだから最終回は一応戦闘しないと駄目ということなのかな。難しい世の中ですね。


じゃあ最終回は、MSが飛び交う裏で、議長とタリアの会話が行なわれ昨今の混乱が壮大な痴話喧嘩であったことが暴露され、責任とって二人はこの世から去り、なんか爆発してレクイエム陥落、ついでにすごいモノリスの電源が落ちて、カガリとラクスの「私達は私達で未来を選び取っていきましょう」という趣旨の演説が流れる中戦闘終了。遠くに流れ去るピンクの携帯をぼんやりと見やりながら宇宙空間を彷徨うシンをアスランが迎えに来てシンアスエンド。あとは皆で適当にもらい泣きしてみたりとかでいいんじゃないですか。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |





▼ コメント

▼ コメントする

秘密にする
 

▼ トラックバックURL

▼ トラックバック

▼ SEARCH

▼ PROFILE

香月りんね

▼ SITE-CONTENTS

▼ CATEGORIES

▼ RECENT ENTRIES

▼ CALENDAR

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

▼ ARCHIVES

▼ COMMENT

▼ TRACKBACK

▼ ETC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。